高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

「八百長横綱」である白鵬の実像がやばい!! 白鵬こそが化膿した腫れ物であることに気づいていない!!

相撲18

「八百長横綱」である白鵬の実像がやばい!! 白鵬こそが化膿した腫れ物であることに気づいていない!!

今こそ「日本相撲協会」の大改革が必要!!

日馬富士暴力事件の本質を見失うな !!

事実と異なる話が独り歩きした背景とは・・・!!

AERA dot.

 九州場所開催中の11月14日、一部スポーツ紙がスクープして事件が公になった。

日馬富士は同日の朝稽古後、10月25日の晩に巡業先の鳥取県で平幕・貴ノ岩(27)に暴行した事実を認めた。

ともにモンゴル出身だ。

「貴ノ岩のけがについて……大変迷惑を掛けたことを深くおわび申し上げます」

 そう謝罪した日馬富士は、3日目からの休場を決めた。

被害者の貴ノ岩は初日から休場しており、11月13日に日本相撲協会が公表した診断書によると「脳振盪、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間」。

 加害者が暴行を認め、(のちに診断した医師が疑義を申し立てたものの)診断書によれば被害者のけがも重傷であることから、この時点で日馬富士の逮捕や引退もあると報じられた。

 後に続いた報道は、

・日馬富士が貴ノ岩を殴ったときにビール瓶を使っていたか否かとか、

・相撲協会への報告より前に警察に被害届を提出していたことが不可解だと貴ノ岩の師匠の貴乃花   親方に矛先が向いていく。ビール瓶うんぬんは刑事事件としての量刑に関わる部分ではあるが、大相撲という伝統文化の中で横綱の暴力は、その事実だけで厳重な処分に匹敵する。

 事実と異なる話が独り歩きしています。

・あの酒席は最初に伝えられたようなモンゴル人力士の集まりではなかった。

・鳥取城北高校のOBが集まるから、と声を掛けられた貴ノ岩が行くと、白鵬、日馬富士、鶴竜という3横綱がいた。

・鳥取城北の相撲部監督の息子で同部OBの石浦を内弟子にしている白鵬がいるのは想定内でも、

・あとの2横綱がいたのは貴ノ岩からすれば想定外。

・その酒席で貴ノ岩が『もうあなたたちの時代ではない』と言って日馬富士がキレた、と報じた記事がありましたが、貴ノ岩の言葉は『俺たちの時代だ』というもので、

・それも、その場では口にしていない。

・その言葉が『もうあなたたちの……』と変質して横綱たちに伝わり、それを白鵬はその酒席で問い詰めた。

・貴ノ岩は『そういう言い方はしてません』と答えていたが、脇にいた日馬富士がキレた

・一方、貴乃花親方の行動も確かに不可解で、まず協会に報告するのが筋だ。

・貴乃花親方を知る関係者に言わせれば、「協会は現役横綱の不祥事は避けたい。貴乃花は、うやむやにされたくなかった」。

 ・22日には協会から貴ノ岩の聴取に協力するよう要請されたが貴乃花親方は拒否。

・これも前出の関係者によれば、「あくまでも警察の取り調べを優先するという意思の表れ」だとか。

 ・兄で元横綱・若乃花との確執など、これまで色々な場面で物議を醸してきた貴乃花親方の“融通のきかない正義感”が、弟子を守ろうとして極端な形になったのかもしれない。

・24日の日刊スポーツは1面で、「(モンゴル大統領特使を務める)元朝青龍が、バトト ルガ大統領に報告、大統領が安倍首相と話し合いたいと言った」との記事を掲載し、日本・モンゴル間の国際問題かのような表現だ。

 ・元4アナウンサーで大相撲を65年間見てきた杉山邦博氏は、ワイドショー的に話題が拡散している状況について「残念で仕方がない」と憂えている。

・この事件のせいで相撲界にはまだ暴力があるんだと思われるのが極めて残念。

・横綱は全ての力士の頂点に立ち、あらゆる点で手本を示すべき立場です。

・ことの次第がどうであれ、横綱が暴力行為に及んだのだから、厳しい批判も甘受しなければいけない。

 ・横綱の暴力。ことの本質を見失ってはいけない。

(ライター・岸本貞司)

