高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

盟友・台湾地震で消えた花蓮の観光客!!

沖縄11

盟友・台湾地震で消えた花蓮の観光客!!

 3.11の福島第一原発事故に、いち早く義援金を送ってきたのは盟友「台湾」です!!

 台湾旅行をお勧めします!!

台湾 (台北) ツアー

【羽田発】 =燃油代不要= 受託手荷物も15キロまで無料! ~タイガーエア台湾で行くフリースタイル弾丸台北3日間~<バジェットクラスホテル>

抽選で10名に、プレゼントします!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで!!

台湾旅行をして、台湾を支援しましょう!!

 道路も鉄道も市民生活も平常通り、今度は日本が支える番だな!!

夕刊フジ

 台湾東部を6日深夜、最大震度7の地震が襲った。花蓮市の集合住宅兼ホテルなど4棟が倒壊状態となり、多くの死傷者が出た。日本は救援チームを派遣したが、メディアはほんの一面しか伝えていない。風評被害で、日本と深い縁を持つ花蓮の人々が苦しんでいるという。台湾に詳しい、論破プロジェクトの藤井実彦氏が報告する。

 「花蓮は、倒壊した4棟の古いビル以外はまったく問題ない。道路も、鉄道も、市民生活もいつも通りだ。ただ、街から観光客が消えてしまった」

 現地在住の観光ガイド、播磨憲治氏はこうため息をついた。

 地震発生直後、100人を超えていた安否不明者の多くも無事が確認された。余震は続くが、日本と同じ地震多発帯に位置する台湾では、観測・警報システムが整い、耐震技術も進んでいる。

 ところが、春節(旧正月、16日)の大型連休を迎え、主力産業である観光がダメージを受けているという。播磨氏は続ける。

 「地震直後、9割の観光客がキャンセルした。春節以降も相当厳しい。マスコミが流す、切り取り型の風評被害が大きい」

 台湾東部にある花蓮は、台北から列車で2〜3時間の大きな街だが、世界遺産級といわれる太魯閣(タロコ)渓谷をはじめ、自然豊かな観光スポットがたくさんある。「台湾最後の桃源郷」といわれる。

 加えて、日本と縁が深い。台湾統治時代、最初に移民した日本人が住んだのが花蓮地域で、国営や民間の日本人移民村が次々とできた。現在も統治時代の建造物が残されており、日本の原風景を感じられるという。

 「渓谷や海岸線など、絶景の数々に心が洗われます。食べ物もおいしく、温泉もたくさんあります。ぜひ、今こそ足を運んでほしい」(播磨氏)

 東日本大震災では、台湾からの温かい支援が被災地に寄せられた。今度は、日本が台湾の人々を支える番ではないのか。台湾加油(頑張れ)!

以上

 台湾は、盟友であり「友人」である!!

日本人は、台湾を忘れてはならない!!

夢を貴方に!! サプライズ!!

ノンリスク・ハイリターン!!

売り出し即売!! 縁故会員も即売!!

1.ANA(全日空)の共同企業体、ACDがICOを2/15実施!

仮想通貨発行ソリューションREVOL。

ANA(全日空)の共同企業体、ACDがICOを2/15実施!仮想通貨発行ソリューションREVOL

2.超能力者養成通信講座・・・¥30,000円…20名

超能力指導書1冊・超能力シール6種類。

即日、誰でも物質返還の3つの超能力が使えるように成ります。

そうですあり得ないことが、参加者全員に起こっています。

3.癌患者・特定疾患・成人病の方治癒します!!…20名

1.2.3のお申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・。

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 「ソマチット」と「オルゴンシート」の組み合わせにより、癌細胞が消えてしまいます!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

関連記事

カテゴリー