高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

アメリカが、北朝鮮を攻撃すれば日本も出撃しなければならない!!

自衛隊イージス艦

アメリカが、北朝鮮を攻撃すれば日本も出撃しなければならない!!

陸海空の自衛隊は、北朝鮮攻撃の米日韓連合軍に組み込まれている!!

米軍の北朝鮮攻撃は「作戦計画5030」が、実施されています!!

そう米軍による北朝鮮攻撃は、始まっています!!

まず危険球スレスレのボールが飛んでくる

戦力で圧倒する米国が北朝鮮に先制攻撃をすれば、短期間のうちに決着がつくのではとの日本政府の見立てではあるが、北朝鮮にはゲリラ戦を想定した地下壕が国土全体に縦横無尽に構築されており、長期戦に成ることは必定である。

長期戦と成ればアメリカ国内はもちろんの事、日本国内でもテロが勃発して甚大な被害を受けてしまいます。

既に北朝鮮の特殊部隊は、アメリカ国内(5万人)にも日本国内(10万人)にも侵入しており、憂慮する事態と成ることは必定です。

しかし実際には、アメリカは戦争するだけの経済力がなく現在威嚇行動を繰返しているが、その費用は全て日本政府が負担しているという有様なのです。

この戦争一歩手前の状態が長引くと、日本にとっては悪夢のような「戦争ポーズ」のシナリオのスポンサーにされてしまいます。

今回、現在の日本の言論空間で取り沙汰されているような机上の空論を脱し、トランプ政権が実際に選択しうる戦争への道筋を検証してみよう。

トランプ政権が先制攻撃をどのように実施するのか。

トランプ政権誕生以前につくられた米国の作戦計画がある作戦は、

「空爆」

「兵糧攻め」

「占領」

の3つに大きく分ける。

米国が先制攻撃する第1の作戦は「作戦計画5026」であろう。

・核施設

・大量破壊兵器

・主要軍事拠点

等の700以上の目標を一斉に数日間で空爆するものだ。

トランプ政権は、おそらくこの計画をブラッシュアップした案を検討しているはず。

実行する際は、

・グアムへの航空戦力の増派

・在韓米軍の航空・地上部隊の強化、

・空母打撃群およびトマホーク装備艦艇

のさらなる展開が実行されることが予測される。

第2の計画は、少し風変わりなものだ。

2003年にブッシュ政権が策定した「作戦計画5030」では、

北朝鮮に対し、繰り返し挑発的な偵察飛行や軍事演習を仕掛けることで、翻弄し、彼らの兵員・燃料・食料・物資・装備を損耗させ、情報戦なども組み合わせることで北朝鮮の政変なり崩壊を誘発させようというのだ。

現在トランプが北朝鮮に行っている作戦であるが、こんな作戦で崩壊するような北朝鮮ではない!!

この作戦は比較的リスクが少ないので、サイバー攻撃と組み合わせて実行しているようです。

これらの作戦等に対し、北朝鮮が報復してきた場合に発動されるのが、「作戦計画5027」である。

これは朝鮮戦争以来、幾度も改訂され、昨年も更新されている計画である。

一言でいえば、北朝鮮の侵略を打破し、圧倒的な軍事力を背景に、一気に地上戦で占領するものだが、この作戦は使えない。

何十万人の米兵を朝鮮半島に上陸させて北朝鮮軍の掃討をしようとしても、奴らは国内の網の目のように張り巡らした深さ50m~500mの地下壕を利用して、モグラたたきのモグラのようにあっちこっちに出現して米軍にゲリラ攻撃を仕掛けることでしょう。

