高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

拡散希望】県職員の男性を陥れた痴漢冤罪事件をでっちあげた!!

売国奴4

【拡散希望】県職員の男性を陥れた痴漢冤罪事件をでっちあげた!!

丸山 鈴代
10月19日 18:41

┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓   
★★★★★★★★★ ┃拡┃散┃希┃望┃ ★★★★★★★★★
        ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

大分県職員の男性を陥れた痴漢冤罪事件をでっちあげた女の顔写真、福岡県警察や大分県庁に対する街宣や日本共産党員の支援者のみなさんたちによる抗議行動の写真を付けて以下の投稿を引用して告発します。

【拡散・シェア大歓迎!】

警察官から弾圧され、痴漢冤罪で不当逮捕される事件が博多~折尾間(福岡県のJR鹿児島本線)で相次いで起きています。

平成21年12月13日、平成22年3月14日に元大分県職員の男性が、痴漢冤罪で警察官たちから暴行などを受けて不当逮捕され、大分県職員を違法不当な免職処分をされていた事件がありました。

以下のことは、博多警察署生活安全課の目が細くて長身で筑紫高校剣道部出身の言葉使いがとても乱暴な的野課長、目が細くてむすっとした表情の武内、髭を生やした八尋という警察官が、痴漢冤罪事件当日の被害者の女性の供述調書や犯行再現調書、科学捜査鑑定調書、逮捕手続書などを閲覧させながら詳しく説明した内容で、まぎれもない事実です。福岡地検で違法な取調べが続けられていた同行室や検察官室内の写真もありました。

大分県議会の議員たちは、大分県人事課人事班の担当者から本当のとについて説明を受けていないはずです。

市民から情報公開請求を受けて不開示決定にされている大分県人事課人事班にある博多警察署などへの警察署訪問記録について全面的に開示させ、市民に説明責任を果たすように知り合いに大分県会議議員がいたら求めるように伝えてください。

これは、JR鹿児島本線の黒崎から博多間で痴漢冤罪をでっちあげている女性の素顔で、博多警察署生活安全課の警察官が大分県人事課の職員へ提供した写真です。

大分県人事課の諏訪義治人事企画監たちから痴漢冤罪で違法不当に免職させられた福岡県出身の大分県職員の男性が、平成21年12月13日に博多駅で福岡県警察鉄道警察隊の山下猛警部補、小松巡査部長、益田司法警察員、博多警察署の水谷巡査部長たちから暴行等を受けて不当逮捕された事件について、博多警察署生活安全課を訪問して的野課長、武内司法警察員、八尋警察官に抗議した人たちからの情報です。

痴漢の虚偽告訴をした福岡県中間市の石松裕香の供述調書や石松裕香が緑色のセーターを着て下を向いて椅子に座って写っている犯行再現の写真などを見せながら、「警察官は被害者の味方だから、たとえ冤罪であっても立件しないといけないのだ!」などと言い放ったというのです。

これは、その時に提供されたとされる痴漢冤罪の虚偽告訴をした女性の写真の一部です。この痴漢の虚偽告訴をした女性の住所や電話番号なども、博多警察署生活安全課の警察官たちによって提供されています。

新聞やテレビなどでマスコミが容疑者の顔写真を出して実名報道しても、何の名誉毀損やプライバシー侵害等に問われないので、この警察署から提供された写真をSNS上に投稿することは名誉毀損等を追及されるはずがありません。

しかも、博多警察署や粕屋警察署の警察官たちは、痴漢冤罪であったにもかかわらず、懲戒免職処分を急いだ大分県人事課の諏訪義治人事企画監や足立博、岩尾誠二たちに捜査情報を漏洩させていました。

別府警察署の警察官が監視カメラを無断で設置して、書類送検された事件があり、警察職員が捜査情報を漏洩させて地方公務員法の守秘義務違反で逮捕された事件がありました。

別府警察署の警察職員が捜査情報を漏洩させて逮捕されらのであれば、博多警察署や粕屋警察署の警察官たちも逮捕されるべきであり、大分県人事課の諏訪義治、櫻井忠史、大和孝司、下郡政治、後藤豊、岩尾誠二、足立博たちも守秘義務違反等で刑事告発されるべきです。

