高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

パラリンピックの選手たちに渡るはずの補助金が、くすねられている!!

パラリンピック

パラリンピックの選手たちに渡るはずの補助金が、くすねられている!!

昨日、高名な先生より

「パラリンピックの選手への補助金が、搾取されています!!」

「酷いものですよ」!!

との訴えがありましたので、今日は早速調査をさせましたので大騒動でした。

というのは、8年前に鹿児島の「アグリランド」に、パラリンピックの練習施設を作ろうと南九州市と協議して、パラリンピック関係者の賛同を取り付けたという経過がありましたので、各都道府県の関係に話しますと驚いていました・・・。

 

パラリンピックの関係者は、都道府県別に独立採算制だから難しい面もあるようだし、地域によっては資金が乏しいようでした・・・・。

しかし、障害者に交付される補助金を搾取するとはなあ・・・・。

選手の一人に聞きましたが「パラリンピック」に参加するための練習や、参加費用は大半は自腹と言っていましたなあ・・・・。

 安倍晋三は、変なところにばら撒かずに彼たちに大盤振る舞いをすればいいのになあ・・・・。

2020年のオリンピック・パラリンピック

今回募集が開始された助成金は、2020年のオリンピック・パラリンピック開催に向けた、東京都の様々な文化プログラムの一環です。

名称は「第1回市民創造文化活動支援助成金(上限2,000万円)です。

 

この助成金は、個人を除く団体(市民文化団体、民間の劇場・アートスペース、民間企業、NPO等)が、東京都内で行う一般市民が参加する創造活動を対象とするものです。

 

【対象となる活動内容】

・定期的な企画ではなく、文化プログラムを意識した新しい要素が含まれている活動

・一般市民が主体的に、アマチュアの表現者として関わるもの

・自分たちだけの活動に留まらず、他の人々に対する波及力がある活動

・単一の市区町村を超えて、より広域からの参加が見込める大規模な活動

 

例)上記要件を満たす以下のような活動

・手芸展                  ・こども絵画展

・公募展(市民絵画展)         ・クラフト展

・市民写真展               ・市民陶芸展

・市民メディア上映会           ・市民オペラ

・合唱コンクール            ・市民オーケストラ

・市民能                  ・こども歌舞伎

・フラダンス大会            ・フラメンコ大会

・市民主導のアートフェスティバル   ・市民演芸祭

・学生演劇祭                ・村歌舞伎フエスティバル

・ストリートダンスフェスティバル   ・学校対抗文化イベント

・コスプレフェスティバル          

などですが・オリンピック・パラリンピックの選手には補助金はないのでしょうか?

 

パラリンピックとは

4年に一度開かれる障害者スポーツの祭典。1960年に始まり、2012年第14回ロンドンパラリンピックでは、日本を含む164の国と地域から約4200人が参加しました。

第2次世界大戦で負傷した兵士のリハビリに、英国でスポーツが取り入れられたのが原点とされています。

こうした経緯から、競技は第4回大会まで車いす使用者を対象とし、パラリンピックという名称も、Paraplegia(下半身麻痺者)+Olympic(オリンピック)と理解されていました。

競技はその後、脳性まひなど他の障害にも広がり、名称もオリンピックを念頭に置いた、Para(もうひとつの)+Olympic(オリンピック)として認知されています。

 

なお、障害の種類によって、パラリンピック以外にも国際大会は開かれています。

・聴覚障害にはデフリンピックが、

・知的障害にはパラリンピックに加えてグローバルゲームズ、

スペシャルオリンピックが開催されています。

 

日本における障害者スポーツは、1964年の東京パラリンピックが発展の契機となり、1998年の長野パラリンピック、2004年のアテネパラリンピックを経て、選手の強化に向けた体制が整備されてきました。

2011年にはスポーツ基本法が成立。

競技団体に対する強化費の増額など、オリンピックと同じ仕組みの選手強化策が採用されています。

日本財団パラリンピックサポートセンター の事業

<パラリンピック・ムーブメントの推進>

  • パラリンピック競技団体の基盤整備
  • アスリートが競技に集中するための環境整備
  • パラリンピックの普及・啓発
  • パラリンピックボランティアの推進
  • パラリンピックの学術研究
  • パラスポーツの国際支援
  • 障害者の文化・芸術支援

