高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

日本の海から、2年で魚が消える!!

ミジンコ

日本の海から、2年で魚が消える!!

 ミジンコが、交尾できなくなっています・・・。
 ミジンコ(微塵子、水蚤)は、水中でプランクトンとして生活する、微小な甲殻類である。以下の様なものがミジンコと呼ばれている。

1.鰓脚綱枝角目(ミジンコ目)のもの
2.貝形虫亜綱ミオドコーパ目のもの:カイミジンコ
3.カイアシ亜綱のもの:ケンミジンコ
4.枝角目(ミジンコ目)ミジンコ科の1種

 海の食物連鎖の底辺にいるミジンコが、交尾できなくなって激減しています!!

海洋を汚染する化学物質や、放射能の影響は遂に海の食物連鎖の底辺にいるミジンコを絶滅に追い込んでいます。

 その結果として、プランクトンが激減してしまい多くの小魚が死滅してしまい小魚を餌としていた魚類が死滅してしまいますと、海洋資源は死滅してしまいます・・・・。

 このようにして、いつまでも食べられると思われていた魚が1~2年先から食卓に載らなくなる日が現実になろうとしています。

 昨年、札幌市中心部に近い市中央卸売市場は、お歳暮の代名詞、新巻鮭を買い求める客でごった返し、一年で最もにぎわいました。

 サケは近海ものが多いが、中にはロシアやカナダ産も並び新鮮な魚介類であふれかえり、にぎわいをみせる北海の「台所」だが、いま大きな異変が起きています。

 「半年前に設定した歳末の贈答用サケの調達価格は高値予想をはるかに超えて大打撃だ」。

 原因の一つは、世界を震撼させたウクライナ情勢。

 EUによるロシアへの経済制裁は、ノルウェーやチリ産の流通にも深刻な影響を与え、相場が一気に高騰した。

 道内で約10万本出荷する商品の利益率は5%減少したという。

 今年は日本近海で異変が目立った。

 初夏のカツオが大不漁になる一方で、本来食文化のない北海道でブリが豊漁。

 海水温の上昇など海洋環境の変化が原因との見方が強いが、近海の異常事態は日本の食卓にも深刻な影を与えています。

 一部の漁業関係者は「中国に買い負けている」と、中間層を中心に消費が急増する中国需要が原因との見方を示すが、日本の漁業を取り巻く複合的なマイナス要因が重なった影響で日本人の主食である魚介類が食卓から消えつつあります。

以上

思考を停止させて、脳の働きを捨てたところに超能力が発露します!!

超能力養成講座出席者に、プレゼントします!!

平均年齢70歳の成功者が行うビジネスがあります?

美しさと健康をお金に変えるビジネスです!

自分自身の健康や美を意識することがお金に変わります。

大切な家族、 大切な友人の健康を気にかけてあげることでお金に変わります。

このビジネスはネットではほとんど情報発信されていません。

このビジネスをされている方の平均年齢が70才という高齢の方々ばかりです。

美や健康についてお金に困っていない人たちの中だけで、口コミだけでやり取りされているからです。

この人たちは何をやって、 健康と美をお金に変えているのでしょうか?

これからもこのビジネスがネットで紹介されることはないでしょう。

そんなビジネスを、 ご連絡をいただいた方に限りご案内いたします。

お急ぎの方はこちらの042-365-2728までご連絡ください。
お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・。

5月勝負の投資情報・・・・!!20倍確実!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 「ソマチット」と「オルゴンシート」の組み合わせにより、癌細胞が消えてしまいます!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

関連記事

カテゴリー

presented