高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

京都大学のHAARP(ハープ)こそが世界最強の気象兵器なのです!!

ハープ4

京都大学のHAARP(ハープ)こそが世界最強の気象兵器なのです!!

集中豪雨のメカニズムを発見!!

宇宙空間に配備されています大型のに反射鏡に、マイクロ波を撃ち込んで、地上の標的に打ち込みます!!

反射板は、目的地の上空に散布された「超ナノアルミ」に熱戦を浴びせます!!

「超ナノアルミ」に熱戦を浴びせますと高熱を発して水滴を集めて地上へと落下していきます!!

問題は、地上に大量にふりまかれた「超ナノアルミ」は、天気が回復すると粉塵と成って人体に侵入し、毒素と成って人体に損傷を与えてしまいます!!

これが「集中豪雨」のメカニズムなのです!!

京都大学という魔物!!本来の台風とは、「高気圧」の谷間を南から北へと抜けていくものであるが、「台風12号」は大陸の高気圧に向かって変則的に進路を変更しながら集中豪雨のあった広島地方へと進路を変えています!!

東から西へと変則的に移動するこのような台風の進み方は本来の台風の進み方ではありません!!

しまいには、北から南へと移動しますぞ!!

やりたいほうだいですぞ!!

幾度も不可思議な進路の変更をしながら、先の集中豪雨で大打撃を広島地区に作為的に向かっているとしか思えません!!

ロシアのハープが発射されたとのネット情報がありましたが、日本の気象庁が関与しています!!

日本製ハープ17基が稼働して「台風12号」を動かしているのです!!

皆さんは、気象庁を「天候の観測所」と思ってはいませんか?

とんでもありませんぞ!!

自衛隊には、「陸」、「海」、「空」、そして秘かに創設されています「宇宙軍」がありますが、「気象庁」は、この「宇宙軍」に所属しています立派な軍隊なのですぞ!!

 そうです今や、気象庁は「宇宙軍」に所属しています立派な軍隊です!!

地震兵器ハープ

天候や地震は電磁波でコントロール出来る!

 

三沢基地のハープ

 

三沢基地新型のハープ!

地震兵器ハープとは、一般的には、高周波活性オーロラ調査プログラムといいます。

HAARPというのは、大きな電子レンジと似ており、電子レンジが600Wに対して、HAARPは17億Wという大容量です。

17億WのHAARPから電磁波を地殻に撃ち込みますと地震を起こすことができます。

地震兵器ハープを使用し、衛生から活断層に電磁波を打ち込めば、活断層は割れ、地震が発生します。

ハープを使用しますと、強力な電磁波を発生させるために、付近では、不自然な雲やプラズマが目撃されます。

・1976年に起きた中国の唐山地震で、約24万人(非公式には65万人ともいわれる)の死者が出た時もすごい光が目撃されていますし、

・2007年7月の新潟県中越沖地震の前にも、2008年5月の中国の四川大地震の時でも同じくプラズマが撮影されています。

・また3月11日M9.0東北・東日本巨大地震と津波の際にも、地震が起きる前に、不自然な雲を見た方もいるようです。

これだけ科学が発展している現代ですから、電磁波を使って地震を起こすことくらいは簡単なのです。

2000年以降に起きた中東での戦争では、電磁波を直接、敵兵に照射する兵器も使用され、電磁波によって中東の兵士が焦げ付いて死んだり、消えてしまったりもしているようです。

電磁波での人間への攻撃は、威力がありすぎて死体が残らないようです。

 

美保防衛施設庁のハープ
電磁波の照射を受けて焦げ付いて死んだ兵士は、髪の毛だけは無傷といわれます。
普通、燃えて焦げ付いていれば髪の毛も燃えるのですが、電磁波での人体への攻撃では、髪の

毛だけは無傷で残るといいます。
髪の毛だけが無傷の遺体が、中東での戦争では多いそうです。

死者数なんかも、死体が消えてなくなってしまったことから、正確な数字をニュースで報道していないようです。

 

沖縄のハープ 

電磁波とは、恐るべき威力を秘めた兵器と言わざるを得ませんが、電磁波兵器を使用するには大容量の発電機が必要であるために、兵器としての威力は現存する兵器の中ではトップクラスに君臨していますが、何度も使用する事が出来ないという欠点も備えた兵器でもあります。

また電磁波兵器には、小型の射程30m~500mの拳銃型、機関銃型、バズガ砲型があり、現在頻繁に暗殺に利用されています。

電磁波兵器、武器の優れた点は形態をいかようにも変えられますので、一般の方々からは兵器、武器であると思われることはありませんし、大半の障害物でも簡単に貫通してしまうのです。