これは、地方公務員の守秘義務違反ですが、誰一人として懲戒処分を受けていないのは、非常に不公平なことです。

博多警察署や粕屋警察署、大分県人事課の公務員たちは刑事告発されるべきです。

博多警察署生活安全課などに抗議しましょう。

博多警察署

TEL 092-412-0110

大分県人事課人事班

Tel:097-506-2305(人事班)

それにもかかわらず、大分放送(OBS)、テレビ大分(TOS)、NHK大分、読売新聞、毎日新聞などの大分県のマスコミも警察や大分県庁と癒着して、この痴漢冤罪事件の事実を捻じ曲げた報道ばかりしました。

大分県のマスコミは、警察や大分県庁の大本営発表を鵜呑みにして報道し、痴漢冤罪で不当逮捕されて違法不当に免職させられた大分県職員の人権を著しく侵害しました。

男性が列車内で不当逮捕された時、車内には石松裕香の他に私服の警察官や自衛官たちが乗車して不当逮捕するために待ち構えていたというので、痴漢冤罪事件に間違いありません。

福岡地検の吉川澄子事務取扱検事、その司法修習中だった大島、岡本も冤罪とわかっていて、取調べで暴行などをして無理やり供述調書を作ったことが知られています。

この違法捜査に抗議すると、福岡地検の検察官の吉田修一副検事が「部落民だとすれば、たとえ痴漢が冤罪でも有罪にすることが検事の使命だ!」などと暴言を吐いていました。

福岡地検に抗議しましょう。

http://www.kensatsu.go.jp/kakuchou/fukuoka/hutta_goikengoyobo.html

日本の刑事裁判の有罪率が99.9%という裁判では、本件の痴漢冤罪事件の解決は望めません。

まさに、検事の死命そのものです。

一人でも多くのみなさんが痴漢冤罪をでっちあげて罪なき男性の人権を著しく侵害したこの女性(石松裕香  福岡ベルエポック)に博多警察署生活安全課への被害届(虚偽告訴)を取り下げるように求めることによってしか、この冤罪事件を解決させる方法はないと思います。

この痴漢冤罪をでっちあげる女性に電話などで抗議の集中をお願いします。

以下は、大分県人事課と福岡県警察が癒着して捜査情報を漏洩させていた証拠です。

県民から情報公開請求をされて隠蔽し、税金で作った公文書を大分県人事課が私物化しています。

「② 不開示理由

条例第15条第7号ニに該当するため(当該文書には、あなたの懲戒処分

の可否等を検討するために警察署から収集した情報及びその際のやり取り等

が記載されており、これらを開示することにより、将来の同種の事務におい

て、関係機関が情報の提供をためらい必要な情報を得られなくなった場合、懲戒権者として適正な判断が行えなくなるなど、人事管理に係る事務に関し、

公正かつ円滑な人事の確保に支障を及ぼすおそれがあるため)」

http://www.pref.oita.jp/uploaded/attachment/166864.pdf

私たちが街宣や交流会などを開催して無実の男性の支援を続けていますので、痴漢冤罪をでっちあげるこの女への抗議の集中をお願いします。

「これでもか!」というくらいに繰り返し博多警察署と福岡地検に抗議してください。

また、痴漢容疑が冤罪であったのに、大分県職員を違法不当に懲戒免職処分として大分県生活環境部長にまでなった大分県人事課の諏訪義治人事企画監にも抗議をお願いします。

大分県人事課の諏訪人事企画監が、平成22年1月26日に「部落民であるとすれば、たとえ冤罪であっても量刑不当であっても、懲戒免職処分にしなければ県民は納得しない。卑しい身分の部落民には死刑相当の処分が必要だ。」などといわれのない差別発言をしていました。

大分県庁の顧問弁護士で元検事の内田・阿部法律事務所の内田健弁護士も「部落民は痴漢の常習性があるから、部落民は社会的に排除しなければならない。」と主張して部落差別をしていました。

警察官たちによる横暴や痴漢冤罪事件の撲滅のために、ボランティアの方が情報を拡散させています。

大分県庁が、福岡県警察と癒着して人権を著しく侵害し、市民の税金を浪費させています。大分県議会議員たちへも、隠蔽したままにしないで、早く解決させるように強く求めます。