※AERA 2017年12月4日号

貴乃花親方の母・藤田紀子、日馬富士暴行問題は「そのもとがある。今、口に出せない」

デイリースポーツ

 貴乃花親方の母親で女優・タレントの藤田紀子(70)が29日、テレビ朝日系の生番組「ワイド!スクランブル」で、横綱日馬富士の平幕貴ノ岩への暴行問題について、貴乃花親方の言動にバッシングが強まっていることに反発、暴行問題には「口に出せない」背景があるとした。

 藤田は前日28日、八角理事長が「暴力問題の再発防止について」をテーマに、十両以上の力士を対象にした講話を行ったことについて「理事長の講話、暴力のことだけでよろしいんですかね?

そのもとがあって、この暴力行為があるんですよ。

それを私は、この事件を知ってから、最初っから分かっております」と、日馬富士が貴ノ岩を暴行した背景が他にあることを示唆。

 「暴力は、この、今、私が口に出せないことを、はあ…ちょっと難しいですね」と苦笑いをもらして言葉をにごした藤田は「貴乃花親方が口に出してハッキリする時期が来たら、私も31年間見てきたこと、聞いたこと、実際にそういうことがあったこと、全てお話し致します」と、角界と親子で対決する覚悟を示していた。

梅沢富美男、白鵬の「巡業部長を代えて欲しい」に激怒…「膿ってこのことか」

スポーツ報知

 1日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で日本相撲協会が30日に東京・両国国技館で定例の理事会について特集した。

 理事会には、横綱・白鵬(32)と師匠の宮城野親方(元幕内・竹葉山)が呼び出され、九州場所千秋楽の優勝インタビューで観客に万歳三唱を促すなどした言動について厳重注意された。

番組では28日に八角理事長(元横綱・北勝海)が行った「講話」で「貴乃花巡業部長を代えてほしい」などと発言したのが白鵬だったと報じた。

 この白鵬の発言に俳優の梅沢富美男(67)は「こんなことを横綱に言わせるのはおかしい。

行きたくねぇとか言っちゃいけない話です。

そんなことを平気で言わせているのはおかしい。

膿っていうのはこのことですか。

そんなバカな話しない」と憤慨した。

 漫画家のやくみつる氏(58)は

「己が化膿した腫れ物になったことに気づくべきです」

と指摘していた。

白鵬をけんせき処分へ不規則発言で相撲協会

朝日新聞デジタル

 大相撲の元横綱日馬富士(33)が幕内貴ノ岩(27)に暴行したとされる問題を巡って、九州場所(福岡国際センター)の優勝インタビューでの横綱白鵬(32)の言動に対し、日本相撲協会が30日午後の理事会でけんせき処分を科す方針であることがわかった。

白鵬周辺の関係者が明らかにした。

協会は同日に白鵬を東京・国技館に呼び出し、事情を聴いた上で処分を伝える見込み。

 白鵬は千秋楽の26日、土俵わきでの優勝インタビューの中で暴行問題に触れ、「日馬富士関と(殴られたとされる)貴ノ岩関を、再びこの土俵に上げてあげたいと思います」などとファンに訴えた。さらに、観客に呼びかけて万歳した。

 これに対し、横綱審議委員会の北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)が翌27日、「何か自分でできるような感じでね。そういうことを言うのは横綱としておかしいのではないか」と苦言を呈していた。

日馬富士は29日、暴行問題の責任を取り、現役引退を表明している。

 現役横綱に対する処分は異例。

日馬富士引退会見に「この恐ろしい上下関係がありえない」

スポーツ報知

 30日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)で大相撲の横綱・日馬富士(33)=伊勢ケ浜=の引退会見を特集した。

 スタジオに生出演した貴乃花親方の母親でタレントの藤田紀子(70)は引退会見で日馬富士が事件翌日に貴ノ岩が謝罪に来たため、事が大きくなるとは思っていなかった旨の発言をしたことに

