高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

確かに「ホロスコープ」でも、11月には「大乱」と出ていますが・・・。

大地震12

確かに「ホロスコープ」でも、11月には「大乱」と出ていますが・・・。

まあ大したことはないでしょう・・・。

トナカより

【緊急警告】11月7日までに日本を巨大地震が襲う可能性大、要注意は10月20日前後! メキシコ地震から「環太平洋・時計回りの法則」でガチ判明!

ニュージーランド,バヌアツ,メキシコ地震,リング・オブ・ファイア,地震,太陽フレア,津波,満月,環太平洋火山帯,

百瀬直也

脂肪ドババッ!最短で痩せる方法!?
「体重が恐ろしく減少する!?」とTVで報道され、重度の肥満者の間で超話題のダイエット
株式会社ティージーエム
PR

ROF_1.jpg

画像は、「Wikipedia」より引用

 先月19日午後1時14分(日本時間20日午前3時14分)、メキシコ中部プエブラ州でM7.1の地震が発生し、200人以上の死亡が確認されている。

 メキシコでは先月7日にもM8.2の巨大地震(チアパス地震)が起きたばかりだが、震源は首都メキシコシティから700kmほど離れた沖合だった。

 それに対してプエブラ地震の震源は、規模は一回り小さいながらも首都から約120kmと近く、結果として大都市に甚大な被害をもたらした。

 実は、9月6日に発生した太陽フレアの影響(大地震を引き起こすケースが多い)により、過去のタイムラグを考慮すると同月25日までは大地震に注意が必要であると筆者は何度も警告してきたのだが、懸念が現実になってしまった形だ。

 しかし、話はここで終わらない。なんと、この地震発生から翌日にかけてニュージーランド(19日、M6.1)、バヌアツ諸島(21日、M6.4)……と、M6以上の地震が環太平洋火山帯(リング・オブ・ファイア)上で時計回りに連続しており、今後はその西端にあたる日本周辺でも大地震の発生が予想されるのだ。

「環太平洋・時計回りの法則」過去の実例

リング・オブ・ファイア上を時計回りに大地震が連鎖することは、民間の地震研究者たちの間ではよく知られている。

 これを「バヌアツの法則」や「ニュージーランドの法則」と呼ぶ人もいる。

 しかし、筆者はこれらの地域に限らず、より包括的に見てリング・オブ・ファイア上を大地震が時計回りに連鎖する法則を見出している。

 これを仮に「環太平洋・時計回りの法則」とでも呼ぶことにして、具体例を見てみよう。

RingOfFire.jpg

画像は「Wikipedia」より

【メキシコ・日本を含むリング・オブ・ファイア上を時計回りに大地震が相次いだ例】

1928年5月27日:岩手県沖、M7.0。
1928年6月17日:メキシコ、M8.0。
1928年12月1日:チリ、M8.0、死者224人。

1931年1月15日:メキシコ、M 7.7、死者110人。
1931年2月2日:ニュージーランド、M 7.7、死者250人。
1931年2月20日:日本海北部、M7.2、深さ403km。
1931年3月9日:三陸沖、M7.2。

1995年10月9日:メキシコ、M8.0、死者49人。
1995年12月4日:択捉島南東沖、M7.3、津波あり。

2012年2月6日:フィリピン・ネグロス島沖、M 6.9、死者43人以上。
2012年3月14日:三陸沖、M6.9、津波あり。
2012年3月20日:メキシコ南部、M8.0。

 このように、「メキシコ→日本」のパターンだけでなく、「日本→メキシコ」という逆もあることがわかるだろう。しかし今回は、メキシコから地震の連鎖がスタートしているため、やはり次は日本が襲われる可能性を考えておくべきだ。

■注意期間は11月7日まで、最も警戒すべきは10月20日

 また、地震発生日の月齢を調べると、チアバス地震は満月の翌日、プエブロ地震は新月の前日に起きていることがわかった。

 そこで、18世紀から現在までにメキシコでM7.0超の大地震が発生した日の月齢を調べてみたところ、全13回のうち半分以上となる7回で、満月か新月の前後1日の間に起きていることが判明した。

 これを偶然として切り捨てるわけにはいかないだろう。

 ちなみに、月の引力が地震を引き起こす“トリガー”になり得るということは、防災科学技術研究所や東大の研究でも示唆されており、8月の記事で詳しく説明した。
 以上をまとめると、リング・オブ・ファイア上で、メキシコ→ニュージーランド→バヌアツと大地震が続いている現在、西端(日本付近)での大地震に十分注意しなければならない。

 通常、メキシコで地震が起きて(9月7日)から約2カ月以内に日本でも大地震が起きるケースが多いようだが(つまり11月7日まで)、今回は中間地点であるバヌアツ諸島までの連動が2日ほどと非常に早かったことから、より短期間のうちに日本でも揺れる可能性がありそうだ。

 特に10月6日(満月)、10月20日(新月)前後の「満月トリガー」、「新月トリガー」では発生する確率が高くなると思われる(10月6日には、福島県沖を震源とする震度5弱、M5.9の地震が起きてしまった)。

 10月20日は十分警戒しておくに越したことはないだろう。
百瀬直也(ももせ・なおや)
超常現象研究家、地震前兆研究家、ライター。25年のソフトウエア開発歴を生かしIT技術やデータ重視の調査研究が得意。Webサイト/ブログ『探求三昧』『神秘三昧』『防災三昧』、Twitter:@noya_momose

10月20日は何事もなかったが・・・・・。

始まりの始まりは、来年からでしょう・・・・。

リックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

・「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

・ネサンは、ソマチッドでガン患者1000人の内、750人(75%)を完治させた。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。最低、半年は飲んでください!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成ります。

関根光義、「虚偽の事実」で裁判所を騙して判決を取り、預金を差し押さえて持ち去りましたので、告発しています。

また「不法な書き込み」をしていますIPアドレスを追跡して、関根光義にたどり着きました!!これで、関根光義を逮捕できますので日時を決めています!!

日本国民であれば、犯行の現行犯を逮捕することが出来ます!!

警視庁指定の「特殊詐欺団」に認定されました!!

「関根光義、荻原陵よる被害者の会」は、被害金額約7億円の民事訴訟・刑事訴訟を始めました!!

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

 

 

関連記事

カテゴリー