高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

風見鶏という異名で知られる中曽根康弘元首相死す!!

中曽根

風見鶏という異名で知られる中曽根康弘元首相死す!!

日本国内に54基原発を建設して、核ビジネスを始めた男!!

今月の29日が、中曽根康弘元首相100歳の誕生日であったが!!

風見鶏という異名で知られる中曽根康弘元首相は、死んでいたという!!

なぜ中曽根が風見鶏と言われるか?

(引用開始)

中曽根は「政界の風見鶏」と呼ばれた。

政界入りしたときから首相になることを目標としてきた彼は、権力の表舞台に立つためなら手段を選ばなかった。

まさに「変身・適応の人」である。

1947年改進党に入党した彼は、1955年の自民党結成後河野一郎(河野洋平前外相の父)派に属していた。

しかし河野の死後派閥を引き継いだ中曽根は、河野と対立していた佐藤栄作に取り入って初入閣を果たした。

その後「三角大福」(三木武夫、田中角栄、大平正芳、福田赳夫)の4人が自民党内で権力闘争を繰り広げた1970年代、中曽根は彼らの中で上手く立ち振る舞った。

時には田中・大平と、時には三木と、時には三木・福田と手を結ぶ相手を変え、中曽根は常に政治の表舞台にたった。

そして1982年最終的には田中の力で首相になった。

内閣発足当初は田中の意向に沿った内閣を組閣して「田中曽根内閣」と批判されたが、田中が病で倒れると田中を見限って独自の内閣を組閣した。

そして次世代のリーダー「安竹宮」(安部晋太郎、竹下登、宮沢喜一)を翻弄して1987年前首相の指名という形で竹下内閣を発足させた。

その後田中派を引き継いだ竹下派(経世会現在の橋本派 平成研究会)が数と金の力で自民党を支配するようになっても、経世会の実力者金丸信や竹下にひけを取ることなく、自らの影響力を保ちつづけた。

(引用終わり)

政治家にとって最大の目標は、首相になることであり、そのためには悪魔にでも魂を平然と売る!!

その典型的な男が中曽根康弘であった!!

中曽根の凄い所は1953年に訪米して、いち早くキッシンジャーの子分に政治家としての権力を手にした!!

自らアメリカの「踊り子」の道を選んだのである!!

最も、歴代の総理大臣はアメリカの「踊り子」にしかできない!!

古今東西、権力者の大半が「ホモ」という隠された事実があることをご存知ですかな?

クリックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

 

若返り希望FAX042-361-9202です。

 「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

  見者のネサンは楠の樹液から作ったソマチット製剤をガン患者に使ったところ、驚くべき治癒結果が出たのです。
 なんと、ガン患者1000人の内、750人(75%)の人が完治したのです。
 また、ガン以外のエイズやその他の病気にも、現代医学をはるかに凌ぐ改善結果が見られました。

   ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 「ソマチット」と「オルゴンシート」の組み合わせにより、癌細胞が消えてしまいます!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 

 

 

関連記事

カテゴリー