高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

いまだに世界中で人身売買組織が暗躍して「人身売買」をしています!!

中國2

いまだに世界中で人身売買組織が暗躍して「人身売買」をしています!!

日本も例外ではありません!!

多くの日本人たちが、国内外で行方不明に成っていますが、マスコミは報道しません!!

日本国内の行方不明者10万人

日本の行方不明は毎年10万人!!

10万人という数字は平成13年~15年の3年間が、近年では10万人を超えている。

実に発見率は98%にも!!

未発見者は、約2,000人くらいである。

また、家出の動機別で見ると、家族・疾病・異性・事業等の理由が判明している件数を除くと、
動機不詳の家出は11,506人でしかない。

 

しかもこの中で実際に犯罪に巻き込まれるなどして行方不明になったものは一体どれだけいるのだろうか?

殆どは自発的家出ではないかと思われる。。

だいたい毎年約5,000人近くが、死亡状態で発見されており、

・自殺が約3,000人、

・不明が約2,000人。
不明者や自殺者でも解剖がされないことで他殺誤認があることも、考慮に入れる必要はあるかもしれない。
また、これ以外にも、捜索願自体が提出されていない行方不明者が相当数いるはずである。
最も気になるのは、自発的に家出や自殺をする可能性がかなり低い、10歳未満の家出人の数が

765人もいるとあるが、これは一桁違うと思われる・・・。

 つまり、7,000人程度の行方不明者がいるはずであるが、ある種のかん口令が敷かれています。

 

生還の可能性が有る

 ・国内の山中にある工事現場の飯場(鉱山・土木・建築工事などの現場近くに設けられた、労働者の宿泊所。)に売られる。通称たこ部屋。

生還は、ほぼ不可能

 ・遠洋漁業の船に乗せられる。

 ・中国の臓器売買業者。日本人の臓器は優秀。

 ・中東の奴隷市場に売られる。

生還は、絶対ない

 ・アンダー・グランドに連行。
年間20万人の児童が行方不明に! 中国マフィアの「誘拐イノベーション」

今年1月末、日本で民放番組に出演した身元不明の男性が、1989年に徳島県で失踪した4歳の男の子である可能性が持ち上がり、DNA鑑定がおこなわれたことが報じられた(結果、男性と徳島の男児両親とのDNAは不一致)。

誘拐や行方不明で親子の関係が断絶されることの、当事者の苦しみは想像するに余りある。

ところで、この分野でも「大国」なのが中国だ。

子どもをかどわかして売り飛ばす誘拐犯を指す言葉として、中国語には「人販子」というこなれた単語が存在し、メディアでも日常的に使われている(それだけ身近な概念なのだ。

 

 香港紙『文匯報』によると、中国で1年間に立件される子どもや女性の誘拐事件は約2万件で、1日平均50件とのこと。

また2015年にNHKは、中国で行方不明(誘拐のみとは限らない)になる児童数は年間20万人に達すると伝えている。

中国山東省済南市の広場に並べられた行方不明の子どもたちの写真(2010年) ©時事通信社誘拐した子どもの「市場価格」は約140万~170万円。

 中国大手週刊誌『中国新聞週刊』の記事によれば、誘拐した子どもの「市場価格」は、2017年3月時点で8万~10万元(約140万~170万円)ほど。

男の子は女の子よりも高く、男の赤ちゃんが15万元(約260万円)で売買された例もあったという。

さらわれた子どもの多くは、社会保障制度の不備から老後の不安を抱える、農村部の子どもがいない夫婦に売られているようだ。

 中国の子どもの誘拐は、帰省ラッシュや買い出しで駅や街が雑然とし、忙しくて保護者の手が回らなくなる旧正月(今年は2月16日)前後に多発する。

「人販子」で中華圏のニュースサイトを検索すると、今年も警告を発する記事が数多く引っかかる。

 

リビア、人身売買組織に拘束されていた移民100人以上が脱出!!

中東・北アフリカ リビア

リビア北西部バニワリドで23日夜、人身売買組織に拘束されていたアフリカ東部からの移民100人以上が組織の収容所から脱出した。

国際団体や地元の情報筋などが26日、明らかにした。

移民たちは地元の団体や住民らによって市内のモスク(イスラム礼拝所)に保護された。

脱出したのはエリトリア、エチオピア、ソマリアからの移民たちで、収容所では拷問を受けていた。バニワリドの病院によれば、拷問によって負傷した約20人が治療を受けた。

 

国際緊急医療援助団体「国境なき医師団(MSF)」は目撃者の話として、脱出の際、移民15人が殺害され25人が負傷した。

脱出したのはほとんどが10代半ばの若者たちで、3年も人身売買組織に拘束されていたとMSF職員に話した移民も複数いるという。

MSFによると、病院に搬送された移民のうち7人は銃で撃たれており重傷だという。

リビアで長年にわたって独裁体制を敷いてきたムアマル・カダフィ大佐が2011年に失脚し殺害された後、首都トリポリは危険な航海で欧州を目指す移民たちの主要出発港となっている。

トリポリの南東170キロに位置するバニワリドでは、人身売買組織や誘拐組織が約20か所に収容所を設けており、拘束した移民の家族に身代金を要求するなどしている。

以上

弱肉強食の世界ですから、何でもありで連れ去られてしまいます!!

 

リックして応援を宜しくお願いします!!「

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

・行方不明者を特殊な方法で探します。行方不明者110番・042-362-8868。

・行政の許認可や、輸出入のトラブル。トラブル110番・042-368-0870。

・美白、シミ・ソバカス・皺を取り去る「スーパーTD3」モニター募集100名FAX042-361-9202までFAXにて。

・年商6億の優良企業で、自社ビル。継承者募集希望者はFAX042-361-9202までFAXにて。

・大型投資案件あり・・・。希望者はFAX042-361-9202までFAXにて。

・死んだ人は、呼べます・・・。希望者はFAX042-361-9202までFAXにて。

・超能力通信講座・即日体得できます。FAX042-361-9202までFAXにて。

・陶芸家の皆様へ「国宝・曜変天目」の作り方教えます!! FAX042-361-9202までFAXにて。

・視力回復は、10分を3回で回復します。 希望・FAX042-361-9202まで。

・しみが、皺が消えて、若返ります。若返り希望・FAX042-361-9202です。

・貴方と家族を守る「消臭・除菌シーツ」は、驚異のハイテク素材!! 院内感染も悪臭もカット!!

・驚異の原始微生物「ソマチッド」は、傷んだ細胞を復元します!!

 「癌患者」、「特定疾患」、「アトピー皮膚炎」の方に、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

  賢者のネサンは楠の樹液から作ったソマチット製剤をガン患者に使ったところ、驚くべき治癒結果が出たのです。
 なんと、ガン患者1000人の内、750人(75%)の人が完治したのです。
 また、ガン以外のエイズやその他の病気にも、現代医学をはるかに凌ぐ改善結果が見られました。

   ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 ソマチットと、オルゴンシートで癌が消える!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成ります。

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

 

 

関連記事

カテゴリー