高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

輸血ビジネスは、「殺人ゲーム」と化しています!!

悪魔5

輸血ビジネスは、「殺人ゲーム」と化しています!!

 

輸血されると放射性汚染血液によって体中が内部被曝する。

それこそが彼らの狙いである。

そのため、ガンの手術で輸血すればするほど急激に猛烈な発ガン性が生じて、急激にガンが増殖することは多数の医師が証言しているし発表されています。

またガンが増殖する以前に容態が悪化して死亡しているケースが極めて多くいます。

手術をした途端に猛烈にガンが増殖しはじめ、全身に転移してしまいます。

 

正確には転移という解釈はウソなのです。

彼らの言う転移という現象が起きる原因のひとつは手術の時に施した有害な輸血なのです!!

 

手術で猛烈な発ガン性が生じるメカニズムは既に立証されているのです・・・。

治療された途端に急坂を転げ落ちるように悪化する人が多い理由のひとつは輸血なのです。


そのホンネは抗ガン剤と同じく人を救うには仕方がないと美名に隠れて、余病を発生させてリピート治療で暴利を稼ぐためなのです。

 

医師ともあろう者が、人命救済よりも利殖に動くなどは鬼畜のなす技である。

殺人ビジネスという事なのか・・・・。

輸血血液は水分とミネラル成分以外には何ら役に立たない単なる有害物質である。

血液が薄まっても成分だけを輸液すれば良いというのは、かなり以前からわかっていることであるが余病作戦が次なるリピートと終末医療で儲かるので隠しているのです!!

複合的に考えると救急医療すらも結果的に輸血などの有害処置で殺しているケースが多く存在します!!

 

現代医学ではいろんな悪が複合的に絡んいますから、恐ろしい限りです!!


輸血をすればするほど大量出血する。

 

それは輸血には血を固まらなくさせる薬剤が添加されているためなのです!!

輸血すればするほどドンドン固まらない血液が増えて大量出血するという分けなのです!!


そのため全身の自分の血が汚染で悪化して、急激に体調も悪化していくのです。

そのほとんどのケースは、病状の悪化や容体の急変という形で死んだこととして片付けられていますが、全ての死亡原因は「輸血」なのです。


輸血によるショック死が続出しているのに、病気が悪化して死亡したことにしてしまうのです。

このことに気付いている医師は、自分や家族には「輸血」を拒否しますが、患者には余病作戦を堂々と実行しています。

 

それは余病を発生させていくことが、現代医猟のビジネスモデルになっているからなのです。

自分や自分の家族には決して「輸血」は、させません!!

 以上

この国のこのざまは、何として事で使用か?

リックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

・「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

・ネサンは、ソマチッドでガン患者1000人の内、750人(75%)を完治させた。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。最低、半年は飲んでください!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成ります。

関根光義、「虚偽の事実」で裁判所を騙して判決を取り、預金を差し押さえて持ち去りましたので、告発しています。

また「不法な書き込み」をしていますIPアドレスを追跡して、関根光義にたどり着きました!!これで、関根光義を逮捕できますので日時を決めています!!

日本国民であれば、犯行の現行犯を逮捕することが出来ます!!

警視庁指定の「特殊詐欺団」に認定されました!!

「関根光義、荻原陵よる被害者の会」は、被害金額約7億円の民事訴訟・刑事訴訟を始めました!!

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

 

 

関連記事

カテゴリー

presented