高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

財務省の福田淳一事務次官(4月18日に本職を辞任)は、ハニートラップに引っかかった!!

女性記者13

財務省の福田淳一事務次官(4月18日に本職を辞任)は、ハニートラップに引っかかった!!

 まんまとマスコミの仕掛けた罠にはまり、餌食と成ってしまった財務省の福田は淳一事務次官は、エリート官僚であった!!

 恥ずべきは「ハニートラップ」を仕掛けた女性記者である!!

※ハニートラップ【honey trap】とは。

《甘い罠の意》機密情報などを得る目的で、スパイが色仕掛けで対象(外交官や政治家・軍関係者など)を誘惑したり、弱みを握って脅迫したりする、諜報活動のこと。

元々は主に女性のスパイが対象とする男性を誘惑し、いろいろなことをやって弱みを掴んで脅すなどして、機密情報などを得るような作戦の意味として使われていたようです。
本気で惚れさせて、何でも言うことを聞くようにして利用するということもあります。

「ハニー(Honey)」は「はちみつ、甘い」、
「トラップ(Trap)」は「罠(わな)」という意味。

「ハニートラップを仕掛ける」
男の性、昔からある伝統的なトラップです<ハニートラップの意味>

これは、
「甘い罠」
という意味で、
「女性が色気を使い男を利用する(罠にかける)」
という意味で使われます。

「色仕掛け」とも言いますね。

<ハニートラップの使い方>

・ハニートラップに引っかかってしまった。
・美人捜査員がハニートラップの役目に抜擢された。
・弱みを得るためにハニートラップを仕掛ける。

ちなみに、男が女を罠にかける「結婚詐欺」もハニートラップです。
本当、美味しい話は気をつけよう。

現実的に美人が寄ってくるはずがないのですからね!!

 投資詐欺師の中に「ハニートラップ」に引っ掛けて、仲間に引き入れて配下を作っているTCという女が有名です。

天下のマスコミにも「女使ってネタを取れ」という強者の先輩女性記者も多数います!!

ダネを狙うマスコミの体質は、そのまま女性記者を使った「ハニートラップ」に繋がっています。

実際に、むさくるしい男性記者がインタビューするよりも美人記者がインタビューしたほうが、意外な記事が取れると言っているマスコミ関係者は多数います。

ということで各省庁に派遣されている各マスコミの女性記者たちは「美人」ばかりです!!

 こうした使命のもとに派遣された美人記者たちは、何とか上司の期待に応えようとインタビュー対象者に対して必要以上に親密に接しますので、インタビュー側の人間もついついガードを下げてしまい簡単に「ハニートラップ」に引っかかってしまうのです。

 余談ですが、この「ハニートラップ」に引っかかり親密に成ってしまい公私混同の結果、結婚してしまう事例が多発しているのがスポーツ選手とマスコミの女性記者です。

 女性記者が特ダネを取る為に容易に身体を張るのは、強者の先輩女性記者の手練手管の賜物と言わざるを得ません。

 新人記者が、有名な先輩女性記者から・・・

「女の武器を使ってネタを取れ!!」

と叱咤激励されて、いきなり有名選手の番記者に大抜擢されてしまったら「電車道」でしょう。

※手練手管とは。

意味や解説。思うままに人を操りだます方法や技術のこと。

あの手この手と、巧みに人をだます手段や方法。

 「手練」「手管」は、ともに人をだます手段や技術のこと。

同義語を重ねて強調した言葉。

もとは遊女が客を 自分に溺れさせて通わせるときに使います。

 財務省の福田淳一事務次官(4月18日に本職を辞任)による、テレビ朝日の女性記者へのセクハラ問題。

現場の声・森聖子

これはマスコミの悪しき体質が生んだものと言っても過言じゃない。

会社として、女好きの大物にはあえて『セクハラ耐性』がある女性記者をつけるマスコミは、多数あります。

記者界隈では、そういう女性記者のことを『くノ一(くのいち。女忍者の意)』と呼んだりします。

男性記者が何年もかけて地道に入手するような極秘情報を、新人の若い女性記者がいとも簡単に、サラリととってくることが結構あります。

男性記者は悔しいからそう呼んで揶揄しているんですよ。

一社だけが担当に男をつけていたら、特落ち(他社が報じているのに自分の会社だけが報じていないこと)してしまいます。

女を使って取材する手法に辟易としている女性記者も沢山いますが、うんざりしているようですが、堂々と「ハニートラップ」使い成果を上げて会社に貢献する女性記者も沢山いることは確かな事なのです!!

