高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

角界は、暴力三昧であり「可愛がり」は日常茶飯事である!!

相撲だ15

角界は、暴力三昧であり「可愛がり」は日常茶飯事である!!
八角一味は、詰め腹を切らねばならないだろうなあ・・・。

「八百長相撲」、「相撲賭博」とは縁を切ることだな!1

急加速する「貴理事長」待望論 春日野部屋が暴行事件隠蔽、現執行部に疑問持つ親方続出も必至

zakzak

 大相撲の春日野部屋に所属していた力士(23)が2014年に弟弟子の矢作嵐(やはぎ・あらし)さん(22)の顔を殴って傷害罪で起訴され、16年6月に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けていたことが判明した。師匠の春日野親方(55)=元関脇栃乃和歌=は日本相撲協会理事で、八角理事長(54)=元横綱北勝海=を支える協会執行部No.3の実力者だが、事件を公表しておらず、図らずも協会の“隠蔽”体質を露呈した。角界の不祥事は止まらず、八角体制への批判は高まるばかりで、退陣を求める声が強い。理事選(2月2日)、理事長選(3月)を控え、改革派の貴乃花親方(45)=元横綱=の理事長就任待望論が高まっている。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

 公表されなかった暴行事件について、相撲協会は「春日野より報告されており、理事および親方としての対応に問題はなかった」(広報部)と追認したのだから、あきれるばかりだ。隠蔽体質を認めたようなもの。そもそも、このコメントの発信元が春日野親方が部長を務める広報部なのだから、何をかいわんやである。

急加速する「貴理事長」待望論 春日野部屋が暴行事件隠蔽、現執行部に疑問持つ親方続出も必至: 暴行事件の隠蔽が発覚した春日野親方(右)。貴乃花親方の存在感がさらに増すか

暴行事件の隠蔽が発覚した春日野親方(右)。貴乃花親方の存在感がさらに増すか

 春日野親方は被害者への謝罪の有無について、「何か言ったらまた書くでしょう。何も言えない」とダンマリ。事件を公表しなかった理由を「(加害者の兄弟子が)もう辞めてますから」と開き直るような対応をみせた。

 春日野親方は前回の理事選(16年1月)で当選。同年3月には広報部長に就任。元横綱日馬富士の暴行事件では報道対応の窓口になり、貴乃花親方の解任を受けて、現在は巡業部長も兼任している。

 昨年10月の元日馬富士の暴行事件では、貴乃花親方は弟子の貴ノ岩が暴行を受けたことを協会に報告せず、鳥取県警に被害届を提出したことが問題視され、「事件をまず協会に報告すべき」という危機管理委員会(委員長・高野利雄元名古屋高検検事長)の裁定をもとに理事解任の処分を受けた。

 しかし、こうして協会の隠蔽体質が明らかになってみると、貴乃花親方が取った行動は、事件を闇に葬ることなく、弟子を守るためには妥当だったようにみえてくる。

 2月の理事選への影響も必至だ。

 理事の任免権を持つ評議員会の池坊保子議長は、貴乃花親方が2月の理事選で当選した場合でも理事就任を認めない可能性を示唆している。しかし、春日野親方や、協会トップとして隠蔽を追認した格好の八角理事長が再選した場合も、同様でなければ筋が通らないだろう。

 懐刀の春日野親方の隠蔽をあぶりだされてしまった八角理事長は土俵際だ。「今の執行部でいいのか?」と疑問を持つ親方衆が続出することは必至。現執行部は死に体、貴乃花親方の存在がにわかにクローズアップされる展開になっている。

 【暴行事件経緯】

 事件が起きたのは2014(平成26)年9月5日夜。13年に入門した加害者の兄弟子(23)=15年7月引退=が、「掃除のしかたが悪い」などとして、7カ月前に入門したばかりだった千葉県出身の弟弟子、矢作嵐さん(22)を呼び出し、顔を拳で殴り腹を蹴った。矢作さんは、あごの骨が折れる重傷を負い、味覚消失の後遺症がある。引退を余儀なくされ、現在は清掃業で生計を立てている。

 矢作さんは病院で手術が必要という診断結果を伝えると、春日野親方から「勝手なことをしやがって」と怒られたという。矢作さんは14年10月に兄弟子を刑事告訴、16年6月に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が確定した。必要な治療を受けさせなかったとして、春日野親方も保護責任者遺棄容疑で刑事告訴したが不起訴処分となった。事件発生時の危機管理部長は貴乃花親方だった。

 矢作さんは昨年3月には春日野親方と元力士に3000万円の損害賠償を求める訴訟も起こした。

 春日野親方は11年に、弟子をゴルフのアイアンで殴る暴行問題を起こしたが、弟子が被害届を出さなかったため事件化は見送られた。

大相撲また不祥事…八角理事長は理事長選に出馬する資格があるのか? 追突事故の大砂嵐は容疑否認も引退必至

zakzak

 元横綱日馬富士の傷害事件、立行司の式守伊之助のセクハラ問題に続き大相撲で不祥事が止まらない。エジプト出身の西十両8枚目大砂嵐(25)=大嶽部屋=が今月3日に長野県内で無免許運転の上、追突事故を起こしていたとして県警から道交法違反の疑いで調べを受けていることが21日、判明した。改めて相撲協会の八角理事長(54)=元横綱北勝海=の管理能力が問われる事態だが、2月の理事選、3月の理事長選でも八角体制の続行は確実と言われる。改革を唱える貴乃花親方(45)=元横綱=と激しいつばぜり合いも続く。八角理事長に理事長選に出馬する資格はあるだろうか。