つまり、この北朝鮮の「ゲリラ攻撃」により、「ベトナム戦争」以上の兵を失ってしまいますので、このような暴挙は起こさないでしょう。

すなわち米国が先制攻撃する第1の作戦は「作戦計画5026」である。

・核施設

・大量破壊兵器

・主要軍事拠点

等の700以上の目標を一斉に数日間で空爆する作戦が、最も人的損失の少ない有効な作戦と言うことに成ります。

 もっと極論をお話ししますと、北朝鮮が所有している「電磁波兵器」による被害を最小限度に抑えるとすると、宇宙空間に既に配備している

 ・レザー兵器。

 ・プラズマー兵器。

 ・電磁波兵器。

 ・神の杖

を総動員すれば、北朝鮮の

・核施設

・大量破壊兵器

・主要軍事拠点

を完全に破壊することができますか、500mの地底に張り巡らされた軍用施設と軍用道路は破壊することは出来ませんので、強力な「衝撃波」を発生させる爆弾か「化学兵器」を使用する可能性もあります。

これらの作戦計画を実施するには、在韓米軍および在日米軍の戦力を増強する必要があるし、韓国軍の戦力増強と日本の自衛隊の戦力増強の必要があります。

そのために2年前から自衛隊の戦力増強と、近代化を急速に進めており今まで日本に売ることが禁止されていた兵器を次々と日本に搬入して高値で売りつけています!!

この米軍の強肩的非情処置に、日本国は一切逆らうことは出来ないのです!!

現在、日本国はアメリカの占領下であり「奴隷」なのです!!

問題は、これらの作戦計画を実施するには、在韓米軍および在日米軍の戦力を増強する必要があることだ。

北朝鮮周辺での米軍の戦力が一定以上を超えた際に、北朝鮮は米軍による攻撃を断念させるためにあらゆる方策を実施してくることでしょう。

その方策とは、

「戦争にならない程度の攻撃をすること」

「米国の戦意を低下させること」

「米国の同盟国(日・韓)を離反させること」

の3つを目的とする。

現在の危機レベルはまだ低いが、米朝の軍事的緊張がひどく高まれば、デッドボールすれすれの牽制球が北朝鮮から日本へ向けて飛んでくるはずだ。

まず、第1にサイバー攻撃だ。サイバー攻撃は手軽に実施できるうえに、「自分たちが犯人ではない」とシラを切れるという利点がある。例えば、日韓の金融システムや送電システムがハッキングされ、何週間も銀行のATMが使用不可能になったり、大規模停電が頻発したりするかもしれない。

 これは絵空事ではない、実際、13年に韓国の金融機関等が北朝鮮と思しき、サイバー攻撃を受け860億円以上もの経済的損失を出したという。

また、米国防総省も繰り返し、北朝鮮のサイバー戦能力を高く評価する報告を行っており、事実、米本土の電力網や米太平洋軍司令部を沈黙させる能力を有すると指摘している。

有事の際、在韓邦人が大きな危険に晒される

もし、こうした事態が続けば、現状では実に勇ましい世論も、歌舞伎役者の市川海老蔵氏が先日ブログに投稿して話題になり大きな批判も受けた「日本を巻き込むなよ!」という、米国の北朝鮮攻撃の基地使用に反対する意見が強くなるだろう。

もう1つは化学兵器への日本人の恐怖を悪用した心理的擾乱だ。4月頃から北朝鮮がサリンやVXガスによる対日攻撃を実施する可能性が一部メディアによって声高に指摘されている。

何故、北がそのような行動を取るのか、その政治的・軍事的合理性の説明はほとんどなく無意味に不安を煽るだけとしか筆者には思えないが、北朝鮮はこの「不安心理」を巧みについてくるかもしれない。

例えば、日韓の各主要交通機関で異臭騒ぎやサリンと書いた液体の袋が放置されたり、不審な液体を積載したドローンが発見される事件が相次げば、国民の不安は頂点に達するだろう。

そうなれば北朝鮮は弾道ミサイルを使うことすらなく、日本や韓国を米国との共同戦線から脱落させることができる。

最後に、日本の領土・領海への弾道ミサイル攻撃だ。これまでのEEZ(排他的経済水域)への着弾ではなく、領海や鳥取山中のような過疎地への着弾を図るというものである。

北朝鮮としては、先制攻撃時のリスクを日本国民に思い知らせ、攻撃を断念させるのだ。

いずれにせよ、わが国がまず念頭に置かねばならないのは、米朝の軍事的緊張が高まった状態で北朝鮮が仕掛けてくる神経戦なのだ。当然、米朝が開戦すればより過激化して実施される。