 そんな状況に対して、某新聞社社会部の女性記者Bさんは・・・

「くノ一と馬鹿にされるのは本当に腹立たしい」

と露骨に怒る女性記者・・・。

しかし、今回のテレ朝の彼女は財務省の福田淳一事務次官と1対1で食事する機会をつくったのは大手柄です。

ネタをバンバン取ってくる女性記者は、誰よりもまじめに取材をしている人ばかりです。

それを何度も繰り返していたとは、相当の努力があってのことだと思います。

そうやって女性だからと決め付けて嫉妬する一部の男性記者の卑しさにうんざりします。

 今は東京の経済部で働く女性記者Cさんも、駆け出しの地方支局時代、女だからというだけで悔しい目に遭ったそう。

地道に取材を重ねて小さなスクープ記事を書いたのですが、数日後には

『あいつは女を使ってネタを取った』

と、同僚の男性に言いふらされました。

本当に辛くて、取材していた警察署のトイレに駆け込み、しばらくそこで泣きました。

女性記者は女性記者で、取材先にちょっと近づいただけでハニートラップだと警戒されたり、男性記者のように一緒にサウナや銭湯に入りこむことができないんです。

本来、そんなに差はないはずだと私は思っています。

 一方で、実際に女をモロに使う女性記者がいることも事実です。

男性にやられたセクハラの話を自慢げに支局で披露していた女性記者の話を聞いたときは、

『この人強いなぁ』

と思いながらも、セクハラの話を自慢げ話している女性記者を軽蔑しました。

女性側も一枚岩ではないことを明かす。

「セクハラは我慢」

が当たり前の世界?

相談できる先輩がいない…!!

  ロールモデルとなるべき先輩女性記者が、女の武器を使って取材する“くノ一文化”に加担しているケースも少なくありません!!

地方での勤務が長かったという女性記者Dさんは次のように嘆く。

会社では『女性記者向けの研修』を若手を対象に開いていますが、内容は仕事と家庭の両立のことばかり。

そもそも両立の話だったらむしろ『男性記者に聞かせろよ』と思うのですが……。

セクハラのことはほんの少しだけ、『なんかあったら相談してね』と。

そもそも講師として来ているバリキャリ先輩女性記者が女を武器にネタをとってきたような人だし、

『そんなこと我慢して当然だろ』

っていうことなのでしょうか・・・。

 セクハラに対する認識は同じ女性でも世代間によって捉え方に多かれ少なかれ差がある。

男性と同等に仕事をする道筋をつくってきた団塊ジュニア世代より上の世代のキャリア

女性たちにとって、セクハラはあって当たり前で、耐えるしかないものだった。

だから、どこか根性論で乗り越えようとする向きがある。

でも、もうそんな時代ではないのだ。

 それでも「くノ一」になる女性記者が後を絶えないのは、日本がまだまだ男性中心の社会であることを表している。

経済界、政界、官僚、捜査機関、いずれにおいても重要なポストは男性が占めているのが現状だ。

 くノ一の意味がなくなるほど、権力の中枢で男女平等が進めばいいのだろうが、「ジェンダー後進国」として名高い日本にその日はいつ訪れるのだろうか・・・・。

以上

日本新聞労働組合連合(新聞労連)

