高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

改憲に向けて、なりふりかまわず突き進む希望の党!!

基地4

改憲に向けて、なりふりかまわず突き進む希望の党!!

改憲に向けて突き進む希望の党に、本当の希望があるのか?

あるものは、「搾取」と「殺戮」!!

・・・・・・・・・

小泉進次郎に「刺客」として送り込まれるのは自由党の大阪府第12区総支部長の真白リョウ!!

小池氏、あいまい戦略 首相退陣で連立も!!

毎日新聞2017年10月6日 東京朝刊

会談後に記者の質問に答える希望の党代表の小池百合子東京都知事=東京都新宿区で2017年10月5日午後0時30分、竹内紀臣撮影

 衆院選後、安倍晋三首相を退陣に追い込めるなら、自民党との連立もあり得るのではないか--。希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は5日、自らの出馬を固辞したが、連立参加の可能性を排除しない小池氏の発言が別の臆測を呼んでいる。衆院選の敵を「自民党」ではなく「安倍政権」と規定し、選挙後の政権の枠組みについてはフリーハンドを確保しておく狙いとみられる。与党側には「石破茂氏を首相に担ぐつもりでは」などの疑心暗鬼も広がる。

 「たいへん熱望、ラブコールをいただいた。私自身の総選挙出馬は考えていないということは再三、お伝えしてきた通り。では(首相指名候補を)どうするか、改めてきちんと私どもの方で整理していきたい」

 小池氏は5日、民進党の前原誠司代表からの出馬要請を固辞した後、記者団にこう語った。

 小池氏は衆院選で「単独過半数を目指す」と繰り返している。衆院定数465の過半数233以上を獲得すれば、通常は党首が首相に就くが、国会議員であることが前提だ。自身が出馬しないのであれば、だれを首相候補とするのか。

 前原氏が小池氏に「ラブコール」を送るのは、7月の東京都議選で「都民ファーストの会」を大勝に導いた小池氏を首相候補とすることで選挙戦に勢いをつけるためだが、それだけではない。

 民進党から希望の党に合流した前職の間に、小池氏が選挙後、自民党との連立に動くことへの警戒感が広がっているからだ。

 小池氏はそれを見透かしたように、一緒に並んで記者団の取材を受けていた前原氏の目の前で、過去の連立例を持ち出した。

 「自民党は(1994年に社会党の村山富市委員長を首相に指名し)村山政権を担いだことがあった。水と油で手が結ばれたことも、首班指名という言葉で改めて思い出した」

 前原氏は小池氏が立ち去った後、記者団に「衆院選は政権選択選挙であり、だれを首相に選ぶかは早急に話し合いをして決めなければならないという点も合意した」と説明した。

 では、希望の党はいつ、だれを首相候補に選ぶのか。前原氏は「早急に話し合いを」と言ったが、小池氏は「私どもの方で」と突き放し、あいまいなままだ。

 小池氏と前原氏は「安倍政権と対峙(たいじ)する」ことでは一致している。ただ、小池氏は選挙後に自民党と連立を組む可能性を否定していない。

 5日の東京都議会閉会後、小池氏は記者団に「しっかり第1党を目指す勢いで今、頑張っているところなので、その結果を見てということ。政治では当たり前のことだ」と語った。

「石破氏担ぐ」臆測

 小池氏のあいまい戦略に民進合流組の不安は募るばかりだ。小池氏が自民党の石破元幹事長と近く、希望の党が石破氏や、同氏の側近・鴨下一郎元環境相の選挙区に候補を立てていないことも衆院選後へ向けた布石ではないかとの臆測を呼んでいる。小池氏と良好な関係にある野田聖子総務相の選挙区にも希望の候補はいない。

 仮に与党の自民、公明両党が過半数割れすれば、安倍首相は退陣し、自民党は新たな総裁を首相候補として希望の党や日本維新の会に大連立を呼びかける展開が予想される。自公で過半数割れしなくても、自民党が単独過半数割れすれば、安倍首相が引責辞任を余儀なくされる可能性もある。そうした事態に小池氏が自民党の中に手を突っ込み、石破氏や野田氏を首相に担いで連立政権に参加するのではないか--。

 そんな選挙後のシミュレーションが永田町に流布しつつある。民進党関係者は「自民党と連携することを想定して希望に移った人はいない。もしそうなれば、希望は選挙後に分裂に向かうだろう」と警戒する。

 希望の党からの「排除組」擁立を進める立憲民主党の枝野幸男代表は毎日新聞のインタビューで「選挙後のことではっきりしているのは、自公の首相候補に投票することはあり得ないということだ」と述べ、希望の党との違いを強調した。【高山祐、光田宗義】

