高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

ハチミツは食べるな狂うぞ!! 三井化学が製造しているネオニコチノイド系農薬は、人間どころか動物の脳まで狂わす!!

ハチミツ4

ハチミツは食べるな狂うぞ!! 三井化学が製造しているネオニコチノイド系農薬は、人間どころか動物の脳まで狂わす!!

デパートや、スーパーに陳列されている「ハチミツ」を食べるのは、世界広しと言えども今や、人間だけなのです。

ハチミツ大好きの熊でさえも、食べなくなっています!!

脳が狂うのです!!

H狂わせるのです!!

人体の免疫システムを破壊してしまうのです!!

試しに大匙一杯を舐めてみてください!!

頭の芯が、真綿で包まれたように麻痺してしまいます!!

ネオニコチノイドを大量に摂取することは、危険な事なのです!!

ネオニコチノイドとは

ネオニコチノイドは、クロロニコチニル系殺虫剤の総称。ニコチン様物質を意味し、イミダクロプリドアセタミプリドジノテフランなどが該当する。

現在、農薬として世界100カ国以上で販売されている。

植物体への浸透移行性があり残効が長い利点があり、殺虫剤の散布回数を減らせるため、世界各国において最も主流の殺虫剤として用いられて、1990年頃から使用が急増した。

その後、世界各地でミツバチ大量死が多発し、膨大な研究が行われた結果、ネオニコチノイドが主原因と科学的に判明した。

EUでは規制が進み、2018年、EUは登録ネオニコチノイド主要5種の内3種を原則使用禁止、フランスは主要5種全てを禁止した。

ところが、日本では農薬残留基準を大幅に緩和している。

 

ネオニコチノイド系農薬擁護論!!

ネオニコチノイド系農薬とハチ減少に新たな証拠  

ネオニコチノイド系農薬のEUによる再評価を前に、新たな証拠が加わった9年間に及ぶ野生のハチの個体数調査で、この農薬の影響が裏付けられた。

セイヨウアブラナの花粉を集めるハチ。

ネオニコチノイド系農薬はセイヨウアブラナの種子処理に用いられることが多い。  

ハチが蜜源とする作物の種子処理にネオニコチノイド系農薬を使用するようになった

2002~2011年を含む18年間について、英国の田園地帯に生息する野生のハチ62種類の個体数変化を調べた結果が8月16日、Nature Communicationsに報告された。

 

これによれば、ネオニコチノイド系農薬の使用と個体数減少には相関があるという。

この研究は英国政府から資金提供を受けて行われたもので、実際の野生環境において各種のハチの減少を渦中の農薬と初めて結び付けた点で重要である。

これまでの研究は、ハチに対する農薬の影響を実験室で調べたものや、数種類の野生のハチを限られた地点で数週間だけ調べたものだった。

今回の研究に参加した生態学・水文学センター(Centre for Ecology & Hydrology;CEH、英国ウォーリングフォード)のNick Isaacは、「私たちの研究の結果は、ネオニコチノイド系農薬が野生のハチに有害であることを示していると確信しています」と言う。

 

近年、世界中で多くの種類のハチが減少している。

ハチの個体群を回復させるため、広く使用されている農薬を禁止または制限すべきかをめぐっては、激しい論争が繰り広げられているが、今回の報告は、この論争に新たな材料を提供するものだ。

同じくCEHの生態学者であるBen Woodcockは、ネオニコチノイド系農薬の他、気候変動、生息地の消失、寄生虫およびその他の農薬もハチの減少の原因になっていると言う。

EUは、クロチアニジン、イミダクロプリド、チアメトキサムという3種類のネオニコチノイド系農薬のほとんどの使用を暫定的に禁止している。

しかし、一部の化学メーカーや農家は、代替農薬はネオニコチノイド系農薬に比べて効果が劣ると主張する。

英国は2015年、害虫が作物に被害を及ぼす危険性が非常に高い場合の農薬の使用は「緊急規定」によって許可されているとして、ネオニコチノイド系農薬の使用禁止措置を解除した。

