高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

蒲田の少女たちの間で、「売春」や、「覚せい剤」が流行!!

覚せい剤4

蒲田の少女たちの間で、「売春」や、「覚せい剤」が流行!!

驚かずにはいられない事案である!!

国賊だなあ!!

都内のいたるところで、未成年の少女達が迷宮に入り込んでいるのだろうなあ!!

警察を増員してでも、阻止していただきたいものであるし、関係者は厳罰にして然るべきである!!

小学生売春クラブ経営で逮捕。

 児童買春あっせん容疑、51歳元UFJ行員を逮捕

 警視庁少年育成課は20日、小学生の少女に客を紹介して売春させていたとして、東京都目黒区目黒3、元UFJ銀行蒲田ローンセンター所長代理、滝沢保彦被告(51)(別の強姦=ごうかん=罪などで起訴)を児童福祉法違反などの疑いで逮捕したと発表した。

 少女を紹介されて買春した男2人も、児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕した。
調べによると、滝沢被告は同行行員だった今年3月、渋谷区のビル内で、当時小学6年だった少女(12)を横浜市の会社員岡口公大容疑者(29)に紹介して売春させ、岡口容疑者から6万5000円を受け取った疑い。

 また、昨年11月ごろにも、中学3年の少女(14)を、埼玉県川越市の会社員篠原直秀容疑者(36)に紹介し、同様に6万円を受け取った疑い。

 滝沢被告は、渋谷の繁華街で「フレッシュな女の子募集」というチラシを女子小中学生に配り、応募してきた少女にインターネットで集めた客を紹介して売春させていたといい、同課で余罪を追及している。

小学生に 売春ができるんですか?。。

東洋経済より

秋葉原”少女売春が放置されている街”の真実

本当に「日本のダークサイド」なのか

秋葉原の実態とは?(写真:YNS / PIXTA)

 「秋葉原は児童ポルノと児童買春に溢れている。東京、そして日本の警察機関は女子児童が性的コンテンツ、サービスにかかわることに対して甘すぎる」――いかにも違和感のあるメッセージだが、こうした内容の報道は米国を中心にかなり頻繁に出回っている。

 違法なことが放置されているかのような報道が広がっているのはなぜなのか。秋葉原を巡っていったい何が起きているのだろうか。

 「日本の甘さ」には以前から非難の声

 まず、海外からどのように見られているのか、その一部を見ていこう。

 そもそも、秋葉原だけでなく、日本全体が児童ポルノや女子児童のセックスビジネスへの関わりにについて規制が甘いとの指摘は以前からある。たとえば米国務省の人身売買監視対策部は2014年、日本について厳しい報告をしている。

 この報告では、アジアなどから人身売買された十代の男女が性的搾取や人身売買のために取引される児童が送り込まれる、あるいは取引の中継地点として日本が選ばれることが多く、政府はその対応を怠っているとある。さらに日本の十代の女性が”援交”……すなわち売春を行っており、地下鉄、若者のたまり場、学校、インターネット上などの公共の場で、公然と取引されていると報告している。

 日本の女子学生の13%が援助交際?

 日本の闇に対し、さらに注目が集まったのが2015年10月のことだ。国連人権理事会で「児童の人身売買・児童売春・児童ポルノ」に関する特別報告者をつとめるマオド・ド・ブーア=ブキッキオ氏が来日。26日には外国人記者クラブでの記者会見も行われ、この中で「日本の女子学生の13%が援助交際を行っている」と発言したのだ。

 この発言が真実を指しているならば、確かに日本の闇というに相応しい。しかし、実際にはこの数字に根拠はない。外務省の抗議により、ブーア=ブキッキオ氏が発言を撤回する書簡を日本政府に送付するという出来事が、この後にあった。

 しかし、”少女からの性的搾取”が見過ごされていると国連関係者が発信したインパクトは大きかった。ブーア=ブキッキオ氏の発言を機に、世界中にこの種の情報があらためて発信され、なおも止んでいない。以前からこの話題を追いかけているCNNは、日本のアニメやコミックにおける少女をテーマにした性的表現が、問題の温床になっているとの指摘を含む放送を昨年6月に行ったが、その後も秋葉原のメイドストリートと呼ばれる、メイドカフェのビラ配りで有名な地域を頻繁に取材している。

