高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

4月に施行されるの種子法廃止により、日本の家の庭食卓は毒されてしまう!!

食料危機5

4月に施行されるの種子法廃止により、日本の家の庭食卓は毒されてしまう!!

 食の安全が叫ばれて久しいが、国民にとって有益な法律が次々と失われていく!!

 長野県に続く県が表れるることを待つばかりである!!

種子供給 仕組み堅持 県が種子法廃止控え方針  

 稲や麦、大豆の種子の生産・普及を都道府県に義務付ける主要農作物種子法(種子法)が3月末で廃止されることを受け、県農政部は、県などがこれまでと同様の役割を果たすことを規定した基本要綱を作る方針を固めた。
 4月に施行する。
 種子法廃止後も、優良な種子を生産農家へ安定的に供給していくことを明確化する狙い。
 同部は「これまでの種子供給のシステムを堅持し、必要な予算の確保に努めていく」としている。

 種子法の廃止については、県が優良な種子を安定供給するための予算を計上する根拠法がなくなることなどを理由に、現場の農家や専門家から不安視する声が上がっていた。

 これに対し、県農政部は開会中の2月定例県会の一般質問でも「優良な種子の安定供給は極めて重要」として、従来の生産供給システムを守る姿勢を示していた。

 これまで県は種子法に基づき、県内の気候や需要に合った品種を「奨励品種」に選び、品質を管理しながら優良な種子を育成、供給してきた。

 例えばコメでは、県農業試験場(須坂市)が種もみの元になる原種を作るための原原種を生産し、県原種センター(本部・長野市)が原種を生産。県が農協と種もみ生産の契約を結び、農協が採種農家に生産を依頼している。

 県原種センターは一般社団法人で、県と市町村、農協グループなどが出資して1987年に設立。原種の生産や種子の需給調整などを担っている。

 新しく作る基本要綱は、種子法の内容を引き継ぎ、県が原原種を生産し、県原種センターが原種を生産、農業改良普及センターが種子の発芽率などの品質を審査することを明記。

 県農政部は、種子法の対象外となっているソバの種子の供給・普及についても基本要綱に盛り込み、県などの役割を定める予定だ。

 県は2018年度当初予算案に、種子を安定供給する事業費として前年度比1%増の1355万円を盛った。

以上
 これからは長野県産だなあ・・・・。

クックして応援を宜しくお願いします!!

クリックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

 

1.投資情報は、事務局にお問い合わせください。

2.超能力者養成通信講座・・・¥30,000円…20名

  超能力指導書1冊・超能力シール6種類。

  即日、誰でも物質返還の3つの超能力が使えるように成ります。

  そうですあり得ないことが、参加者全員に起こっています。

3.癌患者・特定疾患・成人病の方治癒します!!…20名

   1.2.3のお申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・。

 

 「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

  賢者のネサンは楠の樹液から作ったソマチット製剤をガン患者に使ったところ、驚くべき治癒結果が出たのです。
 なんと、ガン患者1000人の内、750人(75%)の人が完治したのです。
 また、ガン以外のエイズやその他の病気にも、現代医学をはるかに凌ぐ改善結果が見られました。

   ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 「ソマチット」と「オルゴンシート」の組み合わせにより、癌細胞が消えてしまいます!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

 

 

関連記事

カテゴリー