高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

激増する「孤独死」!!一人暮らしの貴方も他人事ではありません!!

悪魔4

激増する「孤独死」!!一人暮らしの貴方も他人事ではありません!!

都内の孤独死は

 15歳~64歳まで2,161人。

 65歳以上が、5,219人。

しかも、男性は女性の2倍が「孤独死」をしています。

 全国の単身孤独死は、64,000人ですがこの内の10%が死後1ケ月以上発見されていません。

 「孤独死の予兆」

貴方が孤独感にさいなまれるように成りますと

1.日常の身の回りのことが、面倒になる。

2.流し台が荒いものでいっぱいに成る。

3.歯磨きの回数が減る。

4.入浴の回数が減る。

5.女性は、化粧がおっくうになる。

6.洗濯も面倒になる。

7.同じ服を着用し続ける。

8.シャツのボタンが取れていても、気にしなくなる。

9.掃除もしなくなってしまう。

 

ここからの症状があれば、いよいよご臨終です。

10.健康診断で身体に異常が指摘されても病院に行かない。

11.食事が、不規則になる。

12.時間の観念がなくなる。

13.運動をしなくなる。

14.テレビの前から動かなくなる。

15.昼寝の時間が長くなる。

孤独死とは、明確な定義はありませんが、一般的には

「自室内で、誰にも看取られず孤独のまま死亡すること」

と解釈されています。

多くの場合、第三者や身内の方に発見されるまで、しばらく期間が経過しているケースが多いです。

孤独死の法的な定義がないため、警察の死因統計上では「変死」という扱いになり、行政においては「孤立死」という言葉で表現される。

孤独死する方の多くは一人暮らしのお年寄りです。

高齢者の孤独死の件数が増えている背景には「高齢化社会」と「核家族化」、「社会からの孤立」といった社会問題があります。

現在日本では、年間の死亡者数約125万人のうち約3万人がこの孤独死の状態で発見されていますが、今後この比率はさらに増加していくことが予想されています。

 

孤独死しやすい人の3つの特徴

孤独死は、身寄りがなく、地域や社会とのつながりを持たない独居老人に起こること、というイメージをよく持たれます。

事実、孤独死の発生件数は60代、70代がピークとなっています。

ただし、孤独死は高齢者にだけみられる訳ではありません。

若い世代の孤独死や、病気や貧困を抱える親子が社会から孤立した状態で死を迎えるケースもみられます。

また、50代半ば以降の男性の孤独死は、女性に比べ圧倒的に多い傾向があります。

1.家事の苦手な中高年男性

かつて企業戦士という言葉も生まれた時代に働き盛りだった中高年の男性は、料理や掃除など家事全般を苦手とする傾向が強いです。

そのため、妻との離婚や別居、死別した際に、栄養状態や住居の衛生環境が悪化し、生活の質が低下しがちです。

不健康で食事もろくに食べられないにも関わらず、助けを求めることができず孤独死してしまう男性は多いです。

今後、すでに還暦を迎えた団塊世代が定年退職し、熟年離婚を経験したり、年老いていくにつれ、さらに深刻な社会問題化することが懸念されます。

2.人付き合いが苦手で社会から孤立しがちな人

男性の孤独死が女性に比べて多い理由として、男性の方が女性よりもコミュニケーションが苦手な人が多いことも挙げられます。

男性は、退職や失業により社会との接点が減ったうえに、地域コミュニティへの参加を拒否するケースも多く、その分地域でも孤立しやすいです。

孤立してしまうと、トラブルが発生した際に、助けを求めたり、発見してもらえるチャンスが減り、そのまま亡くなる確率が高くなります。

3. 病気や貧困を抱え暮らし向きが悪い人

不景気による会社の倒産や、リストラによる人生設計の思いがけない崩壊、年金受給年齢の引き上げなどは、金銭的な苦労を生み出します。

経済的余裕がないために楽しみがもてない日常生活や、定年後の突然の熟年離婚で、金銭、伴侶を一気に喪失することも孤独死につながる要因のひとつと考えられています

また、男女問わず、健康状態が良くないにもかかわらず頼れる人がなく、1人家でこもってしまう人も孤立しやすい人と言えます。

近頃、孤独死が増えている理由

孤独死が増加している大きな原因として、

「近所や地域の付き合いが希薄な社会になったこと」、

さらに

「核家族化によって、子どもと世帯をともにしない高齢者が増えていること」が考えられます。

一人暮らしの高齢者の6割以上は、日常生活の中で近所付き合いがほとんどありません。

金銭的余裕が逼迫しても、健康に不安を抱えている状態でも、困った時に頼れる人がいない高齢者は多いです。

生活保護の審査基準が高いため、自治体からも思うように支援が受けられず、結果として行政からも見放された状態の中、衰弱のうえ孤独な状態で人知れず亡くなっていることもあります。

また、結婚せずにいつまでも親と同居し、生活の多くを親に依存する、いわゆる”パラサイト・シングル”の増加と中高年化も、将来の独居老人増加の原因になりうると危惧されています。

かつてパラサイト・シングルという言葉が生まれた当時の若者は現在30後半~40代を迎えています。

ニートやフリーター、引きこもりであることも多い彼らが、親を亡くしたあとに社会復帰して仕事を得たり、結婚して配偶者を得たりというのは容易ではありません。

孤独死を予防する対策方法

高齢者の孤立、孤独死を防ぐための政策は早急に望まれています 

  • 新聞や郵便物の配達員が、配達物の溜まりぐあいによって安否確認をする
  • 電気や水道、ガスの使用状況から生活状況を把握する
  • 人の動きに反応する人感センサーを家の中に設置し、家の中での活動状況を把握する
  • 民生委員や自治体の職員が家庭訪問をする。

私たちを取り巻く環境は、ますます劣悪に成っており「孤独死」が激増するものと考えられます。

 

クリックして応援を宜しくお願いします!!

クリックして応援を宜しくお願いします!! 

 

1.投資情報は、事務局にお問い合わせください。

  政界中枢の話を元に、金融商品の動きが分かる!!

  最新の情報を元に分析した急騰銘柄を会員に提供!!

 10倍株・・・ナビタス(6276)・ファーマフーズ(6835)

2.超能力者養成通信講座・・・¥30,000円。

  超能力指導書1冊・超能力シール6種類。

  即日、誰でも物質返還の3つの超能力が使えるように成ります。

  そうです参加者全員が、「超能力者」に成っています!!

3.癌患者・特定疾患・成人病の方治癒します!!…20名

  1.2.3のお申し込みは、サムハラ会 FAX042-361-9202まで・・・。

 

 「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

  賢者のネサンは楠の樹液から作ったソマチット製剤をガン患者に使ったところ、驚くべき治癒結果が出たのです。
 なんと、ガン患者1000人の内、750人(75%)の人が完治したのです。
 また、ガン以外のエイズやその他の病気にも、現代医学をはるかに凌ぐ改善結果が見られました。

   ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 「ソマチット」と「オルゴンシート」の組み合わせにより、癌細胞が消えてしまいます!!

お申し込みは、サムハラ会 FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

 

 

関連記事

カテゴリー