高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

台風12号を操作しているのは国土交通省が日本に設置している地震兵器HAARP だ!!

大災害27

台風12号を操作しているのは国土交通省が日本に設置している地震兵器HAARP だ!!

 今、そこに危機があります!!

 気象庁は、経験したことのない台風の進路が克明にわかるのは何故なのか?

 右から風が来るので左にコースを変えるというような嘘を平然とする気象庁は、確信犯!!

異常気象の気象操作の技術と仕組み

西日本の豪雨と大規模な洪水・土砂災害は、被災地に大きな爪痕を残し、今尚復旧の目処は立っていません。

日本は地震、雷雨、台風、津波、豪雪など自然災害の多い国家であり、先人達はこうした自然を受け入れ共存する生活を積み重ねてきました。

豪雨や大津波、群発地震が極端に増えています。


地震兵器HAARP による人工地震と異常気象の起こし方
電磁波は、周波数によって特性と効果が変わりますと、地震起こすだけではなく、気象の操作を

行うことが出来ます。
または人工衛星によるマイクロ波照射も、地震兵器HAARP と同じ効果があります!!

宇宙空間では太陽光を遮るものはありませんから、ソーラーを用いれば高効率かつコンスタンスに発電することができ、その発電量は100万kwと、原子力発電所に匹敵するほどですから、宇宙空間で作られたエネルギーをマイクロ波として地上照射して地震兵器HAARP と同じ効果を得ることが出来ます。

実は、地震兵器HAARP の技術を国民のために使えば、限られた化石燃料からなる資源や汚染と決別することが出来るのです!!

しかし原子力発電の利権や石油などのエネルギー産業を独占している連中が、こうした技術を封印して世に出さないようにしているのです!!
原発マフィアの連中酢は、この衛星を使い気象を操作し人為的に災害を起こしているのです。

皆さんは知らないだけで、この台風を制御する特許が既にあり、日本でも民間企業が制御特許

を申請済みなのです。

いかし、米軍製の地震兵器HAARP はもっと進んでおり、台風の威力強化、低下、進路変更も可能な地震兵器HAARP なのです。

 このマイクロ波をそのまま海に照射すれば海水温は上昇し海水が蒸発、その結果雲となり雨を降らせる事が可能です。

また空気を温めることで雨雲を停滞させたり、同様に台風を作り出したり進路を変更させることができるのです。

・それが最近よく聞くようになった「線状降水帯」と呼ばれる雨雲です。

・特徴でいうと、まるで一本線を引いたような雨雲が長期に渡り停滞します。

・通常風で西から東へ流される筈が、一定の場所に留まります。

・なお他の雲はこの間に流されていきます。

・熊本地震直後にもこの雲が現れました。

・20年ほど前より、以前には起こらなかったような気象現象が頻発しているのです。

・また日照時間の減少により作物も育たなくなってきています。

・海洋生物や珊瑚の大量死が報じられますが、こうした急激な海水温度の上昇が原因だと考えられます。

・台風の場合も950hPaを下回る非常に大きい、というより10年に一度とも呼ばれるような大型のものが毎年生まれ、日本列島の真上を勢力が衰えることなく通過しています。

・その進路も太平洋側へ一旦通り過ぎたのちに、再び勢力を上げて戻ってきたりとめちゃくちゃです。


人工衛星は我々の目で確認することは出来ませんが、日本の天文学者が観測を行っている際に、

200mクラスの大型人工衛星を4基発見しています。

これらの衛星は登録がされていなく、正体不明なのです。

他にも集中豪雨(ゲリラ豪雨)を作りだしたりと、人工衛星型の気象兵器の使い方は様々です。

意図的に氷を溶かして街ごと水没させることも可能です。

こうした人為的災害を人々は「地球温暖化のせいだ」と思いこませているのです。

この手の研究が一番進んでいるのは米国で、気象兵器関係の公文書があります。

これらのような環境改変装置を使う事で地下が不安定な状況を作り出す事が出来、地震の前に海水温の急激な上昇や、群発地震、または電磁波の受信による地震予知が可能である主な要因となります。

過去の事例からみても近年発生している地震は、純粋水爆と気象兵器からなるテロ攻撃なのです。

暮らしを豊かにしようとする民間の科学技術が、世界の覇権争いの兵器技術として活用避けてしまい今や自然を操るという大きな脅威に成ってしまいました。

気象兵器は決して荒唐無稽な話ではなく、現実に私たちは今、その脅威に晒されています!!

・大阪北部地震

・集中豪雨

・今回の台風12号

こそが国土交通省が所有する「Xバンドマルチパラメータレーダ(MPレーダ)」による天候捜査なのです!!

と成ると順番からして「南海トラフト」だな!!

