高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

日本に核兵器が何発あるのか?

自衛隊21

日本に核兵器が何発あるのか?

推定500発と私は考えています!!
警戒せよ! 日本は3カ月もあれば何千発もの核兵器を作れる=中国メディア
サーチナ

原発の使用済み核燃料から取り出されるプルトニウムが「日本には原爆6000発分ある」と、中国のメディアが伝えている。(イメージ写真提供:123RF)

原発の使用済み核燃料から取り出されるプルトニウムが「日本には原爆6000発分ある」と、中国のメディアが伝えている。(イメージ写真提供:123RF)
 日本は非核三原則核を厳守しているが、中国は日本を核兵器保有国になる可能性があるして警戒しているようだ。中国メディアの今日頭条は3日、日本が中国、英国、フランスを超えて「第3の核強国」となる可能性について分析する記事を掲載した。

 現在、核兵器を所有していない日本が、どうして核の強国になるかもしれないのだろうか。その理由は、核兵器の材料にもなるプルトニウムを多く所有していることにあるという。

 これは、再利用を目指して原発の使用済み核燃料から取り出された核物質だが、再利用が思うように進まずたまり続けたもので、すでに47トン、原爆6000発分があると言われている。記事は、この量は中国、英国、フランスなどが保有する核兵器の総量よりも多いと危機感を示した。

 記事は、これだけの核物質を手にしていれば、日本は3カ月もあれば何千発もの核兵器を作り、米国とロシアに次ぐ3番目の核強国となることができると主張した。日本はロケット技術や宇宙飛行技術で世界の先端を行っているうえに、戦後も反省を示していないような国だと不信感をあらわにした。

 では、この状況の責任は誰にあるのだろうか。記事は米国にあると批判した。米国が日米原子力協定により日本のプルトニウム開発を例外的に認めたのがそもそもの始まりであり、このままいけば自分で自分の首を絞めることになるだろうと警告。

 米国は日本を支持することで中国とロシアに対抗しようとしているのかもしれないが、このまま日本が核を保有するのを許せば、その時にはもはや米国には日本を抑える力はなくなっているだろうと論じた。

 日本が核保有に対する意欲を示すかどうかはさておき、原発の使用済み核燃料から取り出されるプルトニウムがたまり続けているのは事実だ。

 高速炉のもんじゅもトラブル続きで廃炉が決まっており、核のゴミをどう処理するかは重要な問題と言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

以上

思考を停止させて、脳の働きを捨てたところに超能力が発露します!!

超能力養成講座出席者に、プレゼントします!!

平均年齢70歳の成功者が行うビジネスがあります?

美しさと健康をお金に変えるビジネスです!

自分自身の健康や美を意識することがお金に変わります。

大切な家族、 大切な友人の健康を気にかけてあげることでお金に変わります。

このビジネスはネットではほとんど情報発信されていません。

このビジネスをされている方の平均年齢が70才という高齢の方々ばかりです。

美や健康についてお金に困っていない人たちの中だけで、口コミだけでやり取りされているからです。

この人たちは何をやって、 健康と美をお金に変えているのでしょうか?

これからもこのビジネスがネットで紹介されることはないでしょう。

そんなビジネスを、 ご連絡をいただいた方に限りご案内いたします。

お急ぎの方はこちらの042-365-2728までご連絡ください。

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・。

5月勝負の投資情報・・・・!!20倍確実!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 「ソマチット」と「オルゴンシート」の組み合わせにより、癌細胞が消えてしまいます!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

関連記事

カテゴリー