高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

風雲急を告げる「朝鮮戦争」に、アメリカが日本を強制参戦!!

陸自用自衛隊2

風雲急を告げる「朝鮮戦争」に、アメリカが日本を強制参戦!!

「憲法改正」も、「徴兵制度」も、既に決定事項である!!

 米軍の制服組のトップであるジョセフ・ダンフォード統合参謀本部議長が

「朝鮮半島有事の際には、同盟国も含めた地上軍の投入が必要である!!」

と述べましたが、同盟国とは「日本」と「韓国」を指すことは考えるまでもない。

 ダンフォード統合参謀本部議長は、当然、日本占領軍である「日米合同委員会」にも影響力がありますので、間違いなく自衛隊は「北朝鮮攻撃」に好むと好まざるに関わらず参戦させられてしまいます。

日米合同委員会

 隔週木曜日の午前11時前、USA横田基地から米軍軍人7名が、軍用ヘリで六本木にある米軍基地六本木ヘリポートに降り立つ。
     ↓
 そこから会議室がある南麻布のUSA米軍施設ニューサンノー米軍センターに到着する。
     ↓
 そこには日本側6人の各省庁の官僚が呼ばれている。

 アメリカUSA側は全員軍人。中に1人だけUSAアメリカ大使館公使がいる。

 この秘密会議で決められた内容は国会に報告する義務も外部に公表する義務もまったくない。
 事実上ノーチェックで実行できる。

 そのUSA秘密会議は、日本の国会や憲法より上位の存在なのです。

 日米合同委員会 のメンバーである法務官僚が、法務省のトップである事務次官に占める割合は過去17人中12人、そのうち9人が検事総長にまで上り詰めている。

 つまり、米軍と日本の高級官僚をメンバーとするこの共同体が、検察権力を事実上、支配しています。

 しかし、近代戦においては長期戦を避けて短期戦で済ますために「核」があると私は思慮する!!

 しかし、他国の思惑に乗せられて他国を侵略することはお断りする!!

 まして「強制」などは、断固お断りする!!

 ただし人を不自由な環境下に一定期間置くこと、上に立つ人間とその下で従う人間の関係を明確にすることの意義を若者たちに問い直すことには価値がある!!

 スイスの国防意識の高さには驚かされますが、日本国の若者たちにも国防の大切さを実感させるために自衛隊において、一兵卒として諸訓練を受けさせ社会や、親などから受けて来た恩恵を、少しでも社会に還元するという自然な人間的行為をさせる必要があります。

 現在社会で満18歳に成ったすべての国民に、1年もしくは2年の奉仕期間を設定することで社会の礼儀作法を教え、心身を鍛えて愛国心を高揚させることです!!

 軍事的行動や技術は、二の次でよろしい。

 今の若者には、日本を守るという気概があまりにもなさすぎます!!

 徴兵制で、この若者たちを鍛えなおす必要はあります!!

「徴兵制」については、近隣諸国をあまり刺激しないようにして緊急事態法制の中でじっくりと考えることです。

 そして何よりも、国民の理解が必要である!!

 戦争は、犠牲と憎悪を生むだけで何も得る者はありません!!

 国民に真の安寧をもたらすことが、何より大切なことです!!

だし・・・・

 日本国に危機が迫り、存亡の危機に襲われれば日本国民はもろ手を挙げて参戦します!!

 有事の際に兵力が足りなければ侵略されてしまいます!!

 何処の国でも、民族でも変わりありません!!

 殺されるか、戦うかと問われれば戦うしかないでしょう。

あっちこっちを見ています!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・。

投資情報・・・・!! 50倍確実!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 「ソマチット」と「オルゴンシート」の組み合わせにより、癌細胞が消えてしまいます!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

関連記事

カテゴリー