高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

大相撲は、神前相撲であり聖域であることを忘れて「イカサマ三昧」とは!!

相撲6

大相撲は、神前相撲であり聖域であることを忘れて「イカサマ三昧」とは!!

 相撲協会評議委員会・池坊議長は不快感を示す!!

 協会理事や巡業部長の職務を怠った?

 週明けには、貴乃花理事解任!!

 NHKは、貴乃花はずし?

 大馬鹿どもである貴乃花は、「イカサマ相撲」を止めろと言っているだけだぞ!!

 モンゴル勢の角界かく乱を「日本相撲協会」は、いつまでも許すのか!!

 今、思えば旭鷲山は、現役の時代は「イカサマ相撲の花盛り」であり「相撲賭博」の仕切りをしたり、「星の売買」の仲介役をしていました。

 ある時、広域暴力団I会から金を貰って「負け」なかったのでI会は「相撲賭博」で大損をしてしまいましたので、旭鷲山の相撲部屋にトラックを突っ込ませましたが、慌てた旭鷲山はこれまた広域暴力団のG組に泣きこんで、調停をしてもらい以後G組に鞍替えをして「相撲賭博」にせいを出していましたが、何度となく「星買い現場」を、マスコミにリークされてしまい退職に追い込まれてしまいました・・・。

 この時、協会は苦慮していましたが何も言えずにG組と旭鷲山のしたい放題でした。

 この旭鷲山が、「モンゴル相撲協会」の会長だとさ!!!!!!!!!

 その風潮が、今も改善していないのですから貴乃花親方が協会の姿勢を批判するのです!!

そのことを知ってか知らずか

相撲協会評議委員会・池坊議長は不快感を示す!!

協会理事や巡業部長の職務を怠った?

週明けには、貴乃花理事解任!!

NHKは、貴乃花はずし?

とは何事か!!

貴乃花の爪の垢でも煎じて飲むといい!!

もう闇社会とは、縁を切って「イカサマ相撲」を止めることだ!!

正義漢は、如何なる迫害にも負けることはない!!

やく氏、貴乃花親方が無言で「貴ノ岩が痛くもない腹を探られることになっている」
サンケイスポーツ

 漫画家のやくみつる氏(58)が24日、レギュラーを務めるフジテレビ系「みんなのニュース」(月〜金曜後4・50)に生出演。大相撲の横綱日馬富士(33)による暴行問題で、負傷した平幕貴ノ岩(27)の師匠、貴乃花親方(45、元横綱)が無言を貫いていることについて、「(貴乃花)親方が口を閉ざしているから、余計に貴ノ岩が痛くもない腹を探られることになっている」と苦言を呈した。

 貴乃花部屋の関係者がワイドショーの取材に応じる一方で、当事者の貴ノ岩や親方が語らない異例の事態となっている。

 やく氏は「貴乃花親方が言論を統制しているような状態のときに、貴ノ岩が支援者に(電話で)話してしまった。余計に貴乃花(親方)の立場を悪くしてしまう」と現在の状況を懸念した。

 九州場所千秋楽翌日の27日に横綱審議委員会による定例会合があるが、「協会が事態の全貌を把握できていない状況で横審が判断を下すのは無理。日馬富士への何らかの処分は先送りになると思う」と推測。

 30日には日本相撲協会の理事会が開かれる。やく氏は理事でもある貴乃花親方が「出るとつるし上げを食らいかねない。果たして出席が可能かどうか疑問」とした上で、「理事会こそがいまの思いの丈をしゃべる場」と一刻も早い説明を求めた。

日馬富士暴行事件、元旭鷲山氏「あの部屋の人を殴ったのが間違いだった」

スポーツ報知

 22日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で大相撲の横綱・日馬富士(33)=伊勢ケ浜=が幕内・貴ノ岩(27)=貴乃花=を殴打した暴行事件を特集した。

 番組では21日に来日したモンゴル出身初の関取の元小結旭鷲山氏(44)を取材。旭鷲山氏は、今回の事件が混迷している原因のひとつとして「あの部屋の人を殴ったのが間違いだった」と貴乃花部屋の力士を殴打したことに挙げ、「他の部屋の親方なら何とか話しすると思うけど、あの親方はちょっと話し聞かないと思います」と示した。

 事件発生後、旭鷲山氏が様々な発言をしていることに小倉智昭キャスター(70)は「随分前に引退して今、生活の基盤はモンゴルなんでしょ。

 なんでこんなに情報が集まっているの」とし「彼にとってこの騒動は関心のあることなんですか」と疑問を投げかけた。さらに同氏が今回の来日で機会があれば当事者に会いたいとしていることに「旭鷲山が来ても日馬富士や貴ノ岩が会って話しをしたりすることはないと思うけどね」と示していた。

日馬富士がブチ切れたのは「間欠爆発症」のせい? 精神科医が分析

AERA dot.

