高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

権力と結託していれば「殺人」でも、「強姦」でもやりたい放題?

安倍だぞ3

権力と結託していれば「殺人」でも、「強姦」でもやりたい放題?

 警察官は、基本的には「正義」でガチガチに固められていますので、違法行為には極端な嫌悪感を覚えてしまいます!!

 異常というくらいの「正義漢」が、勢ぞろいしていますがこの組織の中で、上司たちの犯罪に対する認識の違いに不満が噴出しています!!

 現場の者達が、犯罪を察知して逮捕しようとすると

 「勝手な事をするな!!」

 「指示のあった事件の処理をしろ!!」

と恫喝されるというのです!!

 犯罪を一律に摘発するのではなく、上司から指示された犯罪だけを摘発しろと言うようです。

 また組織の中で、6年前くらいから異変が起こっています!!

上司の「パワハラ」に対して、密告するという傾向が多くなっているというのです・・・。

 「怖い!!」

「虐められる!!」

これでは、やってられないと言います・・・・。

 そうです犯罪に対しては、「厳格に取り締まる」はずの警察内部では忖度が激しくなっているというのです!!

色々な意味で「協力者」は、逮捕の対象ではないというのです・・・・。

 「協力者」とは、

 ・退職後の就職斡旋業者もしくは、雇用企業。

 ・寄付企業。

 ・ビール券というみかじめ料を支払う店。

 ・犯罪の密告者、指定のナンバーを持つ者。

公然と、行われていることに危機感を覚えます・・・。

ゲンダイより転載

レイプ被害で手記 伊藤詩織氏「ブラックボックスに光を」

警察では、業界で働けなくなると繰り返し聞かされた。

 司法記者クラブで開いた衝撃の会見から5カ月。安倍首相と昵懇な間柄の元TBSワシントン支局長の山口敬之氏から受けたレイプ被害を告発した女性ジャーナリストが手記「Black Box」(文芸春秋)を出版し、反響を呼んでいるジャーナリストの伊藤詩織氏。準強姦容疑で進められた捜査は、警視庁上層部の指示で逮捕目前に見送り。嫌疑不十分による不起訴処分に矮小化され、不服を申し立てた検察審査会の議決は不起訴相当だった。この国の司法制度は一体どうなってしまったのか。

■真相究明を求め民事訴訟を提起

  ――手記では事件に至る経緯から捜査過程を含む一連の流れを克明につづり、被害者支援制度の不備などにも言及しています。

 私が性暴力被害を受けたのは2015年4月でした。直面した捜査のあり方や司法制度、助けを求めた医療機関やホットラインをはじめとする被害者支援体制の問題などについての記録や調査、取材をもとにまとめたノンフィクションです。

――警察に訴えてから被害届の提出、告訴状の受理まで1カ月を要しました。

 密室での出来事だという理由で、捜査員や担当検事の口からは「ブラックボックス」という表現が何度も出てきました。

「相手は有名で地位もある。この業界で働けなくなるかもしれない」とも繰り返し聞かされ、性犯罪としての捜査は難しいからと、被害届の提出も考え直すように言われました。

 この問題と2年以上向き合う中で、警察や検察に存在するたくさんのブラックボックスにも気づいたんです。

 個人的な経験を公に明かすことになりましたが、このブラックボックスに光を当て、箱を開くきっかけになることを願っています。

  ――9月に不起訴相当を決定した検察審の議決理由は「慎重に審査したが、検察官がした不起訴処分の裁定を覆すに足りる事由がない」と記されているだけでした。

 「慎重審査」の中身がサッパリ分かりません。

 検察審は申立人やその代理、証人を尋問することがあります。

 ですが、私も代理人弁護士も呼ばれることはなく、議決理由の説明もありませんでした。

 申し立ての際、特に注記を付けてお願いしたのが、ホテルの防犯カメラ映像についてです。会食後に乗車したタクシーから私が抱えられるように降ろされ、ホテルに引きずられていくシーンを静止画ではなく、動画で見てほしいと伝えたのですが、実際に証拠が動画で提出されたのかどうかさえ分かりません。

 こうした疑問点について検察審に質問状を送りましたが、検察審査会法26条(審理非公開)を根拠に回答をいただけませんでした。

  ――ゼロ回答だったんですか?