 第一報は大相撲初場所中継終了1時間後のNHKテレビ『ニュース7』だった。

 「1月初めに、長野で大砂嵐は運転したうえ、物損事故を起こして長野県警の調べを受け、運転していたのは妻と主張したものの、防犯カメラの映像で大砂嵐自身が運転していたことが判明した」と報じられた。日本相撲協会は現役力士の車の運転を禁じている。

 大砂嵐は、相撲協会にも、師匠の大嶽親方(57)=元十両大竜=にも事故を報告していなかった。報道で事故を知った相撲協会は、8日目の打ち出し後、大砂嵐と大嶽親方を呼び出して事情を聴いた。

 春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)は「協会も今日初めて知った。私は解説(NHKテレビ)をしていたけど、戻ってきて初めて知った」と困惑。大砂嵐からの聴取を終えて、午後11時半に春日野部長は報道陣に対応し、NHKの報道と事実関係に食い違いがある可能性があるとして、さらに調査を進める方針であることを表明した。

 「妊娠中の(エジプト人の)夫人が運転していたが、事故を起こし、直後に夫人をかばおうと、大砂嵐が運転席に移ったと話している」「大砂嵐の国際免許が切れていたとの報道については、そもそも持っていなかった」と春日野部長。「(この2点については)報道とは違うので、さらに確認を進めます」とした。

 物損事故で、損害は大砂嵐が弁済しているという。夫人が所持する国際免許はエジプト政府から発給されたものだが、日本国内で有効だったかも問題になっているという。

 さらに、大砂嵐の代理人の長谷(ながたに)一雄弁護士も、NHKの報道に異論を唱えた。

 「今回、一方的に警察の捜査を受けていることが報道されたことは大変遺憾。大砂嵐としては、道路交通法違反に関して、正当な防衛をしたいと考えています。その防衛手段を打ち砕くように、テレビ局(NHK)の報道が一方的になされました」と主張。

 「弁解の機会を与えていただくべく、今後警察に出頭し、説明を尽くす予定にしていた。報道されていることは、すべてが事実ではない」と訴えた。大砂嵐も報道陣の前に姿を見せたが質問に無言を貫いた。

 大嶽親方は「大事な時にこういう問題を起こし、協会にも私にも報告していなかった。相撲を取れる状態じゃない」と、初場所9日目(22日)から大砂嵐を休場させると発表。8日目まで1勝7敗で、春場所(3月11日初日・大阪府立体育会館)は幕下転落が決定的となったが、仮に協会で禁止されている車の運転を無免許でしていたことが事実なら、二度と土俵に上がることは許されないだろう。

 一言も発しなかった弟子に代わり、大嶽親方は「大砂嵐が車の不祥事を起こしたことに対し、師匠としておわび申し上げます。関係者のみなさん、何より相撲ファンの方に不愉快な思いをさせてしまい、おわびするしか考えておりません」と平謝りだったが、親方としてもお粗末といわざるをえない。

 そもそも、4日が新年の稽古始めだったが、3日に事故を起こしたことばかりか、7日に長野県警に出頭していたことも知らなかったという。

 実は大砂嵐は一昨年6月に、日本人の彼女がいながら、エジプトに帰省した際に、日本に留学していたエジプト人女性と、大嶽親方に内緒で結婚式を挙げたと、週刊新潮に報じられた。それが今回の夫人だという。

大相撲また不祥事…八角理事長は理事長選に出馬する資格があるのか? 追突事故の大砂嵐は容疑否認も引退必至: 今度は大砂嵐の不祥事に、八角理事長も天を仰ぐか

度は大砂嵐の不祥事に、八角理事長も天を仰ぐか

 大嶽親方は「みなさん(報道陣)もご存じでしょうけど、結婚も正直私はまだ認めていないんです」というのだから、もうムチャクチャだ。

 角界はおりしも、初場所後の2月2日に行われる理事選へ向けて、水面下で親方衆の思惑が火花を散らしている。貴乃花一門に属している大嶽部屋の不祥事は、貴乃花親方にとって痛手といえるかもしれない。

 大嶽親方は、池坊保子氏が議長を務める評議員会で評議員の重職を務めているが、師匠として監督責任を問われるのは避けられないところだ。

 八角理事長も元横綱日馬富士の暴行事件を機に、九州場所終了後に2度も研修会を開いたが、その後も不祥事は止まらず。貴乃花親方(45)=元横綱=との勢力争いばかりがクローズアップされているが、改めて指導力を問われる結果となっている。3月の理事長選では八角理事長の再選濃厚といわれるが、このままでいいのだろうか。

以上

超能力養成講座出席者に、プレゼントします!!

アンチエイジングの王様!!

80年もの酵素・肌が瞬く間に若返ります!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・。

5月勝負の投資情報・・・・!!20倍確実!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

 「ソマチット」と「オルゴンシート」の組み合わせにより、癌細胞が消えてしまいます!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

関連記事

カテゴリー

presented