 大相撲の横綱、日馬富士が平幕の貴ノ岩を暴行した問題で角界が揺れている。厄介なことに、現場となった鳥取市内のラウンジに居合わせた同席者の証言が食い違っているうえ、貴ノ岩側が日本相撲協会と鳥取県警に提出した2つの診断書の内容が異なっているようだ。

 さらに、貴ノ岩の師匠である貴乃花親方が現執行部に不信感を抱いているのではないかとか、この問題を相撲協会の次期理事長選で勝つために利用しているのではないかと見る向きもあり、さらなる混乱を招いている。

 精神科医で、『オレ様化する人たち――あなたの隣の傲慢症候群』(朝日新聞出版刊)の著者である片田珠美さんが、日馬富士暴行事件の裏に見え隠れする、相撲界の体質について分析した。

■アルコールの影響による「脱抑制」

 1つだけたしかなのは、日馬富士が酒席で貴ノ岩を殴打して負傷させたことだ。事件が起きたのは2次会だが、1次会から酒のピッチが上がり盛り上がっていたらしいし、日馬富士の酒癖の悪さは何年も前から指摘されていたということなので、精神医学的にはアルコールの影響による「脱抑制」の可能性が考えられる。

「脱抑制」とは、アルコールなどの影響で、文字通り抑制がきかなくなることだ。日頃は借りてきた猫のようにおとなしいのに、酒が入ると人が変わったように攻撃的になり、ときには暴力まで振るう人がいるが、こうした傾向が日馬富士にもあるのではないかと疑わざるを得ない。

■「間欠爆発症」の可能性

 日馬富士が鳥取県警の事情聴取に対し「貴ノ岩の態度に腹が立ち、殴った」という趣旨の説明をしているところを見ると、「間欠爆発症」の可能性も否定できない。「間欠爆発症」は、怒りや攻撃衝動を制御できない衝動制御障害の一種であり、激しい口論や喧嘩、他人への暴力や器物の破壊などを繰り返す。しかも、攻撃性の爆発は、きっかけとなるストレスや心理社会的誘因と釣り合わないほど激しい。

 今回の事件を振り返っても、日馬富士が激高したきっかけと攻撃性の爆発が釣り合わない印象を受ける。横綱の白鵬に生活態度を注意されていた貴ノ岩が、話の最中に、知人から連絡が来たとしてスマートフォンを操作したことがきっかけのようだが、「怪我をさせるほど怒るようなことなのだろうか」と疑問を抱かずにはいられない。

 もちろん、アルコールの影響で「脱抑制」の状態になっていたせいでもあるのだろうが、それにしても爆発が激しすぎるように筆者の目には映る。したがって、「間欠爆発症」と言い切ることはできないにせよ、少なくとも日馬富士の衝動コントロールが未熟であることは指摘しておきたい。

■横綱としての特権意識

 その背景に、横綱としての特権意識があるようにも見える。「自分は横綱で特別な人間だから、少々のことは許される」「普通の人に適用される規則は、自分には適用されない」などと思い込んで暴走したのではないか。

 強い特権意識ゆえに、殴られた相手の痛みや怒りを想像できず、制御不能になってしまった可能性もある。いずれにせよ、横綱という特権的な立場ゆえの傲慢さが、強い特権意識と想像力の欠如の最大の原因のだろう。

 もっとも、これは日馬富士1人の資質に帰すべき問題ではない。というのも、番付がすべての角界において、最高位の横綱が少々暴走しても許容する“空気”が漂っているように見えるからだ。

 その意味では、角界全体が「イネイブラー(支え手)」になっている可能性は高い。アルコール依存症患者の周囲には、飲み続けることを可能にする「イネイブラー」がいて、酒代を与えたり飲酒による不始末の尻ぬぐいをしたりするからこそ、本人が酒をなかなかやめられないことがよくあるが、それと同様に角界にも横綱の暴走を許容する「イネイブラー」が存在するのではないか。

「脱抑制」も、「間欠爆発症」も、傲慢さも、周囲から許容されると、拍車がかかる。力士の不祥事がこれまで繰り返されてきたのも、許容する「イネイブラー」のせいだと考えれば、納得がいく。今回の暴行事件を徹底究明して、暴走を許容しない角界に体質改善することを切に望む。

貴乃花親方がバッシングされても相撲協会と決裂した本当の理由

AERA dot.

