高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

日本列島は、中朝の秘密兵器の実験場か?

自衛隊16

日本列島は、中朝の秘密兵器の実験場か?

日本で軍用機が事故を起こしているのは、ロシア軍の最新兵器「ノイズ・ジャミングではなく中朝からの妨害電波か?

 日本列島は、中朝の秘密兵器の実験場かもしれない?

中朝からの妨害電波 成田の着陸機、遠洋漁業船に悪影響

産経新聞

中朝からの妨害電波 成田の着陸機、遠洋漁業船に悪影響: 妨害電波監視の共同システム©

産経新聞 提供 妨害電波監視の共同システム

 中国や北朝鮮からの妨害電波をめぐっては、成田空港を離着陸する航空無線の混信を狙ったとみられるものが複数回確認されている。

 日本政府は中国に対しては直接、排除要請しているほか、国交のない北に対しては国連の国際電気通信連合(ITU)に通報するなどの対応を取っている。

 中国からの妨害電波は、平成28年5月に成田空港の管制塔と航空機が交信する無線に対して発射されたものなど、航空機や船舶の無線混信を狙ったものが多い。

 無線と同じ周波数の電波が発射されたが、成田空港は、他の周波数に切り替えて航空機と通信し、実害を免れているという。

 北からも昨年10月、成田空港の航空無線に対し同様の妨害電波が確認された。また、両国からの妨害電波は、遠洋漁業の船舶無線に対しても混信などの悪影響を及ぼす恐れがある。

 一方、新監視システムで協力するベトナム、フィリピン、インドネシアの3カ国では、これまで南シナ海を航行する船舶や航空機が妨害電波を受けても、「中国が発射源」と特定することは困難だった。

 しかし、新システム導入で詳細な発射位置の把握が可能になる。(大坪玲央)

墜落したのは世界最強の戦闘ヘリとされるAH64D(アパッチ)!!

 それにしても、ヘリが事故ばかり起こしています・・・。

 ロシア軍の最新兵器「ノイズ・ジャミング」に、攻撃されると機体はクラッシュして、乗員は心臓麻痺を起こします!!

 北朝鮮国境に設置した「ノイズ・ジャミング」からでしょうか?

  五日午後四時四十三分ごろ、佐賀県神埼(かんざき)市千代田町の住宅に、陸上自衛隊目達原(めたばる)駐屯地(同県吉野ケ里町)所属の二人乗りAH64D戦闘ヘリコプターが整備点検後の試験飛行中に墜落、炎上した。乗組員の男性隊員一人が死亡、別の隊員の行方が分かっておらず、捜索が続いた。

 炎上した二階建て住宅には四人が暮らしており、このうち小学五年の女児(11)が右膝を打つ軽いけが。隣接する平屋も燃え、女児の祖母(69)がいたが無事だった。自衛隊機が住民を巻き込む重大事故となった。

 神埼署によると、ヘリが墜落したのは会社員川口貴士さん(35)宅で、当時家にいたのは川口さんの長女の女児だけで祖母と墜落後に逃げた。

 小野寺五典(いつのり)防衛相は記者団に、管制が午後四時三十五分に離陸許可を出した後、ヘリとの通信が途絶えたと述べた。機体に微量の放射性物質が含まれているとも明らかにした。

 県警によると、捜査は陸自が主導し、六日に現場検証を実施。業務上過失致死と航空危険行為処罰法違反の容疑を視野に入れている。

 防衛省や陸自によると、ヘリは第三対戦車ヘリコプター隊に所属。午後四時三十六分に目達原駐屯地を離陸し、七分後に機首から墜落した。死亡したのは副操縦士の高山啓希(ひろき)一等陸曹(26)で操縦士の斉藤謙一二等陸佐(43)の行方が分かっていない。

 山崎幸二陸上幕僚長は、事故調査委員会を設置したと明らかにし、被害家族らに謝罪した。

佐賀・陸自ヘリ墜落、二つの「異常事態」 世界最強の戦闘ヘリがなぜ? 特殊事情か氷山の一角か

withnews

 陸上自衛隊のヘリコプターが佐賀県神埼市の住宅地に墜落し、乗員2人のうち1人が死亡、1人が行方不明。小学生1人が軽傷を負い、2軒が炎上しました。自衛隊が民間人を巻き込んだ異常な事故です。事態がどれほど深刻で、なぜ徹底的な検証が必要なのかを考えてみます。(朝日新聞専門記者・藤田直央)

世界最強の戦闘ヘリが墜落

 墜落したのは世界最強の戦闘ヘリとされるAH64D(アパッチ)。自衛隊では2005年度から導入し、10数機を運用中です。全長18メートル近くでミサイルや機関砲を備え、他の自衛隊ヘリにない威圧感があります。

 今回のヘリは2月5日午後4時36分に所属する目達原駐屯地を離陸し、7分後に南西へ6キロの場所で落ちました。

 防衛省によると、駐屯地では50時間飛ぶたびに行う定期整備をし、その際に1750時間の飛行ごとに行う「メインローターヘッド」の交換もしました。回転する主翼「メインローター」4枚をつなぐ軸の部分です。ヘリはその後に試験飛行へと離陸し、すぐ落ちたのです。