スペシャルサポーターの草彅剛さん、稲垣吾郎さん、香取慎吾さん

 

日本財団パラアスリート奨学金制度

日本財団パラアスリート奨学金は、日本体育大学及び日本体育大学附属高等支援学校など、学校法人日本体育大学の設置校に在学する身体障害または知的障害のある学生・生徒で、パラリンピック、オリンピックなどの世界レベルにおける活躍が期待できると認められる方を対象とした給付型の奨学金制度です。
2017年に開始し、2020年に向けて50名のパラアスリートを養成することを目指しています。

 

2017年度「日本財団パラアスリート奨学金」奨学生

氏名 性別 競技
辻 沙絵(つじ さえ) 陸上競技
堀江 航(ほりえ わたる) パラアイスホッケー
宿野部 拓海 (しゅくのべ たくみ) 卓球
富田 宇宙(とみた うちゅう) 水泳
本堂 杏実 (ほんどう あんみ) スキー
三須 穂乃香(みす ほのか) 陸上競技
宮坂 七海(みやさか ななみ) 射撃、剣道
髙居 千紘(たかい かずひろ) 陸上競技
今井 大湧(いまい たいよう) バドミントン
池 愛里(いけ あいり) 水泳
阪口 季穂(さかぐち きほ) 射撃、剣道
山手 勇一(やまて ゆういち) 陸上競技
鳥海 連志(ちょうかい れんし) 車椅子バスケットボール
鈴木 雄大(すずき ゆうだい) 陸上競技
兎澤 朋美(とざわ ともみ) 陸上競技
笠松 大聖(かさまつ たいせい) 陸上競技
小池 さくら(こいけ さくら) 水泳
斉藤 双希(さいとう そうき) 陸上競技
山口 源起(やまぐち げんき) 水泳

2018年度「日本財団パラアスリート奨学金」奨学生

氏名 性別 競技
辻村 琢光(つじむら たくみ) 卓球
阿部 菜摘(あべ なつみ) サッカー、フットサル
石川 雄大(いしかわ ゆうだい) パラアイスホッケー
窪田 幸太(くぼた こうた) 水泳
高松 義伸(たかまつ よしのぶ)※ 車椅子バスケットボール
高橋 麻琴(たかはし まこと) ソフトボール
佐藤 雄代(さとう ゆうだい) 卓球
北村 光希(きたむら みつき) 水泳

 

以上

 

奨学金はいいが、金額書かれていない所に問題が有ります・・・。

まあスポーツも、食い物にされているというのですから残念です!!

リックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

・年商6億の優良企業で、自社ビル。継承者募集希望者はFAX042-361-9202までFAXにて。

・大型投資案件あり・・・。希望者はFAX042-361-9202までFAXにて。

・美白、シミ・ソバカス・皺を取り去る「スーパーTD3」モニター募集100名FAX042-361-9202までFAXにて。

・死んだ人は、呼べます・・・。希望者はFAX042-361-9202までFAXにて。

・超能力通信講座・即日体得できます。FAX042-361-9202までFAXにて。

・視力回復は、10分を3回で回復します。 希望・FAX042-361-9202まで。

・しみが、皺が消えて、若返ります。「OMEGA8」若返り希望・FAX042-361-9202です。

・驚異の原始微生物「ソマチッド」は、傷んだ細胞を復元します!!

 「癌患者」、「特定疾患」、「アトピー皮膚炎」の方に、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

  賢者のネサンは楠の樹液から作ったソマチット製剤をガン患者に使ったところ、驚くべき治癒結果が出たのです。
 なんと、ガン患者1000人の内、750人(75%)の人が完治したのです。
 また、ガン以外のエイズやその他の病気にも、現代医学をはるかに凌ぐ改善結果が見られました。

   ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 ソマチットと、オルゴンシートで癌が消える!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成ります。

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

 

 

 

関連記事

カテゴリー

presented