 日馬富士暴行事件を巡って22日、日本相撲協会役員室に呼び出され、弟子の貴ノ岩への聴取協力を要請されたにも関わらず、「お断りします」ときっぱり拒否した貴乃花親方(元横綱)。

 八角理事長(元横綱・北勝海)率いる日本相撲協会と決裂した格好だが、その真意は何なのか。

 報道陣の取材に頑なに沈黙する貴乃花親方だが、その有力後援者がこう代弁した。

「貴乃花親方、貴ノ岩は被害者なのに、ここまで批判されるのは、的外れだと思います。ビール瓶か、手で殴ったのかは別にして、実際に暴行があったのは事実じゃないですか。

 天下の横綱日馬富士が後輩に暴行した事実はとても重いですよ。今回、貴乃花親方が貴ノ岩にモンゴル力士の飲み会に行くのをOKしたのは、貴ノ岩の母校、城北高校の関係者からの誘いがあり、行かなきゃ失礼だと了承したのです。

 だから白鵬、日馬富士だけでなくたくさんのモンゴル力士が集うということは想定していなかった。そりゃ、城北高校OBの逸ノ城や照ノ富士ぐらいが来るのだろうと思っていたようだ」 この後援者によると、貴乃花親方が日馬富士の暴行を知ったのは、10月26日午前だったという。

 そして貴乃花親方がすぐ伊勢ケ浜親方に連絡を取ったところ、日馬富士は殴った事実関係を認め、謝罪があったという。

「伊勢ケ浜親方から穏便に示談で和解できないか、という趣旨の話を持ちかけられたそうです。だが、貴ノ岩の頭は切れて、流血していた。貴乃花親方は伊勢ケ浜親方が暴行を軽く見ているように感じたそうで、弁護士らと相談する一方、他の同席した関係者にも事情を聞いた上で、貴ノ岩を帯同して鳥取まで出向き、被害届を出したそうです。

 貴乃花親方は当初、九州場所がはじまるまでに相撲協会が伊勢ケ浜親方、日馬富士から事実関係を調査し、何らかの処分を公表してくれると願っていた。しかし、伊勢ケ浜親方からはその後、アプローチもなく九州場所に日馬富士は何事もなかったように出場していた。

 『こちらがやられているのに、何も言ってこない』と貴乃花親方はかなり不満だったようだ」(同前)

 日本相撲協会は14日、暴行が発覚した日馬富士の九州場所休場について頑なに「左腕の負傷によるもので、問題を受けての謹慎ではない。あくまで診断書が出ての休場であり、罰ではない」などと説明した。

「例えば、日馬富士が記者会見を開き、謝罪し、九州場所は自ら謹慎して休場していれば、被害届を下げたはず。貴乃花親方は当初、『ことを大きくはしたくない』などと言っていましたから。

 このままだと暴行事件がうやむやにやり、相撲協会にもみ消されてしまうと危機感を募らせたようです」(同前)

 相撲協会は過去にも時津風親方や朝青龍の暴行事件などを隠ぺいしようとし、問題となったこともあった。

「貴乃花親方は常々『相撲協会は閉鎖的で昔のまま、変わっていない。もっとオープンにしないと時代から取り残され、相撲は国技として存続できなくなる』と言い、今回の事件もきちんと発表すべきと考えていた。

 おまけに、八角理事長とは関係がよくない。巡業部長というのは、1年の半分は巡業とその打ち合わせで地方回り。貴乃花親方に近いある親方は『貴乃花が目障りなので、東京から遠ざけようと八角理事長らが事業部長に左遷した』と八角理事長を批判していた。

 理事らがマスコミに、貴乃花親方の対応をすごく批判的にリークしているのにもカチンときて、ますます頑なになっていると思います。『出るところに出て、徹底してやるしかない』と貴乃花親方は覚悟を決めているようです。簡単には和解できないと思う」(相撲協会関係者)

 ある親方は匿名を条件にこう相撲協会の内情を明かす。

「相撲協会、伊勢ケ浜親方、日馬富士は殴ったことは事実なのだからとにかく、貴乃花親方と貴ノ岩に謝り、早く和解すべき。せっかくの相撲人気に水を差し、ファンが離れてしまう。

また閉鎖的な相撲協会とレッテルを張られ、ダメージは測りしれない。貴乃花親方が頑ななのは、協会への不満があるからでしょう。日馬富士は当然、引退か、出場停止の処分が下されないといけない。伊勢ケ浜親方や協会幹部も処分対象ですよ。

 そうした処分の中身や今後について方向性を協会は示した上で、貴乃花親方と交渉しないと難しいでしょう。貴乃花親方だって拳を振り上げた以上、軽々しく協会との話に応じたら、メンツ丸つぶれです。

 それと暴行がこれだけの大騒動になったのは、協会がモンゴル力士を管理できない裏返しでもある。協会の幹部は責任を取りたくないものだから、何も動こうとせず、影で貴乃花親方の悪口ばかり言っている。

 協会はごまかそうとか、保身を考えるのではなく、ファンあっての相撲ということを肝に銘じて、早く沈静化させるべきです」

 迷走する一方の暴行事件の解明だが、果たしてどんな決着となるのか。

以上

酷い相撲界だ!!

無料!!

プロも驚く本物の投資情報を教えます!! TEL 042-365-2728

特殊能力を呼び込む品物です!!

こんなものが? 人々の特殊な力を蘇らせてくれます!!

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日~60日で、4ステージが改善します!! 死の淵から、続々と生還しています!!

無料ですからね!! お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

関連記事

カテゴリー

presented