高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

主婦たちよ!!急速に進む「人類淘汰」から子供たちを守れ!!

IMG_20130304_0018

主婦たちよ!!急速に進む「人類淘汰」から子供たちを守れ!!

もはや世の男どもは中性化してしまい腑抜け!!家族を守る為に、立ち上がることのできるのは「主婦」しかいない!!

子供たちを失えば、国家も、日本民族も地上から消えてしまう!!

インフルエンザ治療薬タミフル使用上の注意

タミフルは、一般的には安全な医薬品ですが、頻度は低いものの様々な副作用を生じることがあります。以下に副作用を疑う際の留意点をまとめましたので、服用開始後になんらかの異常を感じた際の参考にされますようお願い申し上げます。
動悸・血圧低下、蕁麻疹・息苦しい
白目が黄色くなる
全身の皮膚の発赤・ただれ・水ぶくれ・口内炎・結膜炎
尿量の減少・むくみ
出血しやすい
血便
意識がぼんやりする、意識がなくなる、うわごとを言ったり興奮したりする、
普段と違うとっぴな行動をとる、幻覚が見える
腹痛、下痢、吐き気、嘔吐、血を吐く、おなかがはる、口内炎、口の中の不快感、
くちびるがはれたり赤くなる、食欲不振、胸やけ、体温が平熱よりも下がる、頭痛、
眠気または眠れない、強い刺激を与えないと目覚めない、めまい、視野が狭くなる、
視野の中に見えない部分がある、ものが二重に見える、ふるえ、しびれ、じんましん、
かゆみ、あざができやすくなる、尿に血が混じる、息苦しい、脈が速くなる、
脈が乱れる、胸がどきどきする、胸が痛い、背中が痛い、疲労、耳の痛み
他にも何か変だなと感じたら、医師または薬剤師に相談してください

重大・重篤な副作用

重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。

重大・重篤レベル副作用リスト
副作用の名称 想定される症状等
中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN) 発熱する、皮膚が赤くなる、皮膚が焼けるように痛む、皮膚に水脹れ(みずぶくれ)ができる(各種皮膚障害が発生する)、口内が荒れる等
皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群) 皮膚に水脹れ(みずぶくれ)ができる(各種皮膚障害が発生する)、皮膚が斑(まだら)模様に赤くなる、目が充血する、発熱する、関節が痛む等
アナフィラキシー様症状 口内に違和感がある、かゆみがある、くしゃみをする、顔面が紅潮する、熱感がある、吐き気がする、嘔吐する、尿意がある、便意がある、顔面や喉頭に浮腫ができる、呼吸が困難になる、血圧が低下する等
意識障害 吐き気がする、食欲不振になる、腹痛になる、下痢する、強い倦怠感がある等
ショック 顔が赤くなる、痒みがある、蕁麻疹(じんましん)がでる、しびれがある、動悸がする、息切れがする等
劇症肝炎 白眼や皮膚が黄色くなる、発熱する、吐き気がする、全身がだるくなる、AST (GOT)値、ALT (GPT)値、γ-GTP値、Al-P値が著しく上昇する等
肺炎 咳がでる、発熱する、喉が痛む、喉が腫れる、息切れする等
肝機能障害 倦怠感がの増大する、食欲が低下する、呼吸が困難になる、吐き気がする、常に眠い状態になる、黄疸がでる等
急性腎不全 尿量が減少する、尿が赤みがかって見える、腹痛になる、吐き気がする、下痢する、脱力感がある、関節が痛む、顔や手足にむくみが出る等
黄疸 皮膚や白目が黄色くなる、下痢する、全身に脱力感がある、38度から39度の発熱がある、ブツブツ状の発疹がでる等
白血球減少、血小板減少 風邪等の感染症になりやすい、風邪等が治りにくい
血小板減少 手足に赤い点(点状出血)がある、あざができる、鼻血がでる、歯茎から出血する等
出血性大腸炎 急激な腹痛がおこる、下痢が止まらない状態になる、血便がでる、血性下痢がおこる等
妄想 現実ではありえないこと、間違っていることを事実と思い込んでしまう等
異常行動 転落する、飛び降りる等
幻覚 現実に本来実在しえないものが聴こえたり(幻聴)、見えたり(幻視)、感じたり(体感幻覚)する等
譫妄(せんもう) イライラする、疲れが取れない、眠れない、強い倦怠感がある、下痢する、動悸がする等
痙攣(けいれん) 興奮状態が継続する、怒りっぽくなる、よろめく、ぼんやりする、吐き気がする、めまいがする、下肢のコントロールが不能になる、筋肉の付随現象がおこる等

