高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

日本国核武装・日本航空123便墜落事故の謎!!

日航#

日本国核武装・日本航空123便墜落事故の謎!!

日本航空123便墜落事故については情報が、錯綜していますが真実は一つ!!

日本国は、アメリカに悟られぬようにして密かに「核武装」を進めていました・・・。

 

裏話

この日も、日本航空123便に「核爆弾1発」を搭載して伊丹空港まで運び秘密裏に保管し時局には使用する手はずでしたが、この情報を察知した米軍が横田基地より戦闘機2機を発信させて

相模湾上空で、横田基地へ強制着陸しようとしましたが日本航空123便を操縦していました自衛隊屈指のパイロットAは、核搭載を隠蔽しようと日本航空123便に搭載していた核爆弾を相模湾に踏破したのです。

しかし、この時、米軍の戦闘機がサイドワインダーを日航123便の尾翼と、左主翼の付け根部分に打ち込んだのです。

この時、駆け付けてきた自衛隊機により米軍機は排除されましたが横田基地への着陸を拒否した日本航空123便は、サイドワインダーを2発も撃ち込まれており効果していましたが操縦かんを握っていたのは自衛隊屈指のパイロットAですから、余人ならいざ知らず機体の高度を徐々に下げていきましたが、尾翼を失い左主翼も破壊されていましたので力尽きてしまい群馬県多野郡上野村高天原山の尾根(通称「御巣鷹の尾根」)に墜落してしまったのです!!

 

相模湾に投下された核は、自衛隊の特殊部隊が引き上げて陸路を秘密裏に運ばれ群馬県にある中曽根康弘邸に運び込まれたのです!!

とはいえ米軍の占領下での自衛隊の反逆に、怒り心頭の米軍は自衛隊機2機発進に係わった自衛隊員8名を秘かに「絞首刑」に処したのです・・・・。

表の話

日本航空123便墜落事故(にほんこうくう123びんついらくじこ)は、1985年昭和60年)8月12日東京(羽田)大阪(伊丹)行同社定期123便ボーイング747SR-46(ジャンボジェット、機体記号JA8119、製造番号20783[1])が、

ボーイング社の不適切な修理が原因とされる

・後部圧力隔壁の破損により、

垂直尾翼補助動力装置が破損し油圧操縦システムも全喪失、

・結果迷走飛行へ陥った

末に群馬県多野郡上野村高天原山の尾根(通称「御巣鷹の尾根」)に墜落し、乗員乗客合わせて524名中、520名が死亡した、単独機で史上最悪の航空事故で、史上最悪の墜落事故である。

 

事故の概要
日付 1985年8月12日 (1985-08-12)
概要 圧力隔壁破損による急減圧、空中分解による垂直尾翼脱落、及び油圧系統全滅を含む操縦系統喪失(推定原因)
現場 日本群馬県多野郡上野村高天原山の山中(御巣鷹の尾根
乗客数 509
乗員数 15
負傷者数
(死者除く)
4
死者数 520
生存者数 4
機種 ボーイング747SR-46
運用者 日本航空 (JAL)
機体記号 JA8119
出発地 東京国際空港
目的地 大阪国際空港

運輸省航空事故調査委員会による事故調査報告書によると、

・乗員乗客524名のうち死亡者数は520名、

・生存者(負傷者)は4名であった。

死者数は日本国内で発生した航空機事故では2018年3月の時点で最多であり、墜落事故および単独機の航空事故でも世界最多である。

夕方のラッシュ時お盆帰省ラッシュが重なったことなどにより、著名人を含む多くの犠牲者を出し、社会全体に大きな衝撃を与えた。

特にこの事故を指して『日航機墜落事故』『日航ジャンボ機墜落事故』と呼ばれることもある。

1987年(昭和62年)6月19日に航空事故調査委員会が公表した報告書では、同機が1978年(昭和53年)6月2日に伊丹空港で起こしたしりもち着陸事故(後述)後の、ボーイング社の修理が不適切だったことによる圧力隔壁の破損が、事故原因と推定されている。

