高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

またもや安倍昭恵が、やらかしましたか!!

あべは3

 

またもや安倍昭恵が、やらかしましたか!!

安倍昭恵本人ではなく周囲の人が、安倍昭恵に近ずく者たちのチェックをしてやる必要があります!!

FRIDAYデジタル

安倍昭恵さん″誘拐殺人犯″との記念写真 いろんなツーショットが流出してきたが…

4月21日の「桜を見る会」で久々に公の場に現れた昭恵氏。首相に離婚を勧める声も出ているというが……
4月21日の「桜を見る会」で久々に公の場に現れた昭恵氏。首相に離婚を勧める声も出ているというが……
 

「野間は政治家のパーティに盛んに参加して写真を撮りまくり、それを見せることで信用を得ていました。大村秀章愛知県知事(58)や河村たかし名古屋市長(69)など、地元の政治家との記念写真だけでなく、なかには安倍昭恵さん(55)とのツーショット写真まであったんです」(野間容疑者の知人)

 日本中を引っ掻き回し続けている総理夫人・安倍昭恵氏は、いったいどこまでお騒がせなのか–。

 4月上旬、愛知県名古屋市の20代の男性を誘拐したとして、男5人が愛知県警に逮捕された。うち2人は、4月26日に死体損壊の容疑で再逮捕。犯行は、被害者の遺体をドラム缶で焼却するという残虐な手口で行われたと見られている。

「この事件の主犯が、再逮捕された野間裕司(30)という男です。野間は人材派遣会社を経営していますが、これは表向きの顔。実際の生業は、イカサマ賭博を行う『ゴト師』だったようです。地元ではなく、東京や横浜の違法カジノに出入りし、1日で1000万円近くを稼ぐこともあったといいます。その他にも、手下にインターネットカジノをやらせたり、女性を風俗に落とす女衒(ぜげん)のようなこともしていた」(同前)

 被害者はネットカジノの売り上げを巡って野間と揉めており、今年2月に拉致されたという。被害者の骨や血痕が手下の自宅などで発見されていることから、県警は最終的に「誘拐殺人」での立件を目指している。

 そんな野間容疑者が、手下を集めるために利用していたのが、首相夫人である安倍昭恵氏だ。本誌は、昭恵氏が野間と仲良く撮影したその記念写真を入手。この写真は、昨年9月29日に開催された、被災犬に関する「チャリティーディナー」で撮られたものだ。

 これまでにも元暴力団幹部や籠池夫妻など、いわく付きの人物との記念写真が数多く流出してきた昭恵氏だが、今回は”誘拐殺人犯”である。彼女が一向に反省しない理由について、昭恵氏に関する取材を重ねているノンフィクション作家の石井妙子氏はこう分析する。

「昭恵さんは自分を『国母』だと思っているようです。志ある貧しい若者や環境問題に取り組む有志を総理である夫に繋ぐのが、自分の天命だと考えているのです。昭恵さんは首相夫人という極めて公的な立場にある人なわけですから、近づいてくる相手が何者なのか見極める必要があるのではないでしょうか」

 昭恵氏は本誌の取材に「チャリティーディナーに出席したのは事実ですが、(野間容疑者とは)一切面識はありません」と文書で回答した。しかし、知らなかったから済む問題ではないということは、これまで何度も指摘されてきた通りなのである。

 5月11日発売のFRIDAY最新号では、安倍昭恵さんと野間容疑者のツーショット写真を掲載している。

PHOTO:鬼怒川 毅

以上

まだまだ多くのトラブル源がありますが、本人に悪気がないという事が問題です。

クリックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

 

若返り希望FAX042-361-9202です。

 「癌患者」、「特定疾患」、「アトピー皮膚炎」の方に、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

  見者のネサンは楠の樹液から作ったソマチット製剤をガン患者に使ったところ、驚くべき治癒結果が出たのです。
 なんと、ガン患者1000人の内、750人(75%)の人が完治したのです。
 また、ガン以外のエイズやその他の病気にも、現代医学をはるかに凌ぐ改善結果が見られました。

   ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 「ソマチット」と「オルゴンシート」の組み合わせにより、癌細胞が消えてしまいます!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 

 

関連記事

カテゴリー

presented