疑心暗鬼の与党

 衆院選不出馬を表明した小池氏に対しては、与党側にも「選挙後に自民党内に手を突っ込んでくるのでは」(閣僚経験者)との疑心暗鬼が広がる。

 菅義偉官房長官は5日の記者会見で「政権を獲得したいと発言している党の代表が国政に専念せず、だれを首相に指名するかも明らかにしないのは、国民には分かりにくいのではないか」と小池氏を批判した。

 小池氏が希望の党を結成して以降、自民党は小池氏も立候補すべきだと挑発してきた。小池氏は知事就任からわずか1年あまり。2020年東京五輪・パラリンピックを待たず国政に転じれば、批判を浴びる。

 小泉進次郎筆頭副幹事長は「(衆院選に)出たら都政を投げ出す無責任。出ないなら党の代表が首相になれない無責任。出ても出なくても無責任のジレンマに陥った」と指摘する。選対幹部は「『リセット』と言ってぎりぎりになって出るぐらい何とも思わない人だ」と一転して小池氏が出馬する展開も警戒する。

 菅氏は5日夜、東京都内の議員宿舎の玄関で希望の党の細野豪志元環境相を呼び止めた。「(小池氏は)もう出ないでしょ?」と確かめる菅氏に細野氏は「でしょうね」と応じた。

 東京都政で小池氏と協力関係にある公明党には安堵(あんど)感も広がる。山口那津男代表は記者会見で「都知事として活躍し、成果を出すことを期待する」と語った。

 小池氏は安倍政権との対決姿勢を示すが、憲法改正に積極的な改憲勢力でもある。衆院選で与党が勝って政権が継続した場合、首相の進める改憲に協力するシナリオも考えられる。

 安倍首相は5日夜、BSフジの番組で、希望の党との連携について「それは選挙の結果(次第)だ。実際にどういう姿になっていくのか」と含みを持たせた。小池氏側が首相退陣後の連立を示唆していることには「離合集散とか合従連衡ばかりを言うのは国民に失礼だ」と不快感を示した。

 小池氏の連携相手として取りざたされる石破氏は文化放送のラジオ番組で「政権は我々(自公両党)が続いて担いたい」と臆測を打ち消してみせた。【西田進一郎、高橋恵子】

民進、事実上解党 「希望」に合流へ 前原氏は無所属 きょう解

仙台市内で会合に出席した民進党の前原誠司代表=2017年9月27日午後6時59分、喜屋武真之介撮影
小池氏衆院選出馬も

 民進党の前原誠司代表は27日、10月22日投開票予定の衆院選で、同党の立候補予定者のうち希望者が、希望の党(代表・小池百合子東京都知事)から立候補することを容認する方針を固めた。事実上、民進党が解党し、希望の党に合流することとなる。小池氏を野党再編の先頭に置き、安倍政権批判の新たな受け皿として、政権奪取を狙う。このため公示前に、小池氏が衆院選への出馬を表明するとの見方が広がっている。安倍晋三首相は28日、衆院を解散する。

 前原氏は27日夜、仙台市での会合で「どんな手段を使ってもどんな知恵を絞っても安倍政権を終わらせる。…

「強敵だ」与党に衝撃 消費増税、争点に浮上

毎日新聞2017年9月28日 東京朝刊

 民進党が希望の党に合流する見通しとなり、自民、公明両党に衝撃が広がっている。毎日新聞の緊急世論調査(26、27日実施)で、比例代表の投票先に希望の党を挙げた回答が18%に達したこともあいまって、自民幹部は「信じられない。強敵だ」と漏らす。また、希望代表の小池百合子東京都知事は「消費増税凍結」を主張。安倍晋三首相が少子化対策の財源として掲げる「増収分の使途変更」が2大政党対決の争点として急浮上しそうだ。

 合流に対し、菅義偉官房長官は27日の記者会見で「政策の一致は極めて重要だ。単なるスローガンではなく…
超能力養成講座

この未曽有の国難を鑑み日本人が、古来より持つ「太古の力」を参加者に開放する!!

参加者全員が、その場で「太古の力」を知り、収得します!!

支配者たちが、最も恐れる「太古の力」が参加者に蘇ります!!

参加者全員の老若男女全員が、アメリカが恐れる「太古の力」を持ちます!!

嘘偽りがあれば、参加料金を全額返金します!!

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日~60日で、4ステージが改善します!! 死の淵から、続々と生還しています!!

無料ですからね!! お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります!!

当事者以外の方のお申し込みは、お断りいたします!!

闇に葬られた技術が、50年目にして再び日のあたる場所に・・・・。

ロイヤル・レイモンド・ライフ博士が、制作した本物の波動発生器です。

世界最先端の波動治療器です!! しかも、低価格です!!

癌化した細胞、病気になった細胞に特定の光と周波数を当てることで病気の元になるものが消え正常な細胞に戻ります。

特殊な「光」と「周波数」と「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

国、都道府県の許認可でお困りの方!!

ハサール・シールをご希望の方いますか?

許認可110番・・・090-1602-1417

関連記事

カテゴリー