高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

断末魔の孫正義が、タクシー業界に殴り込み!!

孫正義2

断末魔の孫正義が、タクシー業界に殴り込み!!

アプリを使った中国配車サービスの最大大手「滴滴出行」が、日本進出!!

車両台数24万台の日本市場に参入か!!

アメリカの携帯電話会社買収は、大失敗でしたので無理な資金繰りを始めましたぞ・・・・。

孫正義氏出資 中国「配車アプリ」上陸でタクシー業界恐々

11月05日 09:26日刊ゲンダイDIGITAL

孫正義氏出資 中国「配車アプリ」上陸でタクシー業界恐々

SBグループが50億ドルを出資する「滴滴」のアプリ(右)/

 アプリを使った中国の配車サービス最大手「滴滴出行」が、日本進出に触手を伸ばしている。日本経済新聞(10月30日)によれば、日本最大手の大手タクシー会社である第一交通産業と配車アプリを使ったサービスを始めるらしい。

 滴滴は中国でアプリを使った白タクを含む配車サービスを展開しているが、日本では中国人観光客向けのタクシー配車に目を向けている。サービス開始は2018年春だというが、第一交通の広報は「まだ話は煮詰まっていない」と否定。なんでも、第一交通が滴滴と面会したのは1回きりだとか。その初面会での滴滴のアプローチはこうだった。

「日本のタクシーは小型、中型車しかなく、“中国の金持ち”を迎えに行くにはふさわしくない。豪華なクルマを出してほしいが、ついては我々と一緒にやらないか……」

 訪日中国人旅行者の移動手段が確保できれば、中国系や韓国系などの民族系が行っている違法白タク防止にも効果が期待できる。だが、提携の目的は“インバウンド狙い”ではない。

■孫氏の本当の目的は?

 目下、日本ではITを活用したシェアエコノミーをめぐって米中がつばぜり合いを展開しているが、米ウーバーの好敵手が中国の滴滴だ。その滴滴に50億ドルを出資するのがソフトバンク(SB)。陰で糸を引いているのは実は孫正義社長なのか。

 車両台数24万台超の日本の市場は垂ぜんの的。「孫氏が算段しているのは日本のタクシーシステムの乗っ取りでは」(別のタクシー会社の社員)と青ざめる。日本のタクシー業界を攻略すれば、SBはタブレットを搭載させ、パケット契約で利益を上げ、データ解析でも儲けることができる。

 だが、それも本当の目的ではない。今夏、SBグループはグレイロック・パートナーズとともに米パロアルトの「ナウト」に約1・6億ドルを出資した。米シリコンバレーの「ズークス」に30億ドルを出資したとの報道もある。いずれも自動運転のスタートアップ企業だ。SB広報は「いろんな可能性をみている」とするが、孫氏の投資は「アプリを使った自動運転タクシー」の普及を視野に入れている可能性も。仮に滴滴との連携話が前進すれば、雇用維持どころではなく、既存のタクシー業界が消えてしまう恐れもある。

(ジャーナリスト・姫田小夏)

無料!!

本物の投資情報を教えます!!

TEL 042-365-2728

超能力養成講座 ・満員御礼!!

特殊能力を呼び込む品物です!!

こんなものが? 人々の特殊な力を蘇らせてくれます!!

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日~60日で、4ステージが改善します!! 死の淵から、続々と生還しています!!

無料ですからね!! お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

関連記事

カテゴリー

presented