高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

驚異の人体復元力を発揮する地球最古の生物「ソマチット」!! 不妊治療に威力!!

不妊治療1

驚異の人体復元力を発揮する地球最古の生物「ソマチット」!! 不妊治療に威力!!

 地球最古の生物「ソマチット」は、「医者いらず」です!!

 その効果は、劇的であり「癌」どころか「特定疾患」、「難病」、「成人病」、「精神病」に威力を発揮しています!!

 不妊治療にも効果があると言いますので、不妊治療中の方たちに「ソマチット」を無料で配布します!! FAX042-361-9202までFAXにてご連絡ください!!

漢方薬の専門店 e-和漢堂

和漢堂について

不妊、未妊、習慣性流産の漢方相談、妊娠だけでなく、出産、産後、授乳、そして赤ちゃんの健康まで考える漢方薬

たくさんの人の不妊相談を受けてきた経験から言えること、それは不妊で悩む人の多くは妊娠できない「不妊」ではなくて、まだ妊娠していない「未妊」だということ。

なかなか妊娠しないのは、まだ身体の準備が整っていないからです。
蕾のままでは実を結ぶ事は出来ません。
だったらまず花を咲かせましょう。

そして花を咲かせるためには漢方薬がとても適していると思います。

このサイトでお伝えしたいのは、妊娠するために最も重要なこと。
「妊娠できる身体をつくりましょう」ということです。

お薬で症状の緩和を促すことも大事ですが、日々どんな生活を送るのかということもとても重要です。

そこで、妊娠体質になるために気をつけておきたいこと、知っておきたいことをこのサイトにまとめました。

是非お役立ていただければ幸いです。

以上

ダンのアーユルヴェーダと民間療法 menu

 ソマチットの効果 不思議生命体が病気を治す!ソマチット

ソマチットという不思議で不死の生命体、そしてガンをも治すというその効果には期待をもってしまいます。

現代科学ではまだその存在は広く認められていませんし、トンデモ扱いして一笑にふす人たちもいます。 しかし、以下にご紹介する事実がある以上、信じないほうに無理があるかなと思いますが、さて、あなたはどうでしょうか。

ソマチットとは?
ソマチットとは1945年に、フランス人のガストン・ネサンによって血液の中に発見された、超微小な生命体です。

どれくらい小さいかというと、約80ナノメートルです。 そう言われてもピンとこないでしょうが、1ミリの1000分の1が1ミクロン、1ミクロンの1000分の1が1ナノメートルです。

赤球血の直径が8ミクロンで、ソマチットはその100分の1の大きさです。

ネサンは独自に開発した3万倍の光学顕微鏡によってソマチットを見つけたわけですが、そこが他の科学者からソマチットの存在が疑われる所以の一つです。

しかし、下記の動画の中にソマチットの実際の映像が収められています。
(この映像を見ても疑う人は、この映像に出ているものが生命体ではないと言っています。)

その後、ソマチットは人の体の中だけでなく、動物や植物の中にも発見されました。

また、数億年前の化石の中にも仮死状態で存在していることがわかっています。

ソマチットは細菌でもなく、ウイルスでもなく、生命体なのにDNAを持ちません。 

不思議です???

DNAの前駆物質で、38億年前に現れた地球最古の生物ではないかとも考えられています。

実はこのソマチット、どんな過酷な条件でも死なないのです!

たとえ1000℃の高温の中でも、あるいはマイナス150℃の低温でも、また紫外線、酸素が無い状態、硫酸の中、塩酸の中、超高気圧の下でもまだ死なないのです!!

5万レムという高放射能を当ててみたのですが、死ぬどころかかえって元気になりました。

細菌やウイルスでしたら抗生物質を与えたら死ぬはずですが、これでもソマチットは死ぬことはありません。

宇宙から来た物質ではないかとも言われています(もしかしたら、そうかも^^)。 研究者の中には隕石とともに飛来したのではないかと言う人もいます。

ガンが治った例
発見者のネサンは楠の樹液から作ったソマチット製剤をガン患者に使ったところ、驚くべき治癒結果が出たのです。

なんと、ガン患者1000人の内、750人(75%)の人が完治したのです。

また、ガン以外のエイズやその他の病気にも、現代医学をはるかに凌ぐ改善結果が見られました。

しかし、ソマチット製剤はガン治療薬としてフランス政府が認めたものではないため、ネサンは国外への退去を命じられました。

ネサンはカナダに移った後、ソマチット製剤を再びガン患者に投与します。

しかし、一人の末期ガン患者を死なせたとして終身刑を言い渡されました。

もともと末期だった患者を死なせたというのはただの言いがかりでしかないのですが。

しかし、ネサンに助けられた数千人の患者たちの支援運動により、無罪となりました。

ガンが治ると都合の悪い人たちは大勢いて、それがソマチットを未だに認めさせない政治的力として働いているものと思います。

なお、この裁判の経緯は「完全なる治癒」という本に収められています。

ソマチットの性質
ネサンはソマチットを「DNAの前駆物質で、DNAの基質であるタンパク質を合成する免疫物質」であると考えていました。 

また、ケイ素研究第一人者の東學博士は「ソマチットが抱きかかえているケイ素原子がマイナス電子を放射し、リンパ球や細胞を活性化しているのではないか」との見解を持っています。
(引用:「超微小知性体ソマチッドの衝撃」上部一馬)

まあ、早い話が、ソマチットが多いほど免疫力が高く、生活習慣病になりにくく、慢性病の改善にも効果的だということでしょうか。

しかし、ソマチットを体内に取り込めばそれでOK、というわけでもないようです。

病気の人の体内にあるソマチットは赤血球や血小板の中に逃げ込んで、免疫力活動をしなくなるのです。

では、どうすればいいのか?

人間もソマチットが活発に動けるような状態つくりをしていくことが大切です。

化石の中で仮死状態にあるソマチットにマイナスイオン水をかけると、活発に動き出します。

まずは、マイナスイオン水を飲むことがソマチットを活性化するのかもしれません。 ちなみに、ルルドの泉や富士山の水には多くのソマチットがあります。

マイナスイオンが豊富な森林浴をして人が元気になるのは、ソマチットが活発に動くからではないかとも推測されます。

また、ゲルマニウムなどの磁気治療器もソマチットを活性化することがわかっています。

ソマチットの健康食品としては、既に、貝の化石中にある古代ソマチットが骨粗鬆症改善やカルシウム補給のサプリメントとして商品化されています。

空海もソマチットの存在を知ってた?

現代の真言密教の大行満大阿闍梨でもある松永修岳氏によると、密教の中に「血脈」という概念があり、弘法大師空海は

「血の中に脈脈と受け継がれていく尊い意識や、魂がある」と教えているそうです。

「不死の生命体が血液の中にある」という密教の教えこそがソマチットなのです。

最後にネサンの言葉を紹介します。

ソマチットが無ければ、生命は存在すらなし得ない!!

以上

1.投資情報は、サムハラ会会員に限ります。

 詳しくは、事務局にお問い合わせください。

2.超能力者養成通信講座・・・¥30,000円…20名

超能力指導書1冊・超能力シール6種類。

即日、誰でも物質返還の3つの超能力が使えるように成ります。

そうですあり得ないことが、参加者全員に起こっています。

3.癌患者・特定疾患・成人病の方治癒します!!…20名

1.2.3のお申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・。

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 「ソマチット」と「オルゴンシート」の組み合わせにより、癌細胞が消えてしまいます!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

関連記事

カテゴリー

presented