たとえば、テレビカメラ、カメラ、鞄、傘、万年筆とありとあらゆるものに装着する事が出来ますし、如何なるセキュリティもクリアーする事が出来ます。

つまり、メカニズムとしては極簡単なものですから、多少の科学の知識があれば誰にでも簡単に制作する事が可能なのです。

また電磁波兵器、武器の利点は、暗殺対象者が、たとえ頑丈なビルの中にいましても簡単に攻撃することが出来ます。

この恐るべき電磁波兵器につきましては、時間の経過とともに真実を知る日本人が増えて行くことでしょう。

地震兵器に関しては公式文章もありますし、人工地震については、朝日新聞なども以前に、新聞の紙面で取り上げていますし、存在することは間違いない兵器なのです。

軍や、国のトップの関係者の人たちからすると、地震兵器ハープの存在くらい、ごく当たり前の兵器はありません!

地震兵器ハープを懸念する理由は、ハープの存在を知らない人が多すぎることで、日本が地震兵器で攻撃されることを知らないために対策を立てていないということなのです。

そのため日本国を政治的に揺する際に、他の大国としては、国際法上あからさまに原爆を落とすわけにはいきませんが、世界的に認知されていない地震兵器で攻撃することは可能なのです。

原子力発電所がある地域で地震を起こせば、原爆を落とす以上の効果をあります。

実際に、2000年以降の日本で起きた地震は、

・2007年「新潟県中越沖地震」
・2011年「東北沖大地震」

ともに、原発が設置してある新潟県や福島県が、この電磁波兵器に攻撃されてしまいました!

もし海外勢力(米・中・ロ)が、日本を本気で攻撃してきましたら、ハープによって東京・関東地方を地震で壊滅させることが出来ます。

日本人の多くがハープの存在を知れば、日本で地震が起きた際に、海外勢力がハープを使ったんじゃないのかという議論になりますから、海外勢力も簡単にはハープを使用することが出来なくなるのです。

移動用のハープ
ハープが使用された際のことをきちんと調べれば、普通の自然地震とは違う周波数が観測されますので、ハープか自然地震かは即座に判明します。

3.11の東日本大震災発生時に、気象庁は地震派を見て、自然地震ではないと看破して驚きましたが、すぐに観測士の上司が握りつぶしてしまったと言います。

この様に、日本の行政機構のありとあらゆる部署に売国奴達が配置されています。

  • 超微ナノアルミニウム ナノパウダー, 何それ? 酸化物アルミニウム(AL2O3)ナノ粒子分散体 & 窒化アルミニウム ナノドット,どこ製造業者? ナノメートルの アルミニウム(AL), ナノ 窒化アルミニウム粉末, ご購入の方法?

    ESNano® ナノメートルの アルミニウム(AL), ナノ 窒化アルミニウム粉末 の サプライヤー; 酸化物アルミニウム(AL2O3)ナノ粒子分散体 & 窒化アルミニウム ナノドット の製造業者.

    特徴:ナノ窒化アルミニウム粉末(n-AlN)

    ナノ窒化アルミニウムは、粒径の高純度、狭い分布範囲、高い比表面積およびその他の特性を持っています。ナノ窒化アルミニウムは、ダイヤモンドライクカーボン、窒化に属しており、その最高温度は、温度が上昇すると徐々に減少し、高い室温強度で2200℃に保つことができます。

    これは、良好な熱伝導性、320w/mkに等しい熱伝導率の理論値との熱膨張係数が小さく、大幅プラスチックとシリコーンゴムは、溶融の攻撃に対して高い抵抗性を持つ優れた耐熱衝撃性材料の熱伝導率を向上さを持っている金属、純鉄、アルミニウムまたはアルミニウム合金を鋳造するための理想的なるつぼ材料。

    ナノ窒化アルミニウム粉末は優れた電気絶縁性と良好な誘電特性を有している。 ナノ窒化アルミニウムは、良好な射出成形特性を有している、それは、複合材料のために使用され、機械的特性、熱伝導性複合材料の誘電特性を改善するための半導体Si、良いインターフェイスとの互換

    ナノメートルのアルミニウムナノ粉末のアプリケーション

    有効キャタライザー:ロケットの固体燃料推進剤にアルミニウムナノ粒子を追加すると、燃焼速度を向上させ、大幅に燃焼熱と燃焼安定性を高める。

    その高活性表面積、アルミニウム、銅、ニッケルnanoarticleのおかげで粒子の製錬点以下の無酸素条件下でコートすることができる:金属及び非鉄金属の表面的な導電性コーティング処理。この技術は、マイクロ電子デバイスの製造に使用することもできる。

