高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

北九州が危ないのか?

thumb

北九州が危ないのか? 

  本日、広島上空に現れた地震雲です!!

 確実に、一歩一歩「南海トラフト大地震」に向かって異常な現象が起こっています!!

 また毎日のように日本列島のいづれかで地震が、多発しています!!

地震前の地殻のきしみによって発生する電磁波が、地上めがけて噴き出して地震雲を作り出します。方向は北九州です!!

占星術でも、11月は騒乱騒乱と成っています!!

巨大地震断層、初掘削へ=紀伊半島沖の南海トラフ-探査船「ちきゅう」

 

南海トラフの巨大地震を引き起こすプレート境界断層を初めて掘削するため、海洋研究開発機構の探査船「ちきゅう」(約5万7000トン)が10日、静岡市・清水港を出港した。

 紀伊半島沖で海底下約5200メートルまで掘削し、岩石を採取・分析するとともに圧力などを観測。巨大地震の発生メカニズムを詳しく解明し、次の発生時期の予測精度向上を目指す。

【図解】南海トラフの想定震源域

 ちきゅうによる紀伊半島沖の南海トラフ掘削は2007年度に始まり、15地点で多数掘削した長さを合計すると約34キロになる。

 今回の掘削地点は和歌山県新宮市沖約75キロで、水深1939メートル。過去に海底下を3058.5メートルまで掘削しており、来年3月までにさらに約2200メートル堀り進め、プレート境界断層に到達する。

 海洋機構の倉本真一・地球深部探査センター長は「紀伊半島沖は巨大地震の発生帯が世界で一番浅い所にあるが、掘削は非常に難しい。これまで11年かけて困難に打ち勝つ技術を開発し、経験を積んだ」と話した。

以上

   人工地震の原因が、この「ちきゅう号」であると批判されて久しいが何の規制もされない!!

 しかも「ちきゅう号」は、野放しであるがこの「ちきゅう号」の掘削地点の大半が震源と重なるとの批判もあった!!

リックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

・「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

・ネサンは、ソマチッドでガン患者1000人の内、750人(75%)を完治させた。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。最低、半年は飲んでください!!

効果が無ければかかった費用は、全額返金します!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成ります。

会場で、超能力が収得できなければ料金は返却します!!

また1億円の被害者が、加盟しました!!

関根光義、「虚偽の事実」で裁判所を騙して判決を取り、預金を差し押さえて持ち去りましたので、告発しています。

また「不法な書き込み」をしていますIPアドレスを追跡して、関根光義にたどり着きました!!これで、関根光義を逮捕できますので日時を決めています!!

日本国民であれば、犯行の現行犯を逮捕することが出来ます!!

警視庁指定の「特殊詐欺団」に認定されました!!

「関根光義、荻原陵よる被害者の会」は、被害金額約7億円の民事訴訟・刑事訴訟を始めました!!

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

関連記事

カテゴリー