 秋葉原には駅周辺の目立つ場所にも大人のオモチャやDVD、ブルーレイ販売店があり、決して”清らか”とは言えない状況ではあるが、かつては違法コンテンツを扱っていたショップも、現在は合法コンテンツしか販売していない。もちろん、どんな国、都市にも”裏業者”が存在する可能性は否定できないが、少なくとも”溢れている”という事実は確認できなかった。

 では、”児童買春”と指摘される事実に関しては、本当に秋葉原の街中に溢れているのだろうか。秋葉原で女子高生を従業員として雇うガールズバーなど、JKビジネスにかかわってきた経営者への取材も交えて、その実態を調べてみた。

 女子高生を使った風俗ビジネスの実態とは?

 秋葉原は”JKビジネス”と呼ばれる、女子高生を使った風俗ビジネスの発信地と言われている。とりわけ注目を浴びてきたのが、”JK散歩”と言われる女子高生と一緒に秋葉原を散歩(デート)するサービス、”JKリフレ”というリフレクソロジー(簡易マッサージ)サービス、”JK撮影会”と銘打つ一種の撮影会である。いずれも風営法による届け出が不要な業態ということもあり、メイドカフェブームが一段落した後、2006年ぐらいから急増した。

 JKビジネスは、労働基準法違反、児童福祉法違反、児童ポルノ禁止法違反、興行場法違反など、現行法の範囲内で繰り返しの摘発が行われてきたが、2014年に17歳未満の女性従業員(現役女子高生は18歳も対象)の補導強化を警察が行ったことで、いわゆる”女子児童”を使った密室でのサービスを売りにした店は衰退している。

 秋葉原の場合、メイドカフェ業者の自主規制として街頭での広告配布が可能なエリアが規制されている。地図を見れば判るとおり、観光エリアとしての秋葉原内では広告ビラの配布も自主規制が布かれている。言い換えれば、このエリア以外で広告ビラを配っている業者は、裏業者あるいは何らかの脱法業者である可能性が高い。

 このように、昔からの歓楽街からの距離が近い秋葉原に集まる男性客をアテにして、周辺で風俗業者が営業している。ただし、それらの業者はいわゆる観光地としての秋葉原電気街ではなく、いわゆるJKビジネスとは異なっている(女子高生”風”を売りにした業者や、密室での会話、自由恋愛を促すといった従来からの裏風俗はある)。そもそも、秋葉原の中心部には昌平小学校が存在するため、届け出が必要な風俗店は許可が下りにくいという背景もある。

 このような中で、どのような児童売春の実態があるというか、まずは、海外報道番組などでも頻繁に撮影されている、女子高生がビラ配りを数多く行っている通称「メイドストリート」に向かった。

以上

思考を停止させて、脳の働きを捨てたところに超能力が発露します!!

超能力養成講座出席者に、プレゼントします!!

平均年齢70歳の成功者が行うビジネスがあります?

美しさと健康をお金に変えるビジネスです!

自分自身の健康や美を意識することがお金に変わります。

大切な家族、 大切な友人の健康を気にかけてあげることでお金に変わります。

このビジネスはネットではほとんど情報発信されていません。

このビジネスをされている方の平均年齢が70才という高齢の方々ばかりです。

美や健康についてお金に困っていない人たちの中だけで、口コミだけでやり取りされているからです。

この人たちは何をやって、 健康と美をお金に変えているのでしょうか?

これからもこのビジネスがネットで紹介されることはないでしょう。

そんなビジネスを、 ご連絡をいただいた方に限りご案内いたします。

お急ぎの方はこちらの042-365-2728までご連絡ください。

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・。

5月勝負の投資情報・・・・!!20倍確実!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 「ソマチット」と「オルゴンシート」の組み合わせにより、癌細胞が消えてしまいます!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

関連記事

カテゴリー

presented