高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

仮想通貨に翻弄された者達には、課税地獄が待っている!!

コイン10

仮想通貨に翻弄された者達には、課税地獄が待っている!!

 監督官庁の金融庁が仮想通貨交換業者を処分し、国税が課税し業者は破綻してしまう!!

 猫も杓子もが「仮想通貨」の高騰に、踊りに踊らされて「ババ」を引いてしまった・・・。

 最も僅か1年で500倍以上に高騰した「仮想通貨」もあり、投資家たちは一様に歓喜したが各国の規制や「コインチェック」の580億円窃盗事件により、大暴落をしてしまいました。

 こうした中で、国税庁は・・・

「仮想通貨の売却益は、雑所得とする」

との見解を発表していますので、原則20万円以上の売却益を得た投資家は確定申告をしなければなりません。

 仮想通貨は、金融商品ではありませんので累進課税が適用され所得税4,000万円に対しては、45%と住民税10%が課されます。

 1億円の利益には、55%が課税されて調整後に5,000万の納税となります。

 利益を出した者達には、誰一人漏れることなく一律に課税されてしまいます・・・。

 逃避資産も、絶対に見逃すことはありません・・・。

 国税を甘く見てはいけませんぞ・・・「投資詐欺団」の皆さん!!

  利益を社員からノ借り入れにしていた馬鹿な「投資詐欺師」もいます。

仮想通貨業者に一斉処分、「新産業の旗手」のお粗末すぎる実態

ダイヤモンド・オンライン

 コインチェックの和田晃一良社長(左)と大塚雄介最高執行責任者

「2018年3月8日」は仮想通貨業界の歴史の中で、重大な転換点の一つとして記されるだろう。

監督官庁の金融庁が仮想通貨交換業者7社を一斉に行政処分。

そのうち2社には業務停止命令を下した。そこで明らかになったのは、新産業の旗手として期待された企業たちのあまりにお粗末な実態だった。

仮想通貨の業界全体に不信感監督官庁の金融庁が動き出す

 顧客資産の私的流用、不正取引の看過、システム障害の頻発、顧客への情報開示における不適切な状況――。

 これまで謎に包まれてきた仮想通貨交換業者のビジネスの実態が明るみに出た。それは、想像以上にお粗末な世界が広がる“パンドラの箱”が開いた瞬間だった。

 仮想通貨の販売や売買の仲介をなりわいとする仮想通貨交換業者は、日本の新たな成長産業の有望株として期待されてきた仮想通貨業界の旗手だった。

 ただ、彼らは財務諸表や経営管理体制などの情報開示がほとんどない、まったく新しい産業のベンチャー企業たち。そのため、利用者としては大事な自分の資産をどの交換業者に預けるべきかを考える際に、参考になる情報が限られてきた。

 ところが、交換業者の中で急激な台頭をみせていたコインチェックにおいて、当時の交換レートで約580億円相当もの仮想通貨「NEM(ネム)」が不正に流出する事件が発生。この一件を受けて仮想通貨の業界全体に不信感が募り、利用者の間にも不安が広がった結果、監督官庁である金融庁が動き出した。

 金融庁は仮想通貨交換業者に登録制を導入しており、その審査において、交換業者が自身と顧客の資産を分別管理できているかどうかや、反社会的勢力やテロ資金への資金流出に対する防止態勢の整備状況といった項目をチェックしてきた。

 そして、登録申請はしているものの審査をまだ合格できていない「みなし業者」全社に対して、立ち入り検査を実施すると表明。また、審査をパスした「登録済み」の交換業者の一部にも立ち入り検査に入った。

 3月8日、その時点で実施できた検査の結果を受けて、金融庁は仮想通貨交換業者7社に対して一斉に行政処分を発表。その中には、登録交換業者であるテックビューロとGMOコインの2社も含まれていた。さらに、みなし業者のFSHOとビットステーションの2社に対しては、1ヵ月間の業務停止命令という、より重い処分が下された。

 FSHOは、複数回にわたる高額な仮想通貨の売買において、登録業者に義務付けられている取引時確認などを行っておらず、犯罪資金への流出防止態勢に失格の烙印を押された。

 もう1社のビットステーションに至ってはさらにお粗末。同社の100%株主である経営企画部長が、利用者から預かった仮想通貨のビットコインを私的流用していたことが、金融庁の立ち入り検査によって判明したのだ。

 金融庁は同社に対して刑事告発の指示をしたという。

処分発表時点でビットステーションは刑事告発をしていない。

 これまで、利用者が仮想通貨交換所を選ぶ際の安心・安全に関する有力な判断材料は、金融庁の登録済みか否か以外にないといっていい状況だった。ところが、金融庁がお墨付きを出したはずの登録交換業者でも安心できず、みなし業者に至っては目も当てられない惨状が広がっていることが明るみに出たというわけだ。