「ことの重大性が分かっていない」

とし、その後、一部報道で日馬富士、白鵬がラーメンを食べに行ったなどと伝えられていることにふれ

「人を暴行して救急車も呼ばないで行ける神経は一般社会から絶対ありえない」

などと断じた。

身を削った日馬富士貴乃花親方も相撲界の権威失墜を防ぐために協力すべき…記者の目

スポーツ報知

 日馬富士の引退で、相撲協会は処分を下さずに済んだ。

結果的に引退させたとしても、数場所の出場停止にとどめたとしても「厳しい」「甘い」という批判が出る可能性が高かった。

伊勢ケ浜親方は会見で「横綱の名を汚してほしくなかった。その責任は取らないといけない」と語った。

日馬富士は自分で引き際を決めたことで社会的な制裁を受け、一人の力士として協会に筋を通した形だ。

 ただ、真相究明は道半ば。協会による事態収拾を長引かせている一因は、貴乃花親方の非協力的な姿勢と貴ノ岩の沈黙だ。

暴行騒ぎは巡業中で、巡業部長としての管理責任がありながら報告を怠った。

理事として相撲界の発展に努める立場なのに、聴取を拒み続けることで、むしろ協会の求心力を低下させている。

 親方として鳥取県警による聴取に応じてはいるものの、協会幹部としての協力姿勢は不十分。

日馬富士は身を削った。

今度は貴乃花親方が相撲界の権威失墜を防ぐために協力すべき。事態収拾がなければ、再発防止も始まらない。

(相撲担当キャップ・網野 大一郎)

 そもそも、派閥の力学により「八百長相撲」を行っていた者達が何食わぬ顔をして「日本相撲協会」の執行部に座っているからこそ徒党を組んだ「モンゴル力士会」、「モンゴル互助会」になめられてしまい小言を言うと

 「お前たちも八百長相撲をやっていたじゃあないか!!」

と居直られてしまい何事も言えなくなるのである!!

 また公私ともに増長する白鵬は、自ら「八百長相撲」を主眼とする「モンゴル互助会」(角界のマフィア)を率いており、その所業は、「横綱」の品位や礼節、風格を蹂躙するものである。

 白鵬こそが角界をマフィア化して「八百長相撲」を取り仕切り、相撲界の裏表の両面の頂点に君臨しようとしている張本人なのです!!

 そして、40回優勝という金字塔の影には、およそ相撲には受け入れかねる立会い時の「ひじうち」もしくは「エルボースマッシュ」たるや目を覆うばかりの行為である。

 しかも、立会い時に「ひじうち」を繰り出す右腕の肘部分には、内側は柔らかく相手力士と激突する部には強固な繊維で編まれたサポーターを二枚重ねで装着しており、相撲とは大きくかけ離れた装備を装着して土俵に立つという有様なのである。

 このような無謀ともいえる白鵬の所業を誰も止めないという異常な状況に貴乃花は激怒しており、今回の「貴ノ岩暴行事件」を期に日本相撲協会に司直のメスを入れさせて、角界の浄化と改革を推進しようと覚悟を決めたのである。

 「貴乃花従業部長の下では、冬巡業に参加できない!!」

「 力士の総意である!!」

よくこのようなことを白鵬は言うものだが、聞くほうも聞くほうである!!

白鵬も追い込まれており、苦し紛れの所業であろう。

白鵬は、自分が角界を牛耳っていると、誤診しているのであろう・・・・。

 ゆえに「大義」は、貴乃花にあり他の者達には「大義」のかけらもない!!

 早い話が、脛に大きな傷のある者達が「神事」である「相撲」の協会である「日本相撲協会」の中枢にたむろしていること自体が異常なのである!!

また横綱審議委員会に、破廉恥な行為ばかりして物議を醸しだした年増を据えるなどは言語道断である!!

 さらに宗教団体に身売りした新聞社社主を横綱審議委員会の委員長に据えることなども如何なものかと思料する次第であります!!

 このように「日本相撲協会」の体質は、腐りに腐っており「一大切開」が必要である。

特殊能力を呼び込む品物です!!

こんなものが? 人々の特殊な力を蘇らせてくれます!!

平成29年11月18日の「第2回超能力養成講座」のビデオ1万円!!

ビデオを見て、「超能力」を学べます!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・。

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「第三回超能力養成講座」・・・2018年2月参加者50人全員が、できる超能力を教えます!!

「UFOと宇宙人類遭遇ツアー」…2018年5月UFOを召喚して、宇宙人類と・・・。定員40人。

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

関連記事

カテゴリー

presented