高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

ビットコインの関係者は、価格暴落を防ぐために詐欺的行為をしています!!

ビット

ビットコインの関係者は、価格暴落を防ぐために詐欺的行為をしています!!

先月、韓国大使館の関係者より

「ビットコイン10万枚捨てたいのですがありますか?」

という連絡が入りましたので、

「10万枚だと700億円ですが、資金はありますか?」

と問いますと

「福岡銀行にあります!!」

と言いましたが、これはビットコイン側の仕掛けでした!!

巨額の買いが入るという噂が、「ビットコイン」の価格を吊り上げるからでしょう!!

こんな小細工までしないといけないほど「ビットコイン」は。限界に来ているのです!!

ビットコインは衰退? リップルやイーサリアムなどが追い抜く!!

 現時点で仮想通貨の中で最も世間に認知され、取引量が多いとされるビットコインだが、ドバイに拠点を置く金融アドバイザリー企業「deVere Group」の創設者であるナイジェル・グリーンCEO(最高経営責任者)は、これからの10年でビットコインの仮想通貨産業における影響力や支配力は劇的に弱まっていくとの見解を示した。CCNが報じた。

 「仮想通貨がさまざまな分野で活用されるようになるにつれ、官民問わずさらに多くの企業が新しい仮想通貨を発行するようになる」(グリーンCEO)とし、仮想通貨の競争激化に伴いビットコインのマーケットシェアは縮小すると予測する。

仮想通貨一覧(=CoinMarketCapより、時価総額順)©
 ITmedia ビジネスオンライン 仮想通貨一覧(=CoinMarketCapより、時価総額順)

 一方で、その他の仮想通貨については今後盛り上がりを見せるといい、市場規模はさらに20兆ドルほど拡大する見込みだ。

 特に、既存の銀行や金融機関との連携を狙う仮想通貨リップルは、今後数年でビットコインの地位を揺るがす脅威になる可能性があるとみる。

 イーサリアムについても「イーサリアムが提供するスマートコントラクトの採用率が高まっている」と指摘。

 より良い技術や機能、課題に対する適切なソリューションを採用しているかが今後の鍵になるという。

 グリーンCEOは「個人・機関投資家の資金が仮想通貨に流入することは明らかであり、ビットコインが誕生から20周年を迎えるころには仮想通貨市場は見違えるほど巨大になっている」と語った。

以上

リックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

・「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

・ネサンは、ソマチッドでガン患者1000人の内、750人(75%)を完治させた。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。最低、半年は飲んでください!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成ります。

関根光義、「虚偽の事実」で裁判所を騙して判決を取り、預金を差し押さえて持ち去りましたので、告発しています。

また「不法な書き込み」をしていますIPアドレスを追跡して、関根光義にたどり着きました!!これで、関根光義を逮捕できますので日時を決めています!!

日本国民であれば、犯行の現行犯を逮捕することが出来ます!!

警視庁指定の「特殊詐欺団」に認定されました!!

「関根光義、荻原陵よる被害者の会」は、被害金額約7億円の民事訴訟・刑事訴訟を始めました!!

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

 

 

関連記事

カテゴリー

presented