違法不当な懲戒免職処分をして退職金さえ1円も支給しない大分県人事課の諏訪人事企画監にも抗議を求めます。

以前、他の大分県職員が痴漢や盗撮などの同種の非違行為を犯しても、懲戒免職処分になっていない前例からしても、出身が被差別部落であったなどとして大分県人事課の諏訪人事企画監たちが差別による偏見が先行した懲戒免職処分を実施させたことは間違いありません。

「大分県警杵築署は19日、JR日豊線の特急列車内で福岡県苅田町の女子大生(19)の

脚を触ったとして、大分県迷惑防止条例違反の現行犯で、同県宇佐市閤、同県農業振興

普及センター農業振興課職員鶴岡克彦容疑者(28)を逮捕した。

調べでは、鶴岡容疑者は19日午前7時半ごろ、女子大生の横に座り、かばんや新聞紙

で手を隠しながら女子大生の脚を触った疑い。女子大生から被害を訴えられた車掌が取

り押さえ杵築署に引き渡した。鶴岡容疑者は通勤途中だったという。

大分県は、鶴岡克彦技師を懲戒免職処分とはせず、大分県農林水産研究センター畜産

試験場へ異動させた。

鶴岡容疑者の妻は学校教員。」

「女子高生触った疑い、県職員逮捕=「記憶にない」と否認―大分

コンビニで女子高校生の体を触ったとして、大分県警大分中央署は10日、県迷惑行為防止条例違反容疑で、県大分土木事務所副主幹 足立暢久 容疑者(48)=大分県由布市挾間町古野=を逮捕した。同署によると「3カ月以上前のことで、全く記憶にない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、7月14日午前7時40分ごろ、大分市のコンビニ店内で、同市の高校2年の女子生徒(16)の体を触った疑い。 」

「盗撮:女高生の下着をビデオカメラで 大分県職員、容疑で逮捕--福岡 /大分

 福岡・中央署は23日、日田市城町1、大分県日田土木事務所職員、橋本洋平容疑者(29)を

福岡県迷惑防止条例違反(盗撮)容疑で現行犯逮捕した。

 調べでは、橋本容疑者は同日午後5時半ごろ、福岡市中央区天神4の商業施設エスカレーター

で、同市内の高校の女子生徒(15)に後ろから近づき、手提げバッグに隠したビデオカメラで

女生徒の下着を盗み撮りした疑い。気づいた警備員が問いただし、近くの交番に連行した。容疑

を認めているという。(毎日新聞)」

これらの他の大分県職員たちによる同種の非違行為について、大分県人事課はいずれも懲戒免職処分にしていません。

これは、元大分県職員の出身が被差別部落であると決めつけた大分県人事課の諏訪人事企画監の差別意識による偏見が先行した免職処分であり、懲戒処分の平等原則や処分加重の原則にも違反する大分県人事課による憲法違反です。

福岡県警察本部や福岡地検に抗議しても聞き入れられず、裁判では解決が望めない以上、痴漢冤罪をでっちあげる女性本人や違法不当な懲戒免職処分をする大分県人事課の諏訪人事企画監らの当事者に直接抗議するしか解決できる方法はないと思います。

抗議先

諏訪人事企画監 公用携帯番号 09086654644

大分県庁 http://www.pref.oita.jp/site/koucyou

超能力養成講座

この未曽有の国難を鑑み日本人が、古来より持つ「太古の力」を参加者に開放する!!

参加者全員が、その場で「太古の力」を知り、収得します!!

支配者たちが、最も恐れる「太古の力」が参加者に蘇ります!!

参加者全員の老若男女全員が、アメリカが恐れる「太古の力」を持ちます!!

嘘偽りがあれば、参加料金を全額返金します!!

電話にて「太古の力」を、50人に一部教えます!!

090-2564-1417 まで!!

その場で、貴方も未知の力を収得します!!

「10年~20年後には、約47%の人達の仕事がなく成ってしまいます!!」

100万円で、100%こりや痛みを取る治療院が開けます!!

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日~60日で、4ステージが改善します!! 死の淵から、続々と生還しています!!

無料ですからね!! お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

関連記事

カテゴリー