上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。

重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

その他の副作用

その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。

その他の副作用リスト
副作用の部位名称等 副作用の名称、症状
精神神経系 激越になる、振戦(ふるえ)がおこる、悪夢を見る、めまいがする、頭痛がする、不眠症になる、傾眠になる、嗜眠になる、感覚が鈍麻する
皮膚 皮下出血する、紅斑(多形紅斑を含む)がでる、そう痒症になる、発疹がでる、蕁麻疹(じんましん)がでる
呼吸器 気管支炎になる、咳嗽がある、鼻出血がある
消化器 口唇炎になる、血便がでる、メレナになる、吐血する、消化性潰瘍ができる、下痢する、腹痛がおこる、悪心がある、嘔吐する、口内炎(潰瘍性を含む)になる、食欲不振になる、腹部膨満感がある、口腔内不快感がある、便異常がおこる
循環器 上室性頻脈がおこる、心室性期外収縮がおこる、心電図異常(ST上昇)が発生する、動悸がする
腎臓 血尿がでる、蛋白尿がでる
肝臓 ALT (GPT)値の増加、γ – GTP値の増加、Al-P値の増加、AST(GOT)値の 増加
血液 好酸球数が増加する
過量投与 嘔気がある、嘔吐する、めまい(浮動性眩暈)がある

アオリキタイムス>は、すごいね!!

タミフルについて

持病やアレルギーのある方は事前に医師とご相談ください。

特に腎臓の悪い方は注意が必要ですので、医師と相談してください。

10歳から20歳までの方は、基本的に適用しません。これは因果関係が不明ではあるものの、異常行動が報告されているためです。

但し、禁忌ではありませんので、医師の判断で利用される場合もあります。

早期治療が大切なので、薬を入手したら即、服用してください。

以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。

・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方

以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。

・高度の腎機能障害のある方
・妊婦の方
・妊娠している可能性のある方
・授乳婦の方
・高齢の方
・小児等

インフルエンザ脳症という病気は、あまり聞きなれない病名ですが、みなさんはご存知ですか?

恐らく、病名は聞いたことはあるけど、症状までは知らないという方が、半数以上だと思います。

病名通りで、インフルエンザが原因で起こる病気で、主に、1歳~5歳くらいの子がなってしまう病気です。

インフルエンザ脳症の症状は大人が知っておかないと危ない?

まず最初にインフルエンザ脳症についてインフルエンザにかかった小児がけいれんや、意識障害、異常行動などの症状が現れ、さらに血管が詰まったり、臓器が動かなくなり、その結果、命に関わる疾患のことを言います。

脳にウイルスが侵入して症状を引き起こしているとみなさんよく勘違いされているんですが、これは脳症ではなく脳炎と言い、

脳症というのは、脳からウイルスなどは検出されずに過剰な免疫反応が見られた時に脳症と診断されます。

1歳~5歳というと、熱性けいれんを起こしやすい年齢であり、この熱性けいれんと脳症が引き起こすけいれんの区別が非常に難しいです。

しかし、けいれんを起こしたからといって全て脳症というわけではないので安心して下さいね。

ここで、みなさんに一つお聞きしたいのですが、インフルエンザの高熱は、ウイルスによるものではないということは理解していますか?

1,2日の高熱は、自分の体を守る働きをする免疫系がウイルスを攻撃して、がんばっている証拠なんです。

子供が苦しそうだから解熱剤を使うと免疫系ががんばれなくて、ウイルスと戦う練習ができなくなってしまいますので要注意です。

子供が心配なのは、痛いほどわかりますがここは親御さんも我慢しなければいけません。

ただ3日以上高熱が続いたり、けいれんや異常行動が出た場合は話が別ですので、すぐに病院に行ってください。

先ほど話した免疫が誤作動をおこし、ウイルスと闘えという命令がたくさん出過ぎることで、脳がダメージを受け脳症の症状が出てしまいます。

つまり、インフルエンザ脳症というのは、ウイルスが直接脳を攻撃しているのではなく、ウイルスと戦う免疫系が過剰な反応を取ることによって脳にダメージを与えているのです。

主に見られる症状として、

・持続性のけいれん

・意識障害

・異常行動

この3つが特に多く現れます。

・持続性のけいれん

筋肉のこわばりや、ガクガクとした動きで、10分~15分以上続く場合や、何回も繰り返す場合は脳症の可能性が高いと考えられます。

短時間の場合は熱性けいれんの可能性も考えられます。

・意識障害

呼んでも返事をしない・痛みに反応しないというような状態のことを指します。

軽い意識障害の場合は、ぼーっとしているとかうとうとするなど、「寝ぼけ」と区別するのが少し難しいかなと思います。

この症状がどんどん悪化するようでしたら、危険ですので、病院に相談して下さい。

・異常行動

以下のようなものが挙げられます。

人を正しく判断できない!!

