高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

その死に異議あり!!

相撲6

その死に異議あり!

2015年6月20日

大相撲の元大関貴ノ浪の音羽山親方(本名・浪岡貞博さん)が20日午前10時55分、、急性心不全のため滞在先の大阪市内のホテルで死去した。43歳だった。青森県出身。

 音羽山親方が原因不明のせきに悩まされたのが、昨年1月だった。せきがとまらずに「胸の下のところにしこりがあった」として、名古屋市内の病院で精密検査したところ、胃がんが見つかった。

 手術を受け、約3カ月の入院後、復帰。

 以降は1日に3升は飲んでいた酒も、40本は喫煙していたたばこもずっと控えていた。

 ただ、体調に不安がないように見えた一方で、薬を多く服用し、心配する声も周囲にはあった。

 引退後に結婚していて家族は嫁と子供がいる。
 妻の名前は陽子さん。親方が現役力士時代に 名古屋で出会った。

 問題はここからです。

 死の直前まで、音羽山親方(元大関貴ノ浪)は、持ち前の手練手管を駆使して、貴乃花に同調する親方衆をどんどんと増やしていましたが、錦戸親方(元関脇水戸泉)まで仲間にしたところで、大阪へ向かい愛人に会い20日午前10時55分、、急性心不全のため滞在先の大阪市内のホテルで死去したのですが、私には何か不自然さを感じるのです。

 私の大阪関係の知人から入った女の素性ですが、相手は、愛人と言ってもホテルで逢引するだけの関係であり、交際範囲も広いしたたかな女という事ですし周囲には音羽山親方(元大関貴ノ浪)との関係を吹聴していたと言います。

ここからは仮設です・・・・。

 こんな馬鹿な女であれば、2000万円ていどをわたせば事に及ぶ前にバイアグラくらい相手に飲ませることくらいは簡単であろう。

 相手は心臓に爆弾を抱えた男・・・・。

 頼んだのは、顔見知りの食肉業者・・・この女性は今どこに・・・消えてしまったようです。

 消えた名目は、「マスコミがしつこいから・・・」とのことのようだが・・・。

音羽山親方の死因となった「急性心不全」とは?  

 肺から血液を吸い上げる心臓のポンプ機能が急激に低下し、全身の血液の流れが滞ってしまう状態のことをいいます。

 心不全は急性と慢性で重篤度も対応も異なります。

元大関貴ノ浪、音羽山親方急性心不全で死去 43歳

[2015年6月20日21時24分]

 1971年(昭46)10月27日、青森県三沢市出身。中学時代に当時の藤島親方(元大関貴ノ花)にスカウトされ角界入り。

 87年の春場所で浪岡として初土俵を踏み、91年の九州場所で新入幕。親方の貴ノ花と本名の浪岡から「貴ノ浪」とした。

 93年夏場所には小結、続く名古屋場所で関脇に昇進。94年初場所後に大関となった。

 196センチの恵まれた体格を生かした豪快な取り口で人気を集め、96年初場所では、同部屋の横綱貴乃花と優勝決定戦の末、初優勝。2000年夏場所で負け越し、2度目の大関陥落となった後も土俵に上がり続け、平幕だった04年3月に現役を引退。

 年寄音羽山を襲名した。幕内成績は76場所で647勝473敗。大関在位37場所は歴代7位。幕内優勝2回、敢闘賞3回受賞。

 現役時代から心臓に疾患があり、06年に体調を崩し、心房細動、敗血症などで入院。 一時心停止となったが、その後一命を取り留めていた。

  04年夏場所で引退を表明し、年寄「音羽山」を襲名。その後は貴乃花部屋付きの親方として指導を続け、今年2月からは審判委員を務めていた。

 ことし2月からは日本相撲協会の審判委員に起用され、土俵下で目を光らせていた。

貴ノ浪さん急死 大きすぎる貴乃花親方の“損失”

優勝決定戦で貴乃花(下)を河津掛けで破って初優勝を飾った貴ノ浪(1996年の初場所)