すなわち、サイバー攻撃や特殊部隊員による攻撃によって、日本のインフラは大混乱に陥り、弾道ミサイル攻撃および破壊工作が在日米軍基地や重要インフラに対して実施され、不安心理、厭戦気分に陥らせるためのテロが繰り返し起きることになる。

米国は、日本に対し、「北朝鮮を攻撃する際に、事前に、日本政府へ伝達する」旨の約束を日米両国間でしたと発表があった。

しかし、この「伝達」は、攻撃の直前30分前になってしまう公算が高い。

時間に余裕をもって日本に伝達すると、自制なり延期を求められる可能性があり、さらには情報漏洩の危険もある。

実際、69年にニクソン大統領が北朝鮮による米偵察機撃墜での31人死亡の報復として、限定攻撃を検討した際も「30分前に連絡すればよい」としている。

さすがにこの直前の伝達では「自主避難」により、4万人弱の在韓邦人に加え、出張・旅行者の安全を確保するのは難しい。

しかも攻撃開始後は、在韓の世界各国の人も一斉に逃げ出し大混乱となり、北朝鮮国境に近い仁川空港は危険なため封鎖される可能性が高い。

北朝鮮としても、在韓米人が避難を完了すると、米軍は遠慮なしに攻撃できるようになるので、総力をあげて妨害してくるだろう。

韓国の一般国民もパニックになって、国外や南部への避難を図るということを考えておく必要がある。

となれば、南部の空港・港湾および当該地への交通インフラは大渋滞なり破壊工作を受けて使用が困難ということになる。

その際、米軍は20万人ともいわれる在韓米人の保護にてんてこ舞いで、日本国民にとって頼れる存在になることはない。

実際、米側は非戦闘員である自国民の退避は基本的には該当する国が自ら実施するべきというスタンスである。

自衛隊の邦人救助活動は韓国の同意により認められるが、韓国の港湾や空港への自衛隊機の利用は可能としても、韓国内での自衛隊のヘリ飛行等の活動はまず拒否されてしまうだろう。

特に、日本国内で、在日韓国・朝鮮人、さらには避難してきた韓国人に対して、嫌がらせや報復が起きれば、在韓邦人はますます苦しい立場に置かれてしまうのは想像に難くない。

在韓邦人や韓国へ旅行の予定がある人は、3カ月以上なら在留届、未満なら「たびレジ」に登録し(登録しなければ存在しないことになる)、今後の半島情勢の推移をよく注視し、同時に「自分の身は自分で守る」ことを前提に、事態急変時の空港や港湾なりへの国外脱出ルートを探しておくべきだ。

 このように、米朝の緊張が今後高まれば様々なリスクが発生する。

だが、そのリスクにただ怯えるだけでは、その不安心理につけこむ北朝鮮を利するだけだ。

起こりうリスクとその対処法を冷静に認識することが肝心だ。

クリックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

 

1.投資情報は、サムハラ会会員に限ります。

 10倍・50倍・100倍などあり!!

 詳しくは、事務局にお問い合わせください。  042-368-0870

2.超能力者養成通信講座・・・¥30,000円…20名

  超能力指導書1冊・超能力シール6種類。

  即日、誰でも物質返還の3つの超能力が使えるように成ります。

  そうですあり得ないことが、参加者全員に起こっています。

3.癌患者・特定疾患・成人病の方治癒します!!…20名

   1.2.3のお申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・。

 

 「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

  賢者のネサンは楠の樹液から作ったソマチット製剤をガン患者に使ったところ、驚くべき治癒結果が出たのです。
 なんと、ガン患者1000人の内、750人(75%)の人が完治したのです。
 また、ガン以外のエイズやその他の病気にも、現代医学をはるかに凌ぐ改善結果が見られました。

   ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 「ソマチット」と「オルゴンシート」の組み合わせにより、癌細胞が消えてしまいます!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 

 

関連記事

カテゴリー