 

Xバンドマルチパラメータレーダ(MPレーダ)

  • 防災科研では2000年にXバンドのマルチパラメータレーダ(MPレーダ)を開発・導入し,降雨強度推定手法に関する研究を行ってきました.
  • XバンドMPレーダを用いた降雨強度推定は従来の手法よりも精度が高く,特に,災害をもたらすような強い雨ほど高精度であることがわかりました.
  • これらの成果をうけて国土交通省では,近年頻発している局地的な大雨に対し,適切な水防活動や河川管理を行うため,2008年よりXバンドMPレーダの全国展開を開始しました(2010年より試験運用開始).
  • 防災科研は国土交通省からの委託を受けて,防災科研の開発した降雨強度推定アルゴリズムに基づく現業用リアルタイムデータ処理システムを開発・実装しました.

マルチパラメータレーダ(MPレーダ)について

気象レーダはパラボラアンテナなどからマイクロ波と呼ばれる電波を大気中に発射し,降水により散乱されて戻ってきた電波を観測することにより降水の特徴(雨の強さ,移動速度など)を調べる観測器です.このページではマルチパラメータレーダ(MPレーダ)がどのように降雨強度を観測するかについて説明します.

MPレーダ

MPレーダでは水平偏波(電場が水平方向に振動する電波)と垂直偏波(電場が垂直方向に振動する電波)の2種類の電波を同時に送信・受信できるレーダです.そのため,MPレーダは二重偏波レーダとも呼ばれます.従来の気象レーダでは水平偏波のみを用いて観測を行っていました.

二重偏波

落下する雨滴の形状

大気中を落下する雨滴は空気抵抗の影響を受けて,上下方向につぶれた形をしています.このつぶれ具合は大きな雨滴ほど大きくなり,あんパンや鏡餅のような形になります.

落下する雨滴の形状

大気中の雨滴はこのようなつぶれた形をしているため,水平偏波での観測と垂直偏波での観測に差が生じます.たとえば,大きな雨粒の多い雨の場合,水平偏波の受信電力の方が垂直偏波の受信電力に比べて大きくなります.

このように,MPレーダは,雨滴が大きくなるほどつぶれるという性質を利用して,雨の粒径分布に関する情報を観測することができます.

波長による違い

 気象レーダでは,Sバンド(約10 cm)・Cバンド(約5 cm)Xバンド(波長3 cm)の波長の電波がよく使用されます.

 日本では,Cバンドは気象庁などの現業用気象レーダで使用され,Xバンドは大学や研究機関の実験試験用レーダで用いられてきました.

 Xバンド気象レーダでは,降雨減衰(強い降雨により電波が消散する現象)が他の波長に比べて甚大なため,強い降雨の後ろ側で観測不能となることがまれに発生します.

 そのため,Xバンド気象レーダは降雨の定量観測には適さないとされてきました.

 しかし,MPレーダの偏波間位相差はXバンドのほうが弱〜中程度の雨でも敏感に反応します.つまり,電波が完全に消散して観測不能にならない限り,XバンドMPレーダは高精度な降雨強度推定ができます.

 このことが,降雨強度推定におけるXバンド気象レーダの評価を一転させました.

 また,Xバンド気象レーダは,降雨減衰の影響もあり,一般的にその観測半径は他の波長の気象レーダに比べて短い傾向にあります.

 しかし,Xバンド気象レーダは他の波長に比べてアンテナ直径を小さくすることが可能であるため,1台あたりの設置コストを安くすることができます.

 これは複数のレーダを設置し,レーダのネットワークを構築することに有利です.レーダネットワークを構築すれば,降雨減衰による観測不能な領域を別のレーダでカバーすることも可能になります.

知人より引用

引用以上

まとめ

  • MPレーダは水平・垂直の2種類の偏波を同時に送受信して観測する気象レーダです.
  • MPレーダは,落下中の雨滴がつぶれた形をしている性質を利用し,偏波間位相差から高精度に降雨強度を推定できます.
  • XバンドのMPレーダは他の波長のレーダに比べて弱い雨から偏波間位相差を使用した降雨強度推定が可能です.
  • XバンドMPレーダでは,降雨減衰の影響により観測不能となる領域が発生する場合があります.この問題はレーダのネットワークを構築し,観測不能となる領域を別のレーダでカバーすることにより解決されます

国土交通省XバンドMPレーダネットワーク

国土交通省は,防災科研でのXバンドMPレーダを用いた豪雨・強風監視についての研究成果を踏まえ,XバンドMPレーダネットワークの全国配備を開始しました.

レーダの配置

レーダの配置にあたっては,まず重点観測地域(大都市や火山,災害復旧現場など豪雨にたいして脆弱性を持つ地域)を設定し,その重点観測地域を複数台のレーダでカバーできるよう,設置場所の選定が行われています.重点観測地域を複数台のレーダでカバーすることにより,豪雨減衰による電波消散領域の発生が少なくなっています.2009年度に東京,名古屋,近畿等の大都市圏を中心に11台のXバンドMPレーダが設置され,2010年度には地方の主要都市を中心に15台のレーダが設置されました.

国土交通省XバンドMPレーダ配置図

 国家が、国民を殺害するようなことをいつまでも続けるのであれば、国民は立ち上がり闘うしかないぞ・・・・。

   恐るべき時代に成ったものである!!

 問題は、国民の支持である!!

関連記事

カテゴリー