高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

認知症は治る!!全ての食品に含まれている化学物質により国民は淘汰されています!!

老後4

認知症は治る!!全ての食品に含まれている化学物質により国民は淘汰されています!!

スーパー、コンビニに並ぶ全ての食品には、身体に有害な化学物質が含まれています!!

安全な食べ物は、何もありません!!

激増する認知症…高齢者の4人に1人!!

 認知症は、誰もが、いつ発症しても不思議ではない病気である。

「もし、自分がなったら」と考えたことのある人も多いことだろう。

 厚生労働省研究班の推計によれば、2012年時点の認知症高齢者は、軽度者を含め約462万人に上る。

 予備軍とされる「軽度認知障害」(MCI)の約400万人を加えれば、65歳以上の4人に1人が該当する計算だ。

 高齢化が急速に進み、患者数はうなぎ上りに増える。厚労省は、団塊世代が75歳以上となる2025年には「日常生活自立度II」(日常生活に支障を来す場合があるが、誰かが注意していれば自立できる状態)以上の患者が470万人と推計している。

 患者は高齢者とはかぎらない。働き盛りに発症する人もいる。

 2009年の厚労省研究班の調査では、65歳未満の「若年性認知症」患者は約3万7800人だ。

 増えるのは50代後半からだが、40代以下の患者もいる。もはや「国民病」といえよう。

 食事や生活習慣への注意のほか、ウオーキングや日常会話がリスクを減らすとの研究がある。2つの動作を同時に行う訓練をすることが、進行予防に有効との指摘もある。

認知症患者のすべてが徘徊(はいかい)や妄想、暴力といった症状があるわけではない。

 発症後も働いたり、ボランティアをしたりする人は少なくない。

 介護する家族のほうが、自分を認識してもらえない辛(つら)さなどから疲弊しやすく、体調を崩したりする。

 結果的に、患者を病院などに預けざるを得ないというケースが少なくない。

 認知症は、患者のプライドを保ちながら、さりげなく支えることがポイントとされる。

 家族の「介護疲れ」の悪循環を断ち切り、患者が住み慣れた場所で暮らせることがもっとも大切なのです!!

以上

激増する認知症は、食品に含まれている化学物質によって引き起こされる!!

医療、介護の現場は人手不足に悩まされていますが、施設が満杯であぶれだした高齢者たちは、在宅介護を余儀なくされていますが在宅患者が消えています!!

消えた認知所依患者1万5,000人は、何処へ行った!!

他人事ではありませんぞ!!

つぎは貴方・・・・。

ココは何処?

貴方はだあれ?

私はだあれ?

家族が認知症になり、変わり果ててしまった姿に呆然とする!!

排泄処理や徘徊のために一瞬の油断も許されず、24時間つきっきりで介護をしなければならない。

人によって、段階によって現れる症状が多種多様な認知症である。

認知症の顕著な症状

1、記憶が思い出せない

「忘れてしまう」のではなく、「記憶に残らない」。

「記憶に残らない」ということは、本人にとっては「なかったこと」と同じことです。です

思い出せなかったり記憶違いがあった場合にも、間違いを指摘したり非難しない。

2、何度も同じ話をする

何度も同じ話を聞かされるとうんざりしてしまいますが、初めて聞くような顔で相槌を打ってあげましょう。

3、同じものを買う

外出することは良い刺激にもなりますので、買い物の際には付き添ってあげるようにすると良いでしょう。

同じものばかり買ってこられてしまうと困りますが、本人には悪気はありませんので、叱っても逆効果になります。

4、怒りやすい/大声を出す/奇声をあげる

自分の気持ちを上手く伝えることができない苛立ちや、痛み・痒み・暑さ・寒さなどの身体的な苦痛、漠然とした不安などを感じていると、叫んだり攻撃的になったりすることがあるのです。

5、介護/入浴/服薬/受診を拒む

認知症の方々は、健康な人々よりも周囲の環境の変化に適応することが苦手になりますし、例えば「服の着脱ができない」、「裸になるのが不安」などの様々な不安を抱えていたりする場合もあります。

