高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

貴ノ岩が「この八百長野郎!!」と激怒すると、横綱・日馬富士が瓶で殴りかかった!!

相撲6

貴ノ岩が「この八百長野郎!!」と激怒すると、横綱・日馬富士が瓶で殴りかかった!!

横転した貴ノ岩に馬乗りに成って、血まみれの貴ノ岩を約五分間40~50発も殴り続けて逮捕もされないとは、前代未聞である!!

事件後、白鳳らが貴ノ岩を連れて行った病院では「2週間」の軽傷という診断書しか出ませんでしたが、その後貴乃花が精密検査をさせたところ「頭蓋底骨折」との診断書が出た!!

 「10針縫って、頬が切れ、鼓膜が破れた!!」

 これで鳥取県警は、「年内に書類送検」する・・・あり得んねえ・・・。

「用法上の凶器」である瓶で殴って、大怪我をさせて書類送検はない!!

 モンゴル力士同士の不自然な取り組みが、多く貴乃花は角界の危機と訴えています!!

 土俵上で、対戦する者同士が飲食を共にして仲良くするなどは許されない!!

だから「星の回しあい」をするのである!!

大相撲は、神聖な国技であり真剣勝負でなくてはならないはず・・・・。

 このモンゴル力士に好き勝手なことをさせている現体制にも、貴乃花は激怒しているのです!!

 ところが協会側は、貴乃花の「報告義務違反」を取り上げて処分を検討していると言いますが、「八百長」を見て見ぬふりをする執行部にこそ問題がある!!

 まあ八角をはじめとして、「八百長理事」ばかりである!!

日本の国技・大相撲で起きた“子供の喧嘩”に世界は唖然

JBpress

靖国神社で土俵入りを行う横綱・日馬富士(2015年4月3日撮影)。

 1年を締めくくるはずの日本の相撲界の九州場所は、場外で“大乱闘”が続いている――。

 横綱・日馬富士の幕内・貴ノ岩に対する暴行問題だが、事件発生から1か月が経とうとするが、深層はいまだ闇に包まれたままだ。

 それどころか、加害者の日馬富士周辺と被害者の貴ノ岩周辺の証言に、様々な食い違いが表面化。事件を取調べ・検証する鳥取県警は、年内にも日馬富士を書類送検すると見られるが、事件の焦点は、貴ノ岩の親方、貴乃花や相撲協会の対応や動向に絞られてきた。

貴乃花のつぶやきに動揺する力士

 「横綱や大関が稽古している時間、土俵に顔も出さずに支度部屋で寝ている関取衆がいることに『稽古もしないのによく本場所で勝てるな』と、貴乃花巡業部長が感心しています」

 昨年、岡山県倉敷市で行われた大相撲の秋巡業で、三役以下の力士の支度部屋前に、“貴乃花のつぶやき”のような異例の注意事項が張り出され(玉の井巡業副部長=元大関・栃東の名前で)、力士らは当惑した。

 日本角界の幕内力士42人のうち、半数以上を占める最大勢力にまで伸し上がったモンゴル出身の力士たち。中でも一番に反応したのは横綱の日馬富士だった。

 「強くなりたいという自覚があればいいこと。それをいちいち、紙に書かれないといけないなんて」

 若手力士の養成を担う横綱としての責務からか、あるいは「稽古もしないのによく本場所で勝てるな」と言われ、その貴乃花の“真意”に反発を抱いたからか、このような反応を示した。

 「貴乃花が白鵬や日馬富士など一部のモンゴル大物力士を毛嫌いしている」(角界関係者)と言われる一方、“八百長の噂”が絶えない日本の相撲界。

 現役時代からガチンコで理事である今も、協会の腐敗体質を批判してきた貴乃花。

 貴ノ岩など自身の部屋の力士に立ち入りを禁止したモンゴル会やそれを取り巻くモンゴルマフィアなどの黒い噂が流れる中、白鵬や日馬富士など角界で最大勢力に膨れ上がったモンゴル力士界を引っ張っている当人らにとっては、耳障りな貴乃花のつぶやきだったに違いない。

 場所前の同郷人同士の飲み会で上下関係を強いられ、どこまでガチで相撲を取れるのか――。

 親方を超え、他の部屋の先輩力士が説諭するのか――。

 モンゴル人同士の対戦、まさか、八百長・・・?

火の手は川の両岸から上がる

  角界全体にも言えることだが、貴乃花だけでなく周囲からもそういう疑惑がついて回っていたのは否定できない。

 そんな中、外国人力士の日馬富士や貴ノ岩が起こした事件を発端に、「いや、手を出したのは貴ノ岩が先だ、夏の巡業で同郷の力士を殴った・・・」などなど、火の手は川の両岸から上がっている。

 今回の日本角界の大きなスキャンダルは、彼らの母国・モンゴルをはじめ、海外メディアでも報じられ、その幕引きに注目が集まっている。しかし、報道のあり方には、温度差がある。

 英国やフランスなど欧州でも人気のSUMO。欧米メディア(英国の有力紙、ガーディアン紙など)は、これまでの日本の相撲界のスキャンダルを取り上げ、協会の隠蔽体質、暴力問題、さらにはヤクザとの関連も深い野球賭博や八百長問題がいまだ、改善されずにいるという協会の構造的問題を突いたものが多い。

 一方で、外国人力士でありながら、現在、3人の横綱を輩出し、本国ではスーパースターである彼らが、不祥事などで人気が低迷してきた日本の相撲界を引っ張ってきた自負のあるモンゴルでは、日本の相撲界や貴乃花の対応への批判が目立つ。

