高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

中国のN極・S極磁気単極子ビーム兵器が、自衛隊機U125を撃墜した!!

自衛隊だ5

中国のN極・S極磁気単極子ビーム兵器が、自衛隊機U125を撃墜した!!

 ところでこの熊本人工地震に先立つ事9日の4月6日に自衛隊機U125が鹿児島県鹿屋に“謎”の墜落をした。

墜落した自衛隊機U125

自衛隊機墜落現場

 而も搭乗員が全員、墜落の衝撃時の打撲・圧死・爆死ではなく、「心肺停止」で発見されているのですから、邪推したくもなります。

この「心肺停止」が何故なのか、大きな謎として語られて来ましたが・・・・。

鹿屋基地

 この機を操縦していたのは総飛行時間6,000時間にもなる超ベテランパイロットを含む、全6名。 

この航空自衛機の墜落は非常にミステリアスな事件です。

 時を追うごとに謎が深まるのは墜落の原因ですし、機長は40代の3佐であり隊長クラスのベテランパイロットですから、謎は深まるばかりです!!

無線設備を検査する“点検飛行”のため、計器に頼らず目視で飛行していたというが、当時の天候は弱い風が吹いていた程度。

一部の山に雲がかかっていたが、視界の悪い状況ではなかったという。
 航空機の専門家たちも「想像がつかない」と首をかしげていまか。

 つまり日本の軍事評論家は全て口を揃えて、U125機の墜落が不可解であり、搭乗員が全て心肺停止の状態で発見された事が不可解である異口同音に語っています。

 戦前は特攻隊の最大拠点だった鹿屋基地は、海上自衛隊が運用しています。

鹿児島湾に向かって真っすぐ飛行できますが、後方は険しい山々に囲まれています。

 6日午後に突然、機影がレーダー画面から消え、通信が途絶えてしまい7日、機体の一部と乗員とみられる4人が心肺停止の状態で見つかったのです。

 謎の“心肺停止”に成ったのには、ロシアがシリアで使った、

・通信網を機能停止に落し込めるN極磁気単極子ビームと

・乗員の戦闘意欲と戦闘能力を失させるS極磁気単極子ビーム

が使用された可能性が大きいようです。

 つまり自衛隊機は破損・爆発して墜落し、

・搭乗員は身体が爆発で燃え焦げて死亡したのではなく、N極磁気単極子ビームで操縦

不可能に成って墜落開始、

・不時着しようとして、次の瞬間、S極磁気単極子ビームによる時間停止

の結果、自衛隊操縦士と乗務員全員が「頭脳内」と「身体内の代謝生化学反応が起こり心肺停止となったため、機体は爆発大破せぬまま山の斜面に軟着陸したといいます。

 つまりプーチンは中共には与えるべきでなかったが、シリアで使ったN極・S極磁気単極子ビーム兵器を既に中共に提供してしまったと考えられます。

 これは日本にとって大変脅威であり、早急に対策わ講じなければならない事案でもあります!!
 現在、軍事科学技術が世界一進んでいるのは、スミルノフ学派が軍事研究所に次世代戦略兵器の科学技術を提供しているロシア軍である。

ロシア軍の次世代兵器軍事科学技術は米軍の軍事技術を既に凌駕している。

 日本の自衛隊が例え米軍と組んでロシア軍に対決しようとしても、勝ち目は全くありません!!

ましてやトランプは「パフォーマンス男」であり、「現代のドンキホーティー」ですから、安保条約・安保法制が有っても、日本を中国軍が襲った時には米軍は日本を護ってくれませんし、護ることもできません。

このような状況下に日本国は、置かれていますから安倍晋三は外交上、ロシアのプーチンと結ぶ外交方針を本格的に追求すべきであったが、官僚が潰してしまいました!!

ロシアを中国から切り離す為にも、日本がロシアと是非とも「平和条約」を結ぶ必要があります!!

今からでも、遅くはありません!!

日本が独自で生き残るため密かに構築した戦略と軍備を世界に開示して、自立への道を歩むことです!!