6、妄想/思い込みが激しい

金品などを盗まれたという「もの盗られ妄想」や夫や妻が浮気をしているという「浮気妄想」など、事実ではないことを本気で信じ込んでしまうことがありますが、これは、自分が衰えてきていることへの自覚から不安や焦りが生じて、金銭・物品への執着や見捨てられるかもしれないという恐怖に発展していくのだと思われています。

 7、食べすぎる

食べすぎが気になる場合は、食事の総量を増やさないよう一食分の食事量をあらかじめ減らしておき、残りをおにぎりなどにして、回数を増やすと良いでしょう。

8、作り話をする

嘘や作り話だとわかっていても、否定したり無視したりするのではなく、「そうですね」と話を聞いて、ひとまず落ち着かせてあげることが大切です。

9、人を間違える

ご家族や介護の方を他人と取り違えて呼ばれたりすると、がっかりしたり悲しくなったりするかもしれません。

優しく「私は〇〇ですよ」と言いながら頻繁に会って声をかけ続けると、間違えなくなったり新たに覚えてくれたりすることもあります。

10、お金に執着する

お金に対して、異常とも思える警戒心と執着心を抱き始めることがあります。

人を信用できなくなって通帳や現金をどこかにしまい込み、しまい込んだ場所を忘れてしまったり、しまい込んだこと自体を忘れてしまうせいで、「盗られたに違いない」と思い、ひどい場合には警察を呼んでしまったりすることもあります。

11、眠らない

日中に活動せずに昼寝をする時間が多くなると昼夜が逆転しやすくなりますので、生活のリズムをつけるように、昼間は散歩に出かけたり自分のできる仕事をしてもらったりと、活発に動いてもらえるようにすると良いでしょう。

12、徘徊をする

一口に徘徊といっても、その内容も理由も、人や場合によってもさまざまです。

動き回ったり外に出ようとしている方を直接止めようとしても逆効果になりますので、「どうしたのですか?」、「どこに行きたいのですか?」と優しく声をかけ、まずはよく話を聞いてあげることです。

13、帰りたいという

理詰めで諭したり無理に止めるのではなく、いったん「帰りたい」と思っている気持ちを受け入れてあげると良いでしょう。

「家に帰りたい」と言い出すのは、自分のいる場所や状況がわからなくなったためだと考えられ、初期には説得に理解を示す場合もありますが、症状が進んでくると、いくら諭しても理解できず、納得してもらうことは難しいです。

14、性的な行為をする

認知症の中期になると、卑猥なことを話したり、異性の身体を触ったりする性的な問題行動が現れる場合があります。

15、失禁をした

排泄の失敗は本人にとって非常にショックなことですので、羞恥心に配慮した対応が必要です。

16、不潔行為をする

発見した際には不潔に感じて焦ってしまいがちですが、叱責したり責めたりするのではなく、行為の起こらない工夫を先回りして考え、起こってしまった場合には、本人の気持ちを落ち着かせるようにぬるま湯などで丁寧に洗ってあげると良いでしょう。

  このような症状が、目立つように成ったら認知症であると考えて対処するようにしてください!!

リックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

・「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

・ネサンは、ソマチッドでガン患者1000人の内、750人(75%)を完治させた。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。最低、半年は飲んでください!!

効果が無ければかかった費用は、全額返金します!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成ります。

会場で、超能力が収得できなければ料金は返却します!!

また1億円の被害者が、加盟しました!!

関根光義、「虚偽の事実」で裁判所を騙して判決を取り、預金を差し押さえて持ち去りましたので、告発しています。

また「不法な書き込み」をしていますIPアドレスを追跡して、関根光義にたどり着きました!!これで、関根光義を逮捕できますので日時を決めています!!

日本国民であれば、犯行の現行犯を逮捕することが出来ます!!

警視庁指定の「特殊詐欺団」に認定されました!!

「関根光義、荻原陵よる被害者の会」は、被害金額約7億円の民事訴訟・刑事訴訟を始めました!!

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

関連記事

カテゴリー

presented