 唯一分かったのが、審査員の男女比と平均年齢です。

 男性7人、女性4人、平均50.45歳とのことでした。男女でとらえ方が異なる可能性のある事案にもかかわらず、審査員の男女比を半々に近づけていただけなかったことも非常に残念です。

 ――真相究明などを求め、山口氏を相手取って東京地裁に民事訴訟を起こしたそうですね。

 法廷で初めてお互いが事実関係を主張し、それをもとに第三者による公平公正な判断が下されることになります。

 提訴にあたって提出した資料は、検察審への申し立て資料とほとんど変わりはありません。

  ――民事訴訟提起を理由に、山口氏は「月刊Hanada」に全20ページに及ぶ反論手記を寄せました。

 伊藤さんが訴える「デートレイプドラッグを使用された可能性がある」「意思に反してホテルに連れていかれた」「意識不明の状態で性行為が行われた」といった点を含め、疑惑を全面否定しています。

 「あえて伏せている」などと指摘された点は、会見や手記ですでに説明していることばかりでした。読み比べれば分かっていただけると思います。

  ――米ニューヨークでの2人の初対面の状況についてですが、伊藤さんは「学費を稼ぐためにアルバイトしていたピアノバー」としているのに対し、山口氏は手記で〈私があなたに初めて会った時、あなたはキャバクラ嬢でしたね〉と強調しています。

 手記に書いた通り、当時は学費の足しにするためにベビーシッターやピアノバーでアルバイトをしていました。

 山口氏と会ったのはピアノバーで、お酒が提供される場所ではありましたが、私は「ジャーナリズムを勉強している学生です」と話しましたし、その後も学生の立場でお会いしています。

 山口氏のほかにも、ネット上には私について韓国人だとか左翼だなどと、事実ではない書き込みをする人がいます。

 誰であろうと、どんな立場であろうと、性暴力の対象になっていいはずはありません。

 重要なのは、この事件に関して私も山口氏も認めている事実、捜査や証言で明らかになった客観的事実が9点あることです。

■私も山口氏も認める9つの事実

▼当時TBSワシントン支局長だった山口氏と私は、支局で働くために必要な就労ビザについて話し合うために会った

▼山口氏に会ったのは3回目で、2人きりで会ったのは初めてだった

▼そこに恋愛感情はなかった

▼私が「泥酔した」状態だと山口氏は認識していた

▼山口氏は投宿先ホテルに私を連れて行った

▼性行為があった

▼私の下着のDNA検査で、山口氏のものと過不足なく一致するY染色体が検出された

▼ホテルの防犯カメラ映像、タクシー運転手の証言などの証拠を集めて警察は逮捕状を請求、裁判所が発付した

▼逮捕当日、山口氏の帰国を待ち受けて成田空港に捜査員が詰める中、警視庁の中村格刑事部長(当時)の判断で逮捕状執行が止められた

 これだけの事実があっても、現在の日本の司法制度では起訴されませんでした。

個人的な話と考えるなら忘れた方が良かった

  ――逮捕見送りの判断をめぐり、中村氏に何度も取材を試みているそうですね。

 当初事件を担当した警視庁高輪署の捜査で集めた証拠などをもとに逮捕状が請求され、東京地裁から逮捕状が出されました。

 それが逮捕目前に中村氏の指示で執行が差し止められた。

 松本純国家公安委員長(当時)が国会で「警察署の捜査に関して警察本部が適正捜査の観点から指導を行うのは通常のこと。

 警視庁が告訴を受理し、法と証拠に基づき、必要な捜査を遂げた」と答弁していましたが、私にとっては全く不十分な説明でした。

 具体的な理由は判断を下した中村氏しか知り得ない。

 中村氏に何としてもお答えいただかなければならないと思い、何度も取材を申し入れていますが、いまだに何の回答も得られていません。

  ――司法記者クラブでの会見、手記出版に続き、外国特派員協会でも会見をされました。この5カ月で、世間の関心は高まっています。

 私が告発を決めた理由のひとつは、自分に起きた事実を大切な人に置き換えて考えたことです。妹や友人が同じ状況に置かれてしまったら、彼らはどういう道をたどるのか。

 私が胸の内にしまい込むことで、同じようなことが繰り返されるのはとても苦しい。それに、自分で真実にフタをしてしまえば、真実を伝えるジャーナリストとしては働けないと思ったんです。

 どんな時代でもどんなところでも起こり得ることで、遠い誰かの話ではないことを知ってもらいたい。

 捜査方法や司法制度を改め、社会の意識を変え、レイプ被害者への救済システムの整備が必要です。

 それを考えるきっかけをつくりたいんです。

 自分自身がこの問題を個人的な話と考えるのなら、忘れた方が良かったと思います。

以上

この事件は、忖度の典型的事件であり「女性の人権保護」はまのったく無視された事例であります。

この事件を、このまま風化させるようではこの国の司法の存在意義は失われてしまいます・・・。

無料!!

プロも驚く本物の投資情報を教えます!! TEL 042-365-2728

超能力養成講座 ・満員御礼!!

特殊能力を呼び込む品物です!!

こんなものが? 人々の特殊な力を蘇らせてくれます!!

岩崎士郎先生の助言により、完成した特殊シールです!!

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日~60日で、4ステージが改善します!! 死の淵から、続々と生還しています!!

無料ですからね!! お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

関連記事

カテゴリー