    焼結助剤を作動させる:ナノ粒子が大きく、表面および表面原子比を持っているとして、それは高エネルギー状態にあり、それも低温下で良好な焼結能力を持っている、それは約300度の焼結がALナノ粒子に起こるであろうに、効果的な焼結助剤であり、目に見える結首が生成されます。アルミニウム粒子に混合5〜10%のアルミニウムナノ粒子は、高い伝熱性能とセラミックの焼結プロセスを改善し、密度と焼結体の熱伝導率を高めることができます。それはコンポーネントの基底板を作るために使用されていれば、熱伝導率は、統合されたコンポーネントの統合レベルの問題が適切に解決されるので、10倍に成長していきます。

    アルミニウムナノ粒子のパッケージング

    当社のアルミニウムナノ粉末は、特定の産業や科学的アプリケーションを満たすため数量や仕様の広い範囲で使用可能です。アルミニウムナノ粉末に関する詳細な技術情報や価格については、お問い合わせください。

    ●毒性を認めた米政府リポート
    アメリカのT・ベッツ博士の体験記です。
    彼は高級アルミ調理器具で毎目の食事を楽しんでいた。ところが数年で悪性内臓疾患に冒された。肝臓、すい臓、腎臓などにアルミニウム蓄積が判明!博士はアルミ毒性を徹底調査する。
    彼は1925~30年、米政府が「アルミ毒性」 の徹底調査リポートをまとめたことを知る。連邦取引委員会は158人の証言を400ページの膨大報告書で公式発表していた。
    そこにアルミ器具で病気になったり、食中毒を起こしたなど膨大な体験報告が記載され、同委員会は「アルミを有毒と断定する根拠」として 「調理器具からの溶出アルミは人体に悪影響を与える」と判定しています。
    米政府がアルミニウム有毒性を公式に認めていたことに驚きます。以上の調査で博士はアル調理器具を追放した。「すると8週間後には、わたしの健康が回復した!」と喜びを述べています。

    ●西独、仏、英、スイス等で販売規制
    さらに同リポート (ファイルNo540) はアルミ調理器の害を警告。
    ①水を沸かすと悪性酸化水素が発生、
    ②卵をゆでると悪性リン酸塩を生成、
    ③肉刺理で悪性アルミ塩化物が発生、
    ④ベーコン調理で強麻酔性の酸が発生。
    ⑤アルミは酸性症、赤血球激減、貧血症状を起こす。

    この衝撃リポートを受けて、当時、西ドイツ、フランス、ベルギー、イギリス、スイス、ハンガリー、ブラジルなどでアルミニウム調理器具の販売は規制されたのです。(『「食」器公害』 現代書林、参照)

    ●アルミは認知症を引き起こす
    アルツハイマー患者の脳に大量アルミニウム沈着……!1971年、カナダ人の医師クラッパー氏の発見です。脳に沈着する〝寄妙なモノ″は調べてみると高濃度のアルミニウムでした。英国の権威ある医学誌『ランセット』(1989/1/14/) は「アルミにアルツハイマーの原因の疑い」と警告。続いて、奇妙な符合が発見されました。1972年、アメリカで人工透析を受けた患者が急性痴呆症で死亡する事故が起こりました。解剖すると患者の脳にアルミが大量蓄積していたのです。同様の医療事故が世界で頻発。それは〝透析性痴呆症″と命名されました。「患者の脳灰白質に蓄積したアルミニウム量は普通人の11倍!」1976年、アルフレー医師)。
    日本でも痴呆老人を死後解剖すると、脳のアルミニウム量は平均33.5マイクログラム/Kg。他の病気では18.8マイクログラム/Kg。痴呆老人の脳には通常の約1.8倍もアルミニウムが蓄積していたのです(和歌山県立医大 八瀬善郎教授)。
    その他、神経毒性を証明する膨大な実験報告があります。

  • リックして応援を宜しくお願いします!!

    クックして応援を宜しくお願いします!!

      

       

  • ・しみが、皺が消え若返ります。「OMEGA8」若返りモニター募集・FAX042-361-9202です。

    ・美白、シミ・ソバカス・皺を消す「スーパーTD3」モニター募集FAX042-361-9202までFAXにて。

    ・視力回復は、10分を3回で回復します。 希望・FAX042-361-9202まで。

    ・アトピー皮膚炎が、完治します。無料配布をいたします!!

    ・「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

    ・賢者のネサンは、ソマチッドでガン患者1000人の内、750人(75%)を完治させました。

    ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。最低、半年は飲んでください!!

    ・乳がんが、消えてしまいます!! 牛乳は、乳がん製造液です!!

    ソマチットと、オルゴンシートで癌が消える!!

    お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成ります。

     ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

     

     

関連記事

カテゴリー