欧州食品安全機関(EFSA:イタリア・パルマ)は、ネオニコチノイド系農薬がハチに及ぼす影響についての再評価を2017年1月までに行う予定だ。

報告の内容によっては、EUによる農薬の使用禁止措置が延長される可能性がある。

 

ハチに迫る危機

英国の農家がセイヨウアブラナ(Brassica napus)の種子をネオニコチノイド系農薬でコーティング処理することを許可されたのは2002年のことだった。

2011年には、セイヨウアブラナの種子の5分の4が、この農薬で処理されるようになっていた。

Isaacらは、英国各地の62種の野生のハチについて、1994~2011年の個体群の記録を調べた。

2002年以降、ハチの地理的分布は平均13%減少していたが、セイヨウアブラナの畑で花粉や花蜜を集める種類のハチは、他のハチより大きく減少していた。

研究者らはデータに基づき、ハチ全体の13%の減少のうち約半分に当たる7%は、ネオニコチノイド系農薬が原因になっていると見積もっている。

また、セイヨウアブラナの花粉を集めるハチについては、ネオニコチノイド系農薬の影響だけで10%の減少を引き起こしている可能性があるという。

ダンディー大学(英国)でヒトとハチの神経科学を研究しているChristopher Connollyは、今回の結果は、ネオニコチノイド系農薬がハチの減少に関与していることを示す新たな証拠である、と言う。「ハチの学習や記憶のカギとなる脳細胞、ハチの個体、ハチのコロニー、そして今、野生のハチの個体群のレベルで、ネオニコチノイド系農薬の有害な影響を示す証拠がそろったのです」とConnolly。

 

産業界との攻防

世界のネオニコチノイド系農薬の主要な生産者であるバイエルクロップサイエンス社(ドイツ・モンハイム)の広報担当Utz Klagesは、この研究では、ネオニコチノイド系農薬の使用と野生のハチの減少との因果関係を示すことはできないと反論する。

同社は以前から、この農薬がハチに有害な影響を及ぼし得るという証拠は乏しいと主張している。

けれども、今回の研究に参加したCEHの生態学者Richard Pywellは、農薬の使用とハチの減少との相関関係は明確に示されたと考えている。

ただしPywellは、EUがネオニコチノイド系農薬の使用禁止を継続するべきかどうかについてコメントすることはできないと言う。

「私たちの仕事は政策を決めることではなく、EUと英国の政策立案者に対して、独立の立場から証拠を提供することにあるからです」。

 

政策立案者にとっての問題は、ハチなどの花粉媒介者の健全な多様性を保ちながら害虫を駆除するにはどうすればよいかという点にある、とWoodcock。

ハチさえ救えれば、後はどうなってもいい』というわけにはいかないのです。

ネオニコチノイド系農薬が完全に禁止された場合に、それに代わる農薬の影響についても考えなければなりません。

以上

クリックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

・「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

・ネサンは、ソマチッドでガン患者1000人の内、750人(75%)を完治させた。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。最低、半年は飲んでください!!

効果が無ければかかった費用は、全額返金します!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成ります。

会場で、超能力が収得できなければ料金は返却します!!

また1億円の被害者が、加盟しました!!

関根光義、「虚偽の事実」で裁判所を騙して判決を取り、預金を差し押さえて持ち去りましたので、告発しています。

また「不法な書き込み」をしていますIPアドレスを追跡して、関根光義にたどり着きました!!これで、関根光義を逮捕できますので日時を決めています!!

日本国民であれば、犯行の現行犯を逮捕することが出来ます!!

警視庁指定の「特殊詐欺団」に認定されました!!

「関根光義、荻原陵よる被害者の会」は、被害金額約7億円の民事訴訟・刑事訴訟を始めました!!

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

関連記事

カテゴリー