創業6年目にして460億円を払えるカラクリが明らかに

 同じ3月8日、この日の「本当の主役」がしばしの沈黙を破って表舞台に登場した。金融庁が腰を上げるきっかけをつくったコインチェックが記者会見に臨んだのだ。

 この日、1月末に続いて金融庁から二度目の業務改善命令を受けたコインチェックは、NEMの不正流出事件に関する調査結果を報告。

これまで時期を未定としていた被害者に対する補償についても今週中を目処に実施するとした(実際に3月12日に補償の実施を発表)。

 さらに、サービス再開と今後の事業継続への意志をあらためて表明。それに向けたセキュリティー対策などの取り組みを発表した。

 会見時の焦点は大きく二つ。

 一つは、コインチェックの利用者保護に対する姿勢だ。

3月の行政処分の中で同社は、昨秋以降の急激な業容拡大に対して、内部管理態勢が追い付いていなかったと指摘を受けた。

さらに、「取締役会において顧客保護とリスク管理を経営上の最重要課題と位置付けておらず、経営陣の顧客保護の認識が不十分なまま、業容拡大を優先させた」と断罪されている。

 もう一点は、コインチェックのビジネスモデルについてだ。

問題発生当初から、創業6年目のベンチャー企業が補償額として表明した約460億円もの巨額資金を本当に払えるのかという疑念が付いて回っていたが、その支払い原資が確かにあることは金融庁も確認したという。

そのカラクリはコインチェックの脅威の収益力だ。

 コインチェックのビジネスモデルは2本柱で成り立っている。

 一つは、利用者同士が売買する場を提供する「取引所」事業。

こちらは取引量の約8割を占めるが、手数料は取っていないという。

 もう一つは、コインチェックが自ら仮想通貨を仕入れ、利用者に売るという「販売所」事業だ。

そして、この残り約2割の取引量を占める事業で得てきた利ざや(スプレッド)こそが、ベンチャー企業にして巨額資金の蓄積を可能にした“魔法の杖”だったのだ。

 利用者の取引ニーズをつかみ、超高収益な事業をスピーディーに立ち上げたコインチェック経営陣のビジネスセンスは確かだったかもしれない。

ただ、そのビジネスは利用者保護との“二人三脚”が必須であることを見落とした点は決定的な過ちを犯したと言わざるを得ないだろう。

 金融庁はこれまで、仮想通貨を含むフィンテック(金融とテクノロジーの融合)に関して、利用者保護と産業育成のバランスを取りながら行政方針を考える必要があると指摘していた。そして、コインチェック事件を受けても「一方的に規制強化をする方針に転換したわけではない」(金融庁)と語っている。

 しかし、過度な“振れ幅”は避けるべきだが、利用者保護の観点から現実にここまで問題が起きている以上、「バランス」の再検討は必要だろう。

実際に一連の問題噴出を受けて、仮想通貨交換業者の登録審査は厳格化。それを受けて、今回業務停止命令を受けたビットステーションと、ビットエクスプレス、来夢のみなし業者3社は、登録申請を取り下げることを金融庁に申し出たという。

 仮想通貨業界を襲った「3.8ショック」。

しかし、それは業界“浄化”の号砲に過ぎない。

本当に価値ある新たな産業を「創造」するためには避けて通れない「破壊」が、これから本格化していくはずだ。

以上

現在、発行されています「仮想通貨」には明確な発行母体がありません。

酷い仮想通貨には、福岡県に在住する新聞配達店が発行した者もありますが換金不能と成り頓挫していますが、発行当初は金が入りますので「豪遊」していたと言います・・・。

勿論、今はスッカラカンですから開き直っているようです・・・。

「仮想通貨」の恐ろしさはここにあります。

誰にでも発行出来て、責任の所在も問えないのです「仮想通貨」ですから・・・。

 これからの「仮想通貨」に必要な要素は、運営母体がしっかりしているという事が必須条件と成るだろう。

 その意味では、「ACDコイン」が今、業界では注目されています!!

 発行元が、しっかりしている「仮想通貨」を選ぶことです!!

クリックして応援を宜しくお願いします!!

クリックして応援を宜しくお願いします!!

   

 

1.投資情報は、事務局にお問い合わせください。

  政界中枢の話を元に、金融商品の動きが分かる!!

  最新の情報を元に分析した急騰銘柄を会員に提供!!

2.超能力者養成通信講座・・・¥30,000円

  超能力指導書1冊・超能力シール6種類。

  即日、誰でも物質返還の3つの超能力が使えるように成ります。

  そうです参加者全員が、「超能力者」に成っています!!

3.癌患者・特定疾患・成人病の方治癒します!!…20名

   1.2.3のお申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・。

 

 「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

  賢者のネサンは楠の樹液から作ったソマチット製剤をガン患者に使ったところ、驚くべき治癒結果が出たのです。
 なんと、ガン患者1000人の内、750人(75%)の人が完治したのです。
 また、ガン以外のエイズやその他の病気にも、現代医学をはるかに凌ぐ改善結果が見られました。

   ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 「ソマチット」と「オルゴンシート」の組み合わせにより、癌細胞が消えてしまいます!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

 

関連記事

カテゴリー