負傷した関西学院大学アメリカンフットボール部選手の父親、奥野康俊氏 アメリカンフットボールの悪質な反則行為の問題で、日大選手から悪質タックルを受け、負傷した関学大のQBの父で大阪市議の奥野康俊さんは25日、自身のフェイスブックに「緊急拡散願います。今警察から電話がありました。6月1日までに、息子に危害を加えるという情報が入ったので気をつけるようにと許せない。やめてください」と書き込んだ。

 負傷選手側は大阪府警に被害届を提出、受理され、移送先の警視庁が傷害容疑を視野に捜査を始めている。

以上

「コーチが辞めないなら退部する」「宮川が戻るまで練習しない」日大アメフト現役選手ら緊急ミーティング

日大選手ら 緊急会合で不満噴出

 日本大の現役アメフト選手らが24日(2018年5月)に開いた緊急ミーティングで、内田正人前監督やコーチらに対する不満が噴出した。

 「コーチ全員が辞めないと選手を辞める」「宮川泰介選手が戻るまで、練習せずに彼を待つ」と言った声が出た。

 父母ら110人も緊急父母会も開かれた。

 現役選手らに箝口令が敷かれているが、父母会会長は父母会が選手の声を取りまとめて近く声明文を発表するという。

教職員組合は「田中英寿理事長がまず謝罪せよ」

 日大教職員組合文理学部支部も「大学本部に対し求めること」とした次のような声明文を発表している。

 「大学法人本部は危機管理能力の欠如を露呈させ、日本大学側の不誠実を広く世に知らしめた。

 このままでは日大の信用が地に落ち、大学、付属校の存続にも関わりかねない。

 田中英寿理事長が記者会見を開いて謝罪。公正な第三者独立委員会を立ち上げ徹底究明を望みたい」

 作家の吉永みち子は「これ、大学のアメフト部ですよ。

 ふつうなら学長が出てきて会見するとか、対応しますよね。

 それが、会見するたびに話がでかくなって、どんどん広がり、危機管理の逆を見事に行っている。

 不思議なのはそれなのに大学の本体が全然見えてこないことです」と呆れる。

学長は3時半から会見を行った。

 以上

リックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

 

しみが、皺が消えて、若返ります。

若返り希望FAX042-361-9202です。

驚異の原始微生物「ソマチッド」は、傷んだ細胞を復元します!!

 「癌患者」、「特定疾患」、「アトピー皮膚炎」の方に、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

  賢者のネサンは楠の樹液から作ったソマチット製剤をガン患者に使ったところ、驚くべき治癒結果が出たのです。
 なんと、ガン患者1000人の内、750人(75%)の人が完治したのです。
 また、ガン以外のエイズやその他の病気にも、現代医学をはるかに凌ぐ改善結果が見られました。

   ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 ソマチットと、オ流ゴンシートで癌が消える!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成ります。

自費出版

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!