食べ物を区別できない!!

幻聴・幻覚を訴える!!

不明な言葉を発する!!

感情の浮き沈みが激しくなる!!

自分の子供がこのような症状が出てしまったら、落ち着いていられないと思いますが、あなたがパニックになってしまうと助かる命も助からないかもしれません。

今まで説明してきたような症状が現れたら、すぐに病院に相談してください。

脳症になるのはまれなケースですが、すぐに対処するという事が非常に大切ですので、すぐに対処できるように準備しておきましょう!!

あの「1発インフル薬」2週間で24億円売り上げ

産経新聞 提供 塩野義製薬が発売した抗インフルエンザ新薬「ゾフルーザ」。1回の服用で効果が期待できる

 塩野義製薬は9日、3月14日に発売したインフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」の売上高が、同月末までの約2週間で24億円に上ったと発表した。ゾフルーザは、錠剤を1回飲むだけで効果が期待できる新薬で、昨秋から今春にかけて、インフルエンザが大流行したこともあり、需要を伸ばした。同日の平成30年3月期の連結決算発表の会見で明らかにした。

以上

 独り言

 問題は、インフルエンザは「ウイルス兵器」ということであり、ウイルスは人為的にばら撒かれているという事である!!

 何十年も「インフルエンザ」進化しながら、定期的に表れて人々を襲い最近では人命を奪い去ってしまいます!!

 発生源、急激な進化等の諸々の諸条件を鑑みましても「ウイルス兵器」であるという事は明白であり、私たちは特定の者達により淘汰の憂目にあっているという事を自覚しなければいけません!!

 また何よりも「インフルエンザ」の発生する地域と患者を考えてください!!

 政界で

 財界で

 宗教界で

 官界で

 「インフルエンザ」が、大流行して機能が停止したことがありますか?

 「ペスト」や、「コレラ」は絶滅しましたが、「インフルエンザ」ゃ「エイズ」に代表される生物兵器は何故、絶滅しないで進化するのでしょうか?

 そうです人為的に想像されているからなのです!!

 私たちは、淘汰の嵐に晒されているという事を忘れてはなりません!!

 森羅万象には原理原則がありますが、今の社会には原理原則等は皆無なのです。

 科学技術の発達により、自然現象か、人工かの区別がつかない時代に成っています

世界の人口は、66億8000万人台

世界の人口は、1分に140人、1日で20万人、1年で8,000万人がふえています。

世界中で、1年に6,000万人が亡くなり、1億4,000万人が生まれているのです。

貧富の拡大、寒冷化、などの問題が山積みさせ資源の枯渇も近づき、表土と森が失われています。

そして世界では、一握りの者達により未曽有の現象が引き起こされて淘汰、崩壊への道を歩んでいます!!

紛争地の拡大(55ケ国)・食糧危機(75ケ国)・経済危機・エネルギー危機を故意に起こして、世界人類の目を欺き、その影で地震、台風、異常気象、ワクチン、ウィルス、細菌、医薬品、化学物質、遺伝子組み換え食品、電磁波、超音波、ケムトレイン、果ては放射能と日常生活にあらゆる有害物資を仕込んで、人類の淘汰を急激に進めています。水不足も、31ケ国で起こっています。

どうしますか?

クリックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

 

若返り希望FAX042-361-9202です。

 「癌患者」、「特定疾患」、「アトピー皮膚炎」の方に、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

  見者のネサンは楠の樹液から作ったソマチット製剤をガン患者に使ったところ、驚くべき治癒結果が出たのです。
 なんと、ガン患者1000人の内、750人(75%)の人が完治したのです。
 また、ガン以外のエイズやその他の病気にも、現代医学をはるかに凌ぐ改善結果が見られました。

   ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 「ソマチット」と「オルゴンシート」の組み合わせにより、癌細胞が消えてしまいます!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 

 

関連記事

カテゴリー