これをもって公式な原因調査は終了しているが、事故調査委員会の

・圧力隔壁破壊が垂直尾翼の破壊をもたらした」とする報告書に対して、

・垂直尾翼の破壊が先に起き、これが圧力隔壁の破壊をもたらした。

・「外部破壊説」を主張する航空関係者、元日航社員、遺族

・「都市伝説」フライトレコーダー・ボイスレコーダーを根拠に「外部破壊説」を一蹴する元日航ジャンボ機機長もおり、再調査を求める声があるが、現在に至るまで行われていない。

以上は、公式な発表ですが・・・・。

また巷では、不穏な話も流れています・・・。

引用

この”重大事件”を隠蔽しようと画策し、123便の横田基地への着陸を拒否し、2機の自衛隊機を発進させ、遠く御巣鷹山の尾根まで同機を誘導させた、

その命令権者としての中曽根元総理は、当日、一体、何を考え、何を命令したのか?
2機の自衛隊機が、ミサイルで123便を撃墜したという説(池田昌昭氏)もある。

また、二つの原爆の様な「きのこ雲」が湧き立つのを見たという、多くの目撃証言もある。
さらには、墜落した123便の機体後部(尾翼付近)に、ミサイルAIM4(オレンジ色の機体)が突き刺さっていたという証言(佐宗邦皇氏の言)さえもある。
実際、ご遺体の識別や鑑識に関わった医師や歯科医師が、「単なる墜落事故の遺体とは思えない」と語っているのを、われわれは、すでに聞いている。
中曽根元総理、あなたは、あの日、防衛庁、とりわけ航空自衛隊に対して、一体、如何なる命令

を下されたのか?
・何故、あなたは、墜落後の乗客の早期救出を命じられなかったのか?

・事実、墜落直後、数十名の生存者がいたというではないか。

・そればかりか、早期救出に向かおうとした数名の自衛隊員が、待機命令違反というだけで、なぜ、・射殺されなければなかったのか?!

 

加藤紘一氏(当時の防衛庁長官)、当日、あなたは、当時の中曽根総理から、一体、如何なる命令を受けられたのか?
・第一、あなたは、事故当夜、現場の上空まで行っていたというではないか!

・一体、何をしに行ったのか?

・遭難者を救助する前に、自衛隊が、「大事件」の証拠物件を搬出するのを見届けに行

ったとでも言うのか?

 

実は、この時、操縦桿を握っていた佐々木副操縦士こそ、少年の頃、私が、心から憧れていた先輩である。まさに、「事実は、小説よりも奇なり」である
佐々木先輩のご母堂は、彼の没後、私の母に、こう語られた。「息子は、戦死しました」と。今、私には、この言葉の意味が、よく分かる。今日、そのお母様も、もう、この世におられない。

 

123便の事故は、本当は自衛隊が墜落させたんだよ。

当時訓練で標的機を飛ばしていて、それが操縦不能になって、行方が分からなくなり、そのとき近くを飛んでいた123便にぶつかったんだ。

墜落現場には標的機のオレンジ色の残骸があったから、誰もいないうちにヘリで回収したんだ。

以上

リックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

・年商6億の優良企業で、自社ビル。継承者募集希望者はFAX042-361-9202までFAXにて。

・大型投資案件あり・・・。希望者はFAX042-361-9202までFAXにて。

・美白、シミ・ソバカス・皺を取り去る「スーパーTD3」モニター募集100名FAX042-361-9202までFAXにて。

・死んだ人は、呼べます・・・。希望者はFAX042-361-9202までFAXにて。

・超能力通信講座・即日体得できます。FAX042-361-9202までFAXにて。

・視力回復は、10分を3回で回復します。 希望・FAX042-361-9202まで。

・しみが、皺が消えて、若返ります。「OMEGA8」若返り希望・FAX042-361-9202です。

・驚異の原始微生物「ソマチッド」は、傷んだ細胞を復元します!!

 「癌患者」、「特定疾患」、「アトピー皮膚炎」の方に、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

  賢者のネサンは楠の樹液から作ったソマチット製剤をガン患者に使ったところ、驚くべき治癒結果が出たのです。
 なんと、ガン患者1000人の内、750人(75%)の人が完治したのです。
 また、ガン以外のエイズやその他の病気にも、現代医学をはるかに凌ぐ改善結果が見られました。

   ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 ソマチットと、オルゴンシートで癌が消える!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成ります。

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

 

 

関連記事

カテゴリー

presented