 角界はまた一人、貴重な人材を失った。大相撲の元大関貴ノ浪で幕内優勝2回の音羽山親方(本名・浪岡貞博)が20日、急性心不全のため死去した。

 43歳の若さだった。

 21日には名古屋市内の斎場で通夜がしめやかに営まれ、貴乃花親方(42=元横綱)をはじめ関係者約300人が参列。

 早すぎる死を悼んだ。

 豪快な取り口でファンを沸かせ、卓越した観察眼と冷静な分析力の持ち主。将来誕生するであろう“貴乃花理事長”の右腕として大きな期待をかけられていただけに、貴乃花親方にとっても大きな損失となった。

 気さくな人柄と温厚な性格で親しまれたことを物語るように、通夜には相撲界からだけでなく、スポーツ界や芸能界からも多くの弔問客が訪れた。

 あまりにも急な別れに、同じ貴乃花一門の阿武松親方(53=元関脇益荒雄)は「彼の遺志を継いで、強い力士を一生懸命に育てるだけ」と目を真っ赤にして追悼。

 祭壇にはデジタルフォトフレームで3種類の遺影が映し出され、ひつぎには生前に愛用していた眼鏡が入れられた。

 現役時代に何度も対戦した玉ノ井親方(38=元大関栃東)は「すごく特徴がある力士だった。前から体調が悪いことは知っていたが…。

 急すぎてビックリしている。何も言えない」。同じ青森県出身の十両若の里(38=田子ノ浦)は「突然のことで信じられない。ずっと稽古をつけてもらっていた。

 青森巡業で三番稽古をヘトヘトになるまでやった。平成9年(1997年)の九州場所で大関(貴ノ浪)が幕内優勝して自分が十両優勝。

 地元の青森の人が大喜びした。

 いろいろ面倒を見てもらって、感謝しています」と故人をしのんだ。

 一方で、貴乃花親方は事前に関係者を通じてこの日は報道陣にコメントしないことを通達。沈痛な面持ちで斎場を後にしたが、音羽山親方が死去したことによるダメージの大きさは、相撲界の中でも特に貴乃花一門にとって計り知れないものと言っていい。

 貴乃花親方は強烈なカリスマ性を持つ一方で、どこか孤高なオーラを身にまとっている。音羽山親方は明るく親しみやすい性格で周囲の人望も厚い。

 頭の回転も速く、まさに参謀役としてうってつけの存在だった。いわば2人は、表裏一体の関係だった。

 いずれは貴乃花親方が日本相撲協会の理事長になることに異論をはさむ余地はない。そうなれば、自らの意思を協会全体に浸透させる「右腕」として音羽山親方を役員などで重用したはずだ。

 現役時代は横綱にこそなれなかったものの、曙(46)や武蔵丸(44=現武蔵川親方)ら列強がひしめく「若貴時代」の中で幕内優勝2回は立派な成績。

 親交があった元サッカー日本代表FWの釜本邦茂氏(71=日本サッカー協会顧問)が「早すぎるよね。これから貴乃花親方の手足として相撲界を引っ張っていってもらわないといけないのに…」と悔やんだように、将来は“貴乃花理事長”の参謀、さらにはスポークスマンとしての役割も担っていたはずだ。

 角界全体にとっても、来るべき角界の新時代のキーマンを失った格好。貴乃花親方の最大の理解者を失った損失は、あまりにも大き

 以上

 この貴ノ浪の死によって、八角は水を得た魚と成った!!

 しかし、この件があるから角界から「八百長相撲」、「相撲賭博」を無くそうと孤軍奮闘する貴乃花の命は助かっている!!

 八角の後ろの闇は、食肉業者と広域暴力団、総会屋達であるから何でもありだな・・・・。

投資詐欺団

「セミナー」を開催したり、「パーティー」を開いて、そこに有名人を招いて参加者を信用させて「金」を巧みに巻き上げる!!

被害者の会 042-361-9072

平成29年11月18日の「第2回超能力養成講座」のビデオ1万円!!

ビデオを見て、「超能力」を学べます!! 超能力者続出!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・。

2月勝負の投資情報・・・・!!

10倍確実!!

高濃度PCBと微量PCBの処理事業参加企業募集!!

構造不況の中で、唯一躍進する業種です!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

肌のしわが消えて、ツルツルの肌に、成ることも分かりました!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!!

関連記事

カテゴリー