高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

怒号の真実!! 憲法を改正して「徴兵制度」を制定するのは何故なのか?

自衛隊6

怒号の真実!! 憲法を改正して「徴兵制度」を制定するのは何故なのか?

安倍晋三が、「3選」を果たして一番に手を付けるのは「憲法改正」ですが・・・。

その一番の目的は「軍国化」と、世界の紛争地への「派兵」であるものと考えていましたが何と自衛隊が定員割れを起こしている上に、高齢化が進んでおり日本国防衛に暗雲を投げかけているというのですから、ただ事ではありません!!

早い話が、「隊員の高齢化」と「人手不足」で、まともな戦争をする事にも支障をきたすというのです!!

2017年10月23日に、新華社通信が

「日本国による中国防衛網には、士気や装備に陰りが見えており戦闘の継続には無理がある!!」

「装備が老朽化して自衛隊のヘリ・戦闘機に相次いでトラブルが発生している。」

と、伝えています。

それは、日本を代表する大企業、神戸製鋼のデータ偽装が発覚したが、それだけではなく日本社会にはあちらこちらできしみが見えます。

 

その一つが自衛隊機の老朽化問題なのです。

17日には静岡県浜松市沖で救難ヘリコプター「UH60J」が墜落した。

UH60Jは1987年に初飛行、92年に配備されたベテラン機だ。

18日には茨城県の百里基地で滑走路を移動中の戦闘機F4の出火事故が起きた。

車輪の足が折れ、燃料タンクが地面に接触し引火した可能性が高いとみられる。

F4は72年から配備が始まったベテラン中のベテランだ。

今では日本とイラン、トルコでしか使われていない。

主力戦闘機のF−15も81年から配備が始まったベテラン機。

改修を重ねているとはいえ、老朽化の問題に加え、性能的にも新型機と比べれば見劣りすることは否めない。

自衛隊はF−35への転換を進めようとしているが、短期的にはF−15とF−4に頼らざるを得ないのが現状だ。

人間だけではなく、戦闘機、ヘリの高齢化も目立っている。
それこそ事が起きてから素人を応急で集めても訓練が間に合わない。
自衛隊に限らず軍隊という組織は戦闘による損耗(負傷、戦死によって人が減る)ことを想定して

予備人員を用意しています。

それは、予備自衛官という制度があり、必要に応じてこの人たちを招集することが出来ます。
自衛隊には即応予備自衛官、予備自衛官、予備自衛官補の3種類があり、国家の非常時には

招集されます。

これは陸自だけの制度であり、海空には存在しません。
海空は特に日頃から訓練されたプロでないと役に立たないからです。
四方を海に囲まれた日本にとって海空による防衛だけであれば何とか事は足りるかもしれません

が、限定的な陸戦や国内での敵国特殊部隊の破壊活動への対応を考えますと、現在の兵力をもっ

てしても戦闘員は不足します!!

かといって即応予備自衛官、予備自衛官、予備自衛官補たちが即戦力になるとは考えられませ

ん!!

即応予備自衛官

防衛力の基本的な枠組みの一部として、防衛招集命令、国民保護等招集命令、治安招集命令、

災害等招集命令を受けて自衛官となって、あらかじめ指定された陸上自衛隊の部隊において勤務。

 

予備自衛官

防衛招集命令、国民保護等招集命令、災害招集命令を受けて自衛官となって勤務(陸上自衛隊

の予備自衛官については、陸上防衛力の基本的な枠組みの外にある人的勢力として確保)。

 

予備自衛官補

教育訓練修了後、予備自衛官として任用。

 

これ等の者達が、実戦に対応できるはずもありません!!

 

高齢化が進んでいる自衛隊の手伝い程度は、予備自衛官を招集することにより補う事が出来ることでしょうが、この予備自衛官をを指揮する指揮官が大量に必要になります。
そうなると経験を積んだ曹クラスが多く必要に成ります!!

防衛省は16日、平成30年にも改訂を予定する次期防衛大綱で、自衛隊員の高齢化を見据えた各種装備の導入を検討していると明らかにした。

東防衛事務次官は16日の会見で

「東アジアの政情不安定が続く一方、少子高齢化による自衛隊員の減少が深刻になってきている。徴兵が非現実的である以上、現役隊員の退職年齢を引き上げるしかない。緊急を要する課題だ」

として、20代後半~30代前半で退職する陸士の上限年齢を撤廃したいとの意向を示した。

 

またそれに伴い、将来的に70~80代の隊員増加が見込まれることから、高齢隊員でも運用に支障をきたさない装備の開発が次期防衛大綱に盛り込まれる見通しです。

原因は、自衛隊からの若者離れにより、隊員の高齢化が進み兵員不足が起こってしまったのです。

このように話していますが、これは国防上の重大機密なのです!!

この自衛隊の人員不足わ解消するための最初で最後の一手が「徴兵制度」なのです!!

 

『徴兵制度』には、多くの方達が異論を唱えていますが人的消耗戦に対応することが出来ない自衛隊の存在価値は「無」に等しいという事なのです!!

特に中国軍は、「消耗戦」を専門とする軍隊ですから日本国の自衛隊が装備している最新兵器が、中国軍の「消耗戦」つまり「人海戦術」に耐えられるのは限りある弾薬がある間なのです!!

徴兵制度導入後は、

・定職持たない若者

・反政府活動を行う若者

・虞犯少年

が、一番に徴兵されて教育訓練修了後は直ちに陸上自衛隊に配属されて実戦配備につかされます。

また海上自衛隊や、航空自衛隊には成績のいい若者たちがターゲットにされてしまいます!!

 

大手企業に就職しますと、2年間の兵役が科せられて即応予備自衛官、予備自衛官、予備自衛官補として養成され非常時に備えさせられてしまいます!!
以上

地球滅亡まで、5年を切りましたぞ!!

何故、いつどのようにして崩壊が起こるのかの集会を行います!!

リックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

・しみが、皺が消え若返ります。「OMEGA8」若返りモニター募集・FAX042-361-9202です。

・美白、シミ・ソバカス・皺を取り去る「スーパーTD3」モニター募集100名FAX042-361-9202までFAXにて。

・投資案件あり・・・。希望者はFAX042-361-9202までFAXにて。

・視力回復は、10分を3回で回復します。 希望・FAX042-361-9202まで。

・アトピー皮膚炎が、完治します。無料配布をいたします!!

・「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

  賢者のネサンは楠の樹液から作ったソマチット製剤をガン患者に使ったところ、驚くべき治癒結果が出たのです。
 なんと、ガン患者1000人の内、750人(75%)の人が完治したのです。
 また、ガン以外のエイズやその他の病気にも、現代医学をはるかに凌ぐ改善結果が見られました。

   ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 ソマチットと、オルゴンシートで癌が消える!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成ります。

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

 

 

関連記事

カテゴリー