高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

預金封鎖!!日本の銀行の大半が日銀の「異次元緩和」により赤字経営に転落!!

株3

預金封鎖!!日本の銀行の大半が日銀の「異次元緩和」により赤字経営に転落!!

 日本の銀行は、低利ではあるが確実に利息の取れる「日本国債」を預金者の預金で購入してきましたが、2013年に日銀の総裁に黒田東彦が就任すると「異次元緩和」を実施して「ゼロ金利」政策を進めた為に、顧客から預かった預金を優良企業に貸し付けて利益を上げていましたが超低金利化により、本来の銀行業務が崩壊してしまい経営は赤字と成ってしまいました。

 再び日銀の総裁に黒田東彦が就任とは、異な!!

 現在の銀行は、

  ・個人への住宅ローンの貸し出し。

 ・投資信託の販売

で、何とか銀行業務を維持してはいますが先は見えていますので

 ・各手数料の値上げ。

 ・口座維持サービス料。

等の新設で、凌いでいるという状態です。

 銀行協会も、

「これ以上、日銀が異次元緩和を続けるのであれば日本の金融システムは崩壊してしまい国民にしわ寄せがいってしまいます!!」

 つまりこのまま日銀の「異次元緩和」が、続くと「預金封鎖」という事なのです。

 その「異次元緩和」を実施して、銀行業界を徹底して疲弊させる黒田東彦を再び日銀総裁に就任させようとする安倍晋三の胸中にあるものは「金融破たん」なのでしょうか?

 黒田東彦が日銀総裁に就任して、大量の日本国債を買い付けマイナス金利政策を断行して、超円高の修正や雇用回復を通じて景気の回復を目指しましたが、思うに任せませんでした。

 日本金融業界の「ジャパンマネー」は、1980年代ごろから世界を席巻して猛威を振るっていましたが、日本を占領していましたアメリカは日本の復興の速さと経済力の強靭さに驚き「日本経済の弱体化」を進めました。

 その第一弾が「アメリカ国債」(紙切れ)の買い付けを日銀に要請したのです。

 そして安穏としている日本金融業界に、アメリカ経済を取り仕切っている「ユダヤの金融マフィア」達が、「経済戦争」を仕掛けたのです。

 それにより見るも哀れなほど、日本の金融業界はボロボロにされてしまいました・・・。

 どてっばらに右手で拳銃を突き付けて、左手で「アメリカ国債」(紙切れ)を100兆円も買い取れと言うのですから、「強盗」です・・・。

 さらに日本攻撃を始めたリップルウッドをはじめとする「ファンド」や、「ヘッジファンド」達が、次々と日本上陸を始めて、企業買収や、不動産の買い取り、仕手戦を始めましたので日本経済は大いに高揚しました。

 しかし、ユダヤ金融マフィアの双璧をなすや、「リーマン」が日本経済界に浸透し始めたころから、日本経済に陰りが見え始めました。

 この両ファンドは、まさしく生粋の「金融マフィア」であり悪業の限りを尽くして「リーマン」は、リーマンショックを引き起こして倒産してしまいましたが、「ゴールドマン・サックス」は日本国の生き血を吸い続けて今や巨大化してしまい日本経済の根幹を喰らい続けています!!

日銀を狙う「ユダ金魔女イエレン」の毒牙が・・・・。

 黒田氏続投説に異変 日銀総裁候補に浮上する“意外な名前”

日刊ゲンダイDIGITA

写真

退任するイエレン議長(左)と黒田総裁(C)AP

 米国の中央銀行に相当する米FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長が3日に退任する。新議長にはブッシュ(父)政権で財務次官などを務め、投資ファンド「カーライル」の共同経営者だったパウエル氏が就く。

「新議長がどんな金融政策のかじ取りをするか。それを見極めるまで、金融市場は動きにくいでしょう。日銀の総裁人事も来週あたりにヤマ場を迎える可能性があります」(第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏)

 日銀総裁と副総裁の任命は、政府が人事案を衆参両院に提出し、承認を得る必要がある。黒田東彦総裁(73)の任期満了は4月8日だが、岩田規久男氏(75)と中曽宏氏(64)の両副総裁は、3月19日で任期満了だ。

 総裁、副総裁の人事案をまとめて国会に提出するとなると、タイムリミットは迫りつつあるのだ。

 市場の見方は黒田続投でほぼ一致しているが……。

 「本当にそうかと疑ったほうがいいでしょう。先月行った黒田総裁の会見では、2%の物価上昇を何としてもやり遂げるという意気込みが感じられなかった。黒田総裁と金融政策がほぼ一致している中曽副総裁へのバトンタッチはあり得るでしょう」(市場関係者)

■みずほFG佐藤社長も総裁候補?

 実はもうひとつ、仰天情報が金融市場を駆け巡っている。みずほFGの佐藤康博社長(65)が、日銀の総裁ポストに就く可能性だ。

 佐藤社長は1月中旬に、4月から会長に退くと発表したが、「年齢的に若いし、何らかの公職に就く腹積もりでは……」との臆測が銀行界で囁かれた。ちなみに21代日銀総裁の宇佐美洵氏(1964年12月~69年12月)は三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)頭取から転じている。

「黒田総裁が再任されても、総裁任期は5年です。黒田氏は2%目標を達成した時点で、退任を考えるでしょう。そうなると1、2年で交代するかもしれません。そのとき、日銀総裁に浮上するのは誰か。今から関心が集まっています」(銀行関係者)

 今回の人事で、日銀の雨宮正佳理事(62)が副総裁に昇格すると、ポスト黒田の最有力に浮上してくる。3月の任期満了で日銀を離れる中曽副総裁の“出戻り”もありそうだ。あるいはメガバンク出身者か……。

以上

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・。

投資情報・・・・!! 50倍確実!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 「ソマチット」と「オルゴンシート」の組み合わせにより、癌細胞が消えてしまいます!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

関連記事

カテゴリー