高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

日本列島を凌駕する中國の野望!! 北海道、沖縄に独立と日本列島に拠点づくりを加速させる中國!!

中國2

日本列島を凌駕する中國の野望!! 北海道、沖縄に独立と日本列島に拠点づくりを加速させる中國!!

「日本列島は、2030年までに中国がいただく!!」

といった胡錦涛の言葉が忘れられない!!

既に中国は、毎年1万人の中国国民を日本国内に送り込んでいます。

その手法は、「密輸入」と「オーバーステイ」ですが、日本国内には彼等外国人を引き受ける宗教団体があります。

その宗教団体とは「統一教会」、「創価学会」、「幸福の科学」が、主体に成っています。

彼らは、日本国中の2、000人から3,000人過疎地域にある閉鎖された学校を買い取り200人単位で会員を送り込み定住させて、「密輸入」と「オーバーステイ」の受け入れ態勢を整えます。

 このようにして築かれた過疎地の受け入れ拠点は、今や数千か所に及ぶものと考えられます    !!

このようにして中国は、日本各地に拠点を作り中国人民を大量に送り込み「同化政策」を強行するとともに、日本国内の「水源」や「森林」を買い取り着々と支配地を拡大しています。

 

また日本の重要施設を監視する拠点も、数多く作っています!!

  ・米軍基地の近く。 

  ・自衛隊基地の近く。

  ・レーダーサイトの近く。

  ・原発の近く。

  ・飛行場の近く。

  ・港の近く。

  ・兵器工場の近く。 

  ・化学コンビナートの近く。

  ・燃料備蓄基地の近く。

いつの日か、日本国内で騒乱が起こるかもしれません!!

また中国は、「琉球王朝独立」、「アイヌ 民族の独立」を水面下で進めており多くのエイジェントが、沖縄と北海道で、拠点を作っています!!

このような中国の動きを政府は、察知していますが無視しているかのように動きません!!

私の元えも、

「沖縄に自治区を作るので協力をして欲しい!!」

沖縄の強者たちが連絡をしてきます!!

これからも、増々、中国の魔手が日本列島を引き裂いて行くことでしょうが、安倍晋三政権は対策すら講じませんが、何故だと思いますが?

そうです安倍晋三も、安倍昭恵も、そのルーツは「中国」あるという事です!!

この経歴だけで、この人物がどのような資格を持っているのかが分かります!!

姫田小夏

[ジャーナリスト]

ひめだ・こなつ/フリージャーナリスト。アジア・ビズ・フォーラム主宰。

1998年末、上海で日本語情報誌を創刊し、日本企業の対中ビジネス動向を発信する。

2008年夏、同誌編集長を退任後、語学留学を経て上海財経大学公共経済管理学院に入学、修士課程(MPA)を修了。

2014年以降は東京を拠点に活動。近年はインバウンドを重点的にウォッチ、「ダイヤモンド・オンライン」などで最新動向を連載中。

著書に『中国で勝てる中小企業の人材戦略』(テン・ブックス)、共著に『バングラデシュ成長企業 バングラデシュ企業と経営者の素顔』(カナリヤコミュニケーションズ)。今夏、『インバウンドの罠』を時事通信出版局より出版。

China Report 中国は今

90年代より20年超、中国最新事情と日中ビネス最前線について上海を中心に定点観測。

日本企業の対中ビジネスに有益なインサイト情報を、提供し続けてきたジャーナリストによるコラム。

最近はインバウンド動向を重視、日本国内でも問われ始めた「中国人との向き合い方」を模索する。

 近年、アジアの国・エリアから、日本への不動産投資が増加の一途をたどっている。

中でも中国大陸からの投資が目立つ。

オフィスビル、ホテル以外にも、我々の生活に身近な住宅への投資もある。

 

 物件によっては、外国人が占める割合が高いところもある。

豊洲の某タワーマンションでは、区分所有者のうち2割が中国人だとも言われている。

中国人の不動産爆買いが始まってきた(写真は東京・豊洲のタワーマンション群) 都内の不動産業者は「都心の不動産に対する中国人の関心が非常に高まっている」と明かす。

 

こうした背景には、中国からの脱出を試みるヒトやカネの動きがある。

中国では、不動産価格上昇の限界がいよいよ見え始めた。

中国経済も黄金期が過ぎ去り、不動産の右肩上がりもピークアウトする今、富裕層の資金は世界の不動産市場に向かい移動を始めた。

移民ブームも盛り上がる。

中国では、移民国家であるアメリカ、カナダやオーストラリアに移住を希望する人々が後を絶たない。

まずは子どもを留学させ、その後「子どものため」と称して不動産を購入、そして自らそこに移り住むというステップは、国外脱出のお決まりのパターンである。

 

中国からの不透明な資金移転に警戒感を強める国際社会

移民国家のアメリカ、カナダやオーストラリアなどには、ここ数年、中国からの移民とともに莫大な資金が流れ込み、現地で深刻な問題を生んでいる。

ゴルフ場、ホテル、オフィスビルなどに中国マネーが投下されるカナダでは、これを「重大なリスク」と受け止めている。

金融取引を分析する組織The Financial Transactions and Reports Analysis Centre of Canada(FINTRAC)は「海外の資本と個人によるカナダ不動産の購入は重大なリスクである」と断じる。

以上

リックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

・「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

・ネサンは、ソマチッドでガン患者1000人の内、750人(75%)を完治させた。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。最低、半年は飲んでください!!

効果が無ければかかった費用は、全額返金します!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成ります。

会場で、超能力が収得できなければ料金は返却します!!

また1億円の被害者が、加盟しました!!

関根光義、「虚偽の事実」で裁判所を騙して判決を取り、預金を差し押さえて持ち去りましたので、告発しています。

また「不法な書き込み」をしていますIPアドレスを追跡して、関根光義にたどり着きました!!これで、関根光義を逮捕できますので日時を決めています!!

日本国民であれば、犯行の現行犯を逮捕することが出来ます!!

警視庁指定の「特殊詐欺団」に認定されました!!

「関根光義、荻原陵よる被害者の会」は、被害金額約7億円の民事訴訟・刑事訴訟を始めました!!

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

 

関連記事

カテゴリー