一つ目の異常:整備直後の墜落

 自衛隊内にも戸惑いが広がる今回の事故の異常さが、この経緯からだけでもわかります。

 ヘリの整備直後ですから、機体は故障が最も起きにくい状態にあるはずです。しかも試験飛行ですから操縦士に過重な任務はなく、安全飛行に支障がないかの確認に専念するはずです。なのにどうして、離陸から数分で墜落したのでしょうか。

二つ目の異常:田畑ではなく、なぜ住宅へ

 事故の異常さは、ヘリが住宅に突っ込んだことにもあらわです。

 航空機は飛行中に異常があれば緊急着陸(予防着陸)をすることがあります。ヘリの場合は、一定の広さの平らな場所があればどこへでも着陸できるのが強みです。ただ、その場合も民間人を巻き込む場所を避けるのが基本で、特に国民を守る立場にある自衛隊は強く意識しているはずです。

 ところが今回は住宅へ墜落。付近上空からの画像を見ると、そばには田畑が広がっており、そちらへ降りることができなかったのかという疑問もわきます。

墜落直前に操縦不能か

 ただ、付近では「上空で爆発音がした」「頭から落ちていった」という目撃証言があります。地元の自動車学校の送迎車のドライブレコーダーは、水平に飛んでいたヘリが急に失速して落ちていく映像を捉えていました。

 防衛省も機首から落ちたことを認めつつ、ヘリと管制官は離陸から2分後に通常の交信をし、その5分後の墜落までやり取りはなかったとしています。

 こうしたことから考えられるのは、今回のヘリは離陸後、墜落直前の5分間に何らかの異常事態が突然起きて操縦不能になったのではないかということです。

墜落現場の東側の田んぼには、ヘリの破片が散乱していた=6日午前9時、佐賀県神埼市、金子淳撮影=朝日新聞

墜落現場の東側の田んぼには、ヘリの破片が散乱していた=6日午前9時、佐賀県神埼市…

機体の故障か、乗員の対応は

 小野寺五典防衛相が今回の事故を発生直後は「着陸炎上」と呼んでいたのを、途中から「墜落」という表現に変えたこともそれを裏付けます。操縦不能になり、やむを得ず住宅に落ちてしまったというニュアンスです。

 では、その異常事態とは何だったのか。機体の故障か、乗員に何かあったのか、あるいはその両方か。

 安倍晋三首相は小野寺防衛相に原因の徹底究明を指示しました。防衛省は航空事故の検証でカギとなるフライトレコーダーを回収し調査にあたりますが、今回はヘリと管制官の間に目立つやり取りがなさそうです。乗員2人のうち1人が死亡、1人が行方不明。機体も大破しており、解明に時間がかかるかもしれません。

徹底的な検証が必要

 そうした中で軽々な推測は避けるべきですが、私には気になっていることがあります。自衛隊では昨年の8月に青森県沖の日本海で海自ヘリが、10月に浜松市沖で空自ヘリが、それぞれ訓練中に墜落する死亡事故を起こしました。それだけでなく、最近沖縄で米軍ヘリの事故が続いていることにも通じる問題です。

 それは、現場の隊員は実任務、訓練、休暇をバランスよくこなすことが大切なのに、最近は中国や北朝鮮を警戒する任務が増え、バランスが取りにくくなっているという問題です。そのぶん訓練や休暇が減れば事故が増えかねないということで、日米の防衛当局間の共通認識になっています。

 それがどこまで当てはまるのかわかりませんが、今回の異常な事故が特殊事情によるものなのか、それともより大きな問題の氷山の一角なのか、様々な角度からの徹底的な検証が必要でしょう。

 自衛隊や米軍のものに限らず、ヘリは日本中を飛び回っています。そして、ついに自衛隊のヘリが住宅に落ちるという、あり得ないことが起きたのですから。

日本の自衛隊機墜落事故で乗員全員の死亡が確認される!!

 現地時間2016年4月8日、日本の鹿児島で、自衛隊員が乗組員を運んだ。防衛省は、二名の乗組員が行方不明だと発表し、自衛隊は7日に2名の救援を停止した。

現在、行方不明だった乗組員は全員発見されており、全員の死亡が確認されている。

全員が、心筋梗塞であるのが「電磁波兵器」による攻撃であるとされる!!

全員が、同時に心筋梗塞わ起こすことは考えられない!!

強力な電磁波を浴びた・・・・。

夢を貴方に!! サプライズ!!

ノンリスク・ハイリターン!!

売り出し即売!! 縁故会員も即売!!

現在売り切れ!!

1.ANA(全日空)の共同企業体、ACDがICOを2/15実施!

仮想通貨発行ソリューションREVOL。

ANA(全日空)の共同企業体、ACDがICOを2/15実施!仮想通貨発行ソリューションREVOL

2.超能力者養成通信講座・・・¥30,000円…20名

超能力指導書1冊・超能力シール6種類。

即日、誰でも物質返還の3つの超能力が使えるように成ります。

そうですあり得ないことが、参加者全員に起こっています。

3.癌患者・特定疾患・成人病の方治癒します!!…20名

1.2.3のお申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・。

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 「ソマチット」と「オルゴンシート」の組み合わせにより、癌細胞が消えてしまいます!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

関連記事

カテゴリー

presented