日本新聞労働組合連合(新聞労連)の全国女性集会が21日、東京都内で開かれた。

財務省のセクハラ発言疑惑を受けて被害の実態や改善策を語り合い、テレビ朝日の女性記者に「勇気ある行動。感謝したい」とのエールが相次いだ。

 毎日新聞 新聞労連の全国女性集会に参加し、セクハラ問題について話し合う女性記者たち

 参加者は「取材先からキスを強要された」など被害を報告。

「セクハラは日常的で感覚がまひしていた」「記者として認められなければというプレッシャーがある。

セクハラも業務の一環とすら思いこんでいた」と悲痛な思いを語った。

 メディア自身が組織的な対応を怠ってきたことも問題視。

多くの女性記者が「我慢し黙認してきたことが最悪の結果を生んだ」と自責の念を口にした。

全国紙の記者(45)は「人権侵害だという報道指針や、根絶に向けた業界としての姿勢を示すべきだ」と強調。

小林基秀中央執行委員長は「女性記者の生の声に改めてショックを受けた。

マスコミも男性中心の組織文化を変えるときだ」と訴えた。

以上

 しかし、今回のテレ朝の彼女は財務省の福田淳一事務次官と1対1で食事する機会をつくった上に、誘導してセクハラ用語を福田淳一事務次官から引き出して録音するなんぞは「くノ一」としては大手柄中の大手柄ですが・・・。

 財務省の福田淳一事務次官と1対1で食事するまでに至った経過について知りたいものです!!

 財務省の福田淳一事務次官ともあろうものが、よりによって担当女性記者と1対1で食事する機会を作るだろうか?

 もし仮にあるとしたら、福田淳一事務次官が担当女性記者と1対1で食事してもいいと思うような事があったと推定されます・・・。

 また女性記者も、福田淳一事務次官の担当女性記者でなるのであれば1対1で食事することが何を意味するのか承知していると思慮します!!

 つまり、この福田淳一事務次官の担当女性記者はという事なのです!!

 この「必殺仕掛け人」に、まんまと引っかかった福田淳一事務次官も事務官ですが、このような卑劣な行為を仕掛けるマスコミもマスコミです!!

 しかし、人間としては最低な奴ですな!!

 ネタをバンバン取ってくる女性記者は、誰よりもまじめに取材をしている人ばかりです。

 それを何度も繰り返していたとは、相当の努力があってのことだと思います。

 そうやって女性だからと決め付けて嫉妬する一部の男性記者の卑しさにうんざりしますが、それを実行する女性記者にもうんざりしますな!!

 芸能界では「枕営業」が、もてはやされ・・・ついには政財界、マスコミまでもが汚染されてしまっていますか・・・・。 

クリックして応援を宜しくお願いします!!

クリックして応援を宜しくお願いします!! 

 

1.「ソマチット農法」をお考えの方ソマチットを提供します。

 土壌の化学物質や、放射能を分解して生産が1.5~2倍に成りますし、完全無農薬のソマチット野菜や、コメが収穫できます。

2.投資情報は、事務局にお問い合わせください。

  政界中枢の話を元に、金融商品の動きが分かる!!

  最新の情報を元に分析した急騰銘柄を会員に提供!!

3.「10年若返りモニター募集」 

身体の不具合や、皺、シミ、ソバカスを綺麗に取り除きます!!

FAX042-361-9202まで、住所・氏名・年齢・TELを記入してお申し込みください。

3.癌患者・特定疾患・成人病の完治癒します!!

海外に「大麻治療クリニック」を用意しました現在30室しかありませんので、増設を急ぎます。

移住ご希望の方にも、新天地をご紹介します!!

大麻が解禁されますと、300位の病気が治ってしまいます!! しかも副作用はありません!!

 1.2.3.のお問い合わせや、お申し込みは、サムハラ会 FAX042-361-9202まで・・・。 

 

 「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

  賢者のネサンは楠の樹液から作ったソマチット製剤をガン患者に使ったところ、驚くべき治癒結果が出たのです。
 なんと、ガン患者1000人の内、750人(75%)の人が完治したのです。
 また、ガン以外のエイズやその他の病気にも、現代医学をはるかに凌ぐ改善結果が見られました。

   ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 「ソマチット」と「オルゴンシート」の組み合わせにより、癌細胞が消えてしまいます!!

 ソマチットは、即効性はありませんので、最低3ケ月はお飲みください!!

お申し込みは、サムハラ会 FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

 

 

 

関連記事

カテゴリー