 ロシア軍の次世代戦略兵器の一つがロシア軍のN極・S極磁気単極子ビーム兵器であり、中共に提供したN極・S極磁気単極子ビーム兵器は理学実験段階のもので射程は500キロ程度しかありませんが、ロシア軍自体が使っているN極・S極磁気単極子ビーム兵器は理学実験段階を越えたものであり強力で、射程距離も2,000キロもありますので、ロシア国内から日本のどこでも攻撃することができます。

つまりこれは何を意味するかと申しますと、ナホトカに設置されているN極・S極磁気単極子ビーム兵器は、日本列島をスッポリと射程に入れていますので日本は一瞬にして廃墟にされてしまいます・・・・。

中国軍に供与されているN極・S極磁気単極子ビーム兵器を制する事が出来るのは、ロシ

ア軍の理学実験段階を越えたN極・S極磁気単極子ビーム兵器だけであるという事なので

す!!

熊本地震は、中国の攻撃?

 新疆HAARP基地から電磁波が熊本を襲った決定的証拠画像があります・・・。
 熊本地震 4月14日午後9時27分頃 4月16日午前1時25分頃 では、時系列順で瞬間に相当な速度で震源地を移動させた事を確認できます。

 震源地が熊本県と大分県の間を随時移動し、しかも熊本→東京→福島、熊本→東京→仙台の時系列順で瞬間に震源が移動するのが観察されています。

これは明らかに電磁波兵器HAARPで照射した方向と照準を熊本→東京→福島、熊本→東京→仙台へと、新疆HAARP基地に於いて相当な速度で移動させた事が明らかです。

日本国内のXバンドレーダーが、稼働していない理由がわかりました。

中国のHAARP施設に対して、気象操作の助っ人を頼んだものと思われます。

MIMICにもハッキリと、広東省もしくは福建省付近から、台湾海峡および南シナ海に向けて照射される電磁波が捉えられています。

熊本地震・・・・? 

 熊本地震は4月14日午後9時27分頃 最大震度7 、4月16日午前1時25分頃 最大震度7でした。

 そして熊本地震の4月15日当日、南京航空大学も含めて中国空軍の戦略会議が新疆で開かれていた事が明らかと成った。

 4月16日に始まった熊本地震とその直前の4月6日に起きた自衛隊機の墜落の間にやはり何か関係があったようです。

その前振りは下記講演会案内にも書かれていますので一読をお勧めします。

それにしても、ここで登場するのは123便事件と同じくまたしても自衛隊。軍事組織が秘密を抱えるのは当然といえばそうなのでしょうが、相変わらず一般国民は蚊帳の外という事なのなのでしょうか?

既に自衛隊は、核武装は終えていますしロシア軍の配備するN極・S極磁気単極子ビーム兵器を凌駕する電子ビームを日本海側に2基配備していますし、「HAARP」、「ハドロン」、「トリノ砲」、「リニアライダー」を実戦配備しています。

またロシア軍のN極・S極磁気単極子ビーム兵器は、地下までは攻撃することができませんが、日本には地下攻撃することのできる兵器がいくつかあります。

それにしても、時代は既に、ビーム兵器、電磁兵器、気象兵器など超兵器の時代に移行しているというのに、未だに核を論じるのは時代送りのボンクラばかりですな。

自衛隊は、一般国民の生命と財産が侵奪されたら即応して相手に反撃してもらいたいものです・・・・・。

超能力養成講座

この未曽有の国難を鑑み日本人が、古来より持つ「太古の力」を参加者に開放する!!

参加者全員が、その場で「太古の力」を知り、収得します!!

支配者たちが、最も恐れる「太古の力」が参加者に蘇ります!!

参加者全員の老若男女全員が、アメリカが恐れる「太古の力」を持ちます!!

嘘偽りがあれば、参加料金を全額返金します!!

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日~60日で、4ステージが改善します!! 死の淵から、続々と生還しています!!

オルゴンパワーシート

無料ですからね!! お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります。

世界最先端の波動治療器です!! しかも、低価格です!!

特殊な「光」と「周波数」と「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

関連記事

カテゴリー