高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

アメリカの「北朝鮮攻撃」に陸・海・空の自衛隊を派遣する!!

自衛隊17

アメリカの「北朝鮮攻撃」に陸・海・空の自衛隊を派遣する!!

日本国民は、何も知らされていない!!

秘かに自衛隊を憲法に書き込んで国軍化されてしまいます!!

なし崩しに自衛隊三軍は、国軍化されています!!

日本からは、海上自衛隊が参戦することが決まっています!!

予防処置という名の侵略戦争に加担してはならない!!

日本は、北朝鮮を攻撃してはならない!!


ネットより

 日本国の自衛軍、自衛隊が海外で戦争を行えるようにするシナリオはつぎの通り!!

  • 現日本国憲法9条で謳っている「戦争の放棄」を抹消する。
  • 「陸海空軍の戦力を保持しない。」を抹消し、 自衛軍の保持を明文化する。
  • 自衛軍は、自衛のための戦闘の権利および実力行使が憲法で保障されることを明文化する。
  • 集団的自衛権は適用できるので、安全保障条締約国との条約を尊重し、有事の際に共同防衛を行使することを明文化する。( 明文化しなくとも同じですが、ここでは敢えてこのように表現しておきます。 )

 ここまでで、自衛隊が海外での戦闘が可能になるが、アメリカが攻撃を受け、平和と安全が脅かされた場合、日本も必ず戦争しなければならなくなるのですが、日米安全保障条約とのつじつまを合わせるために文言を改正して締約する。

  • 日米安全保障条約を見直し、安全保障条約の締約国のどちらか一方に対する武力攻撃が生じ、平和と安全が脅かされる状況に陥った場合、その武力攻撃を同盟国共通の危機とし、武力を持ってこれに対処する行動をとることを規定する。

 ここまですれば、世論にはばかることなく、戦争しなければならなくなります。しかし、戦争の危機が迫っていても、攻撃を受けてからの反撃のみ許されるのか、あるいは、先制攻撃が許されるのか、また、うやむやになって、結局政府が解釈上OKであるとしてしまう問題が起こります。 

 よって、最初から防衛のための先制攻撃は憲法で認めることを明文化しておけば誰も反論できないのです。

 こうしておけば、アメリカが先制攻撃をした場合、あるいは、先制攻撃をするような状況の場合、日本はアメリカと共同で必ず戦争に参戦しなければなりません。 

 
 イラク戦争のように、急いで無理やり先制攻撃する必要がなかったにもかかわらず、アメリカの資源外交の目論みにより、力を背景にした攻撃が可能になるのですから、望まなくとも日本国はアメリカとの共同防衛のための先制攻撃をすることになります

 更に、併行して、順次以下を進めることが求められた

  • ミサイル防衛システム技術の開発およびミサイル配備および攻撃型ミサイル開発・整備を進める。
  • 衛星軌道からのミサイル発射技術の開発、無人航空機による攻撃技術の開発を進める。
  • 中国軍以上のミサイル数の配備を強力に進め、数千発のミサイル保有を行うとともにレーダーシステムのネットワークを完成させる。また、核攻撃に備えたシェルターの建設を進める。
  • 徴兵制を施行する。
  • 原子力発電所が通常ミサイル攻撃を受けても安全なように、原子炉を緊急停止してから1~2日で核燃料をシェルターに退避させることができるように技術開発・構造の改良をおこなう。
  • すべての原子力発電所を撤廃し、その他の発電方式に切り替える。

 以上の手続きをとれば当分の間は誰も逆らえないようになります。

 アメリカ軍が自国の利益を優先して強行に世界戦略を推し進めるのであるから、その過程で当然避けられなくなる軍事衝突があります。

 日本国は憲法違反と判断されること無く日本もアメリカを弁護する目的で世界戦略に参戦し、有用な資源の安定需給を目指して、その権益を確保するため、自衛隊を中南米、中近東、北極海などへ派遣し、堂々と戦争ができるのです。

 そして、戦争で命を落とした兵士の霊を神として靖国神社に祀り、戦争を讃えてごまかすことを繰り返すのです。これが、戦争へのプロセスなのです

 上記に言及した「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」の文言見直しの私的例を以下に示します。

  日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約  (改定試案)

日本国及びアメリカ合衆国は、両国の間に伝統的に存在する平和及び友好の関係を強化し、並びに民主主義の諸原則、個人の自由及び法の支配を擁護することを希望する。

 また、両国の間の一層緊密な経済的協力を促進し、並びにそれぞれの国における経済的安定及び福祉の条件を助長することを希望する。

 国際連合憲章の目的及び原則に対する信念並びにすべての国民及びすべての政府とともに平和のうちに生きようとする願望を再確認し、 両国が国際連合憲章に定める個別的又は集団的自衛の固有の権利を有していることを確認する。

 両国が国際の平和及び安全の維持に共通の関心を有することを考慮し、相互協力及び安全保障条約を締結することを決意し、よって、次のとおり協定する。

第一条
 締約国は、国際連合憲章に定めるところに従い、それぞれが関係することのある国際紛争を平和的手段によって国際の平和及び安全並びに正義を危うくしないように解決する。

 並びにそれぞれの国際関係において、武力による威嚇又は武力の行使を、いかなる国の領土保全又は政治的独立に対するものも、また、国際連合の目的と両立しない他のいかなる方法によるものも慎むことを約束する。

