高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

サイレント兵器による攻撃で、この国は、巨大な迷路と化してしまった!!

抗がん剤

サイレント兵器による攻撃で、この国は、巨大な迷路と化してしまった!!

 日教組や中核による闘争が、日本国の屋台骨を揺るがして崩壊させようとしているが、安倍晋三が血税から掠め取った資金をばら撒けばすべてが納まるというのに、ばら撒かずに抵抗している様は、ボンクラ・・・。

 事もあろうか、何かを起こして国民の目をそらそうと画策していますぞ・・・!!

 南トラストあたりだろうか・・・。

 平和を愛する日本国国民の公正と信義を信頼して、われらの安全と生存を保持しようとしたが、日本国内に張り巡らされたネットワークと巧妙に仕掛けられた罠から逃れることは日本国民にとっては至難の業でしょう・・・。

 西を向いても、東を向いても「罠」、「罠」、「罠」ばかり、とうてい逃れることは出来ません・・・。

 そりゃあそうでしょう現行憲法をつくったのは、日本国ではありません占領米軍なのですからね!!

 大都市への焼夷弾爆撃で、木造の住宅を焼き尽くしたのは、無防備の市民を虐殺する戦時国際法違反であり、このような、歴史に悪名を残す「テロリスト国家アメリカ」が日本に押し付けた憲法は、「相手国の基本法を変更してはならない」という、国際法の精神にも違反しています。

 終戦により戦争は終わったかのように見えますが、じつはそれ以降も形を変えて戦争は続いているのですぞ・・・。

 多くのサイレント兵器を使って日本国民は、攻撃を受けています。

 

たとえば今は毎年、42万人以上の日本人がガンで死亡していることを知っていますか?

 癌にされてしまい死亡する日本人の、少なくとも 42万人は有害な「三大治療」によって死亡しています。

 放っておけば十年以上も生きられるというのに、癌の罹患者が侵襲の激しい抗がん剤の人体実験により、命を縮めているのですぞ・・・。

 4年間で168万人の死亡では、さきの第二次世界大戦での日本人非戦闘員の死亡者と大差ありません。

 「ガン」という一種類の病名だけで、42万人という大変な数の死者が出ていのです。。

 何故かって、それはな日本の医療も学会も、アメリカなどの連合国側に支配されているからなのです。

 それで、アメリカ国立がん研究所の所長が、

「三大治療は無効であるばかりか、有害である」

といった発言は、日本の学界やマスコミでは抹殺されてしまいました・・・。

 日本人の癌患者にはこのことは、全く知らされていません!!

 そして東京大学とか、その他の主だった医科学部のある教育研究、治療機関が、朝鮮系や同和系に支配されているのも日本人には知らされていません!!

 日本人殺害命令は、今も続けられており粛々と進められています!!

 またこのようなお話もあります!!

中国由来よりも恐ろしいPM2.5の発生源はタバコだった?

 気候が暖かくなると、いろんなものが風に乗って日本を襲います。

 特に4月から5月にかけて飛散量がピークを迎えるのがストロンチュームを拭くんだ黄砂と、PM2.5です。

 中国大陸から日本海を渡って飛んでくる微小粒子状物質のストロンチュームを拭くんだ黄砂と、PM2.5で、気付かぬうちに肺や血管に入り込み、健康長寿を謳歌していた日本人の寿命を極端に縮めています。

 ところが最近では、我々の敵は国内にもいるという事が分かったのです。

 国内産のPM2.5は、日本政府が愛してやまない「喫煙室」から湧いて出ているというのです。

 PM2.5といえば中国から飛来している「PM2.5」という化学物質であると皆さんは考えているようですが、そんなものはありません!!

 直径が2.5マイクロミリメートル(ミリメートルの1000分の1)以下の粒子を総称して「PM2.5」とよぶのです。

 安くて質の悪い石炭や練炭、ガソリンなどを使うことで生じる煤が大気中に大量に放出されて、はるばる日本まで飛んできて、これが人々の体内に入ると、色々な病気わ引き起こしてしまうのです。

 口や鼻から入り込んだPM2.5は、気管支や肺の奥まで侵入して、人体に甚大な被害を及ぼします。

・肺がんや喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)など呼吸系の病気を引き起こす。

・毛細血管から血流に紛れ込むと、循環器系にもダメージを与える。

タバコの煙を構成する微粒子は、PM2.5どころか0.1~1.5マイクロメートルと、さらに小さい。

 特に副流煙は、形ばかりの分煙では被害を防げないことが分かっています。

 喫茶店の喫煙席の1立方メートルあたりのPM2.5の濃度は最高で約800マイクログラムで、これは北京で最も濃度の高い日と同じレベルなのです。

 隣接する禁煙席でも70マイクログラムの数値が検出されました。

 喫煙席の10分の1程度とはいえ、これでも環境基準の2倍にあたる高濃度。

 日本の環境省がいうところの『外出を自粛するレベル』という事なのです。

 喫煙席と禁煙席が隣り合っていると、ドアの開け閉めや人の往来でPM2.5も一緒に漏れ出てくるという。

 しかも、単に空気に乗って流れてくるだけでなく、喫煙室にいた人の呼気や、衣服に付着して禁煙席に流出する「三次喫煙」の潜在的リスクを引き起こすと言います。

 日本が先進国?

 欧米では10年前に終わった議論のようです。

 飲食店で堂々とタバコが吸える国なんて、先進国では日本くらいのようです。

 専売公社が、政府が隠ぺいしているのです。

 抗がん剤と同じです・・・。

 新鮮な果物を食べることが、呼吸機能の維持に関与するという結果が出ています。

 特にりんごにおいて相関の度合いが高く、ジュースなどの加工品になると効果は薄れるというもので、ビタミンCやEなどの抗酸化物質の作用が影響しているものと見られます。

 同様に、魚の摂取量が多い人は、COPDの死亡率が低いというデーターもあます。

 ベーコン、ソーセージ、ハムなどの加工肉の摂取量が多い人は、COPDの発症リスクが高いという研究報告があります。

【サイレント兵器】

・スーパー、コンビニに氾濫する遺伝子組み換え食品や、化学物質汚染食品!!

・生活環境を包み込む人体に有害な電磁波!!

・福島第一原発どころか、日本国内45基の原発から漏れる有害な放射能!!

・放射能や、化学薬品に汚染された汚染土の海や、山への不法投棄!!

・天空を覆うケムトレイルや、PM2.5!!

・日本列島を汚染するPCBを筆頭に多くの化学薬品の垂れ流し!!

これだけサイレント兵器で攻撃されれば、日本国民は何らかの病気に成ってしまいます!!

 病気にならない方がおかしいでしょう・・・・。

 日本人は、医療という名のもとに攻撃されて虐殺されているのです!!

 何人死んだら気づくのであろうか・・・。

 平成元禄にうつつを抜かす無防備の日本人が狙われて「病気という名の殺害方法」により統治されているという事に誰も気づいていないのですから・・・・。

 

クリックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

 

若返り希望FAX042-361-9202です。

 「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

  見者のネサンは楠の樹液から作ったソマチット製剤をガン患者に使ったところ、驚くべき治癒結果が出たのです。
 なんと、ガン患者1000人の内、750人(75%)の人が完治したのです。
 また、ガン以外のエイズやその他の病気にも、現代医学をはるかに凌ぐ改善結果が見られました。

   ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 「ソマチット」と「オルゴンシート」の組み合わせにより、癌細胞が消えてしまいます!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 

 

関連記事

カテゴリー