 最大手のオドリィーン・ソニン紙は、「酔っ払いのけんか」などと、日馬富士と貴ノ岩を非難し、白鵬や日馬富士に挑発的な言動、行動を取った貴ノ岩にも一定の非があるとの見方を示す一方で、人気が急落した日本の角界は、モンゴル人の活躍で復活したと強調。

 その上で、日馬富士に対する引退説や強い批判は、「日本の大相撲を席巻するモンゴル勢への日本人のやっかみで、(日本は)こうした暴力問題を待ち望んでいた」と反発。

 さらに、最近、人気の高い有力ニュースサイト「メデー」は、「貴ノ岩の親方が、相撲協会理事長ポストを狙い 日馬富士を利用」との見出しで、貴乃花が、謝罪に訪れた日馬富士に応じず、問題が深刻化したのは、貴ノ岩と貴乃花の責任が大きいと糾弾。

 さらに、貴乃花が念願の相撲協会での次期理事長選(来年3月)で勝利するため、暴行問題を政治的に利用しているとの批判記事を掲載した。

 肝心なのは、モンゴル国民の感情の問題だ。

 力士の品格が疑われる今回の事件

 品格を持って力士の模範であるはずの横綱が、相手に暴力を奮うことは決して許されることではない。

 角界最高位の地位や技、立場に相応した「(士)師の心」で、後輩力士の言動を諌め、それを貴ノ岩が自覚していれば真摯に受け止め、今回のような悲劇的な結果を生まなかったのではないか、と残念にも思う。

 一番の問題は、現役横綱の日馬富士が暴力を奮った事実だ。

 しかし、今、その肝心な論点からかけ離れ、両岸から互いが都合のいい情報を垂れ流し、彼らによって、“子供のけんか”だったのを(互いは問題にする気はなかった)、大人が自分の私利私欲、保身のために、政治的に利用しようとする動きが発覚し始めていることだ。

 いわば、自分の子供が学校にいるいやな先生の授業を聞くどころか、反抗し、暴言をはき、結局、先生に殴られてしまった。そのことを、自分の校長就任を目論み、懇意にしてくれる医者やメディアを利用し、問題を大きくした。

 その親は自分の子供に対する監督、教育不行き届きを棚に上げ、1人、仁王立ちして、刀を振り回している、というところだろうか。

 嫌いな先生を辞めさせたいのだろうが、このままでは自分の子供も潰されるということが分からないようだ。

今までの不祥事の経験が生かされず

 そもそも、角界最高位の横綱の土俵入りには、五穀豊穣と平安の祈念が込められている。横綱にはそういったことから、「心技体」で、すべての力士の模範となり得る威厳で、しかも高貴な品格が求められてきた。

 今回の横綱の暴行は最高位の称号に全く値しない愚行だ。これまでの不祥事での教訓が全く生かされていない。

 徹底的に自らの膿も出し、日本相撲協会は、喧嘩両成敗の日馬富士と貴ノ岩のみならず、問題を早々に解決せず指導力と誠実さに欠けた大横綱の白鵬や親方、協会関係者全員に厳しい処分を科すべきかもしれない。

 世間から見れば、”子供のけんか”でお互いプロの力士。情状酌量の余地と見なされるが元来、相撲は神事であるからゆえ、他の格闘技などのスポーツとは一線を画す。それはモンゴルでも同じだ。毅然とした姿勢で対応してこそ、尊敬に値する国としての「日本の品位」を取り戻すことができるのでは――。

白鵬「すみません」と謝る 相撲協会審判部が厳重注意

朝日新聞デジタル

 前日の嘉風戦で立ち合い不成立を訴え、取組後に抗議を続けた白鵬が23日、審判部に呼び出され、厳重注意を受けた。山科審判部副部長(元小結大錦)によると、横綱は「すみません」と謝ったという。

 白鵬は幕内の取組が始まる約2時間前の午後2時ごろ、審判部に入った。伊勢ケ浜審判部長代理(元横綱旭富士)は「負けたら土俵に上がって礼をするルールがある。力士の一番のお手本なのだから。自分の価値を下げないよう、きちんと行動するよう注意した」と明かした。

 白鵬の取組直前、役員室で取材に応じた八角理事長(元横綱北勝海)は「39回優勝しているけど、まだ修行の身ということ。頭ぶつけて、人間的にも成長するんじゃあないか」と語った。

 白鵬は22日の結びで嘉風と対戦。両差しを許して寄り切られたあと、「待った」だと主張。土俵下にとどまって負けを認めなかった。審判に促されて土俵に上がったあとも抗議の態度をみせ、弓取式が始まる段になってようやく花道に引き揚げた。支度部屋では立ち合いについて「呼吸が合わなかった」などと説明していた。

石原慎太郎氏、ツイッターで日馬富士暴行事件に「正式に告発した貴乃花親方の勇気は素晴らしい」

スポーツ報知

貴乃花親方

スポーツ報知/報知新聞社 貴乃花親方

 元東京都知事の石原慎太郎氏(85)が22日、石原氏は、ツイッターで「これだけモンゴル人の力士が増えると相撲協会も彼等に気兼ねせざるを得まい。横綱の目下の者への暴力は相撲道の恥だ」と断じた。

 その上で「それを正式に告発した貴乃花親方の勇気は素晴らしい」と貴乃花親方の行動を絶賛していた。

無料!!

プロも驚く本物の投資情報を教えます!! TEL 042-365-2728

特殊能力を呼び込む品物です!!

こんなものが? 人々の特殊な力を蘇らせてくれます!!

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日~60日で、4ステージが改善します!! 死の淵から、続々と生還しています!!

無料ですからね!! お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

関連記事

カテゴリー