 締約国は、他の平和愛好国と協同して、国際の平和及び安全を維持する国際連合の任務が一層効果的に逐行されるように国際連合を強化することに努力する。

第二条
 締約国は、その自由な諸制度を強化することにより、これらの制度の基礎をなす原則の理解を促進することにより、並びに安定及び福祉の条件を助長することによって、平和的かつ友好的な国際関係の一層の発展に貢献する。締約国は、その国際経済政策におけるくい違いを除くことに努め、また、両国の間の経済的協力を促進する。

第三条
 締約国は、個別的及び相互に協力して、継続的かつ効果的な自助及び相互援助により、武力攻撃に抵抗するそれぞれの能力を、憲法上の規定に従うことを条件として、維持し発展させる。

第四条
 締約国は、この条約の実施に関して随時協議し、また、締約国の安全又は国際の平和及び安全に対する脅威が生じたときはいつでも、いずれか一方の締約国の要請により協議する。

第五条
 各締約国は、締約国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従って共通の危険に対処するように行動することを宣言する。

 前記の武力攻撃及びその結果として執ったすべての措置は、国際連合憲章第五十一条の規定に従って直ちに国際連合安全保障理事会に報告しなければならない。その措置は、安全保障理事会が国際の平和及び安全を回復し及び維持するために必要な措置を執ったときは、終止しなければならない。

第六条
 各締約国の安全に寄与し、並びに国際の平和及び安全の維持に寄与するため、各締約国は、その陸軍、空軍及び海軍が各締約国において施設及び区域を使用することを許される。

第七条
 この条約は、国際連含憲章に基づく締結国の権利及び義務又は国際の平和及び安全を維持する国際連合の責任に対しては、どのような影響も及ぼすものではなく、また、及ぼすものと解釈してはならない。

第八条
 この条約は、日本国及びアメリカ合衆国により各自の憲法上の手続に従って批准されなければならない。

 日本国民の人権を守るため、日本の真の独立を勝ち取り、アメリカの奴隷からの開放を目指すため、日米安保条約解約。
 日本は、日本国民が無視され続けている不平等の日米安保条約を解約しなければならない。 

 日本国民が戦わねば、日本の夜明けは訪れない。

以上

 立ち上がれ日本人!!

クリックして応援を宜しくお願いします!!

クックして応援を宜しくお願いします!!

  

   

 

1.投資情報は、サムハラ会会員に限ります。

 詳しくは、事務局にお問い合わせください。  042-368-0870

サムハラ会に入会約定書

サムハラ会は、人類が「安心」して、「安全」で「豊」に暮らせる社会づくりを目指す志を持った者達の集まりであり、共に共存共栄するための情報を共有するものである。

  1. 本会は、本会会員の安全を図るために「災害予告」を行い会員の避難先を指定しますが、強制ではありません。
  2. 本会は、会員に安全で安心して食べられる調味料や食品のご紹介もしています。
  3. 本会は、会員の健康維持のためのソマチッドや、炭素水や、発酵液、酵素等の発酵整品を取り扱い会員をあらゆる病気から守っています。
  4. 本会は、会員の如何なる病気についても治療改善させます。
  5. 本会は、会員全員が収得できる物質変換能力を与えます。
  6. 本会は、会員が安心して豊かに暮らすための特別な投資情報を年間に3度提供します。
  7. 本会は、特殊な政治銘柄による会社設立に参加できる情報を提供します。
  8. 本会は、会員が希望するあらゆる許認可を実費で収得します。
  9. 本会は、世界最大のファンドを利用することができます。
  10. 10. (秘密保持の約定)本会会員は、案件交渉にあたり、両者夫々交渉の為に特に相手方に提供する案件の内容その他の情報を交渉内部の関係者以外の第三者に対し絶対に漏洩しないことを相互に確約する。

違反した場合には、本契約は破棄され違反者は相手に対して損害金を支払う。

11. 本会の年会費は、1万円とし本会の加入時または毎年3月31日までに指定の口座に払い込むこととする。3ケ月を経過しても会費の払い込みがない時には除名処分とする。

12. 本会の会員は、相互互助し共に繁栄するために尽力するものとする。

以上

平成29年 月 日

私は、サムハラ会の主旨に賛同し本日サムハラ会に加盟いたします。

氏名 生年月日
住所
TEL
FAX
携帯電話

 希望者は、署名捺印して 183-0027 東京都府中市本町1-12-2大国ビル505 サムハラ会 まで送付とて下さい。

2.超能力者養成通信講座・・・¥30,000円…20名

  超能力指導書1冊・超能力シール6種類。

  即日、誰でも物質返還の3つの超能力が使えるように成ります。

  そうですあり得ないことが、参加者全員に起こっています。

3.癌患者・特定疾患・成人病の方治癒します!!…20名

   1.2.3のお申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・。

 

 「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

  賢者のネサンは楠の樹液から作ったソマチット製剤をガン患者に使ったところ、驚くべき治癒結果が出たのです。
 なんと、ガン患者1000人の内、750人(75%)の人が完治したのです。
 また、ガン以外のエイズやその他の病気にも、現代医学をはるかに凌ぐ改善結果が見られました。

   ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 「ソマチット」と「オルゴンシート」の組み合わせにより、癌細胞が消えてしまいます!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 

 

関連記事

カテゴリー

presented