高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

ウコンは、脳のガン細胞を大量破壊させる!!

ウコン

ウコンは、脳のガン細胞を大量破壊させる!!

 ウコンで脳のガン細胞を大量破壊させる分子の生成ができることが判明!!

 クルクマ属の植物を細かくして作られた極一般のスパイス、ウコンに脳のガン細胞の成長を抑制し、同時に健康な細胞の大量死を招かない物質がある。

 研究者らはこの物質ががん細胞に到達し、細胞内に均一にいきわたるように水に溶かす実験を行った。

 その結果、ウコンから得られた物質がガン細胞の破壊速度を170%速め、わずか数時間でがん細胞のおよそ半分を殺し、腫瘍の成長を止めることが明らかにされた。

 この検証で、ウコンのクルクミンには悪玉コレステロールの吸収を抑制する効果と、大動脈へのコレステロールの蓄積を抑制する効果があることがわかり、動脈硬化を抑制する効果が期待できます。

  ウコン(ターメリック)に含まれるタルメリンには、糖の分解・吸収を助ける酵素を抑制する働きがわかりました。ウコンには、血糖値を上がりにくくして、2型糖尿病糖尿病を予防する効果が期待できます。

 現在、世界には約50種類ものウコンの仲間が存在しているが、主として健康食品としてのウコンを指して言う場合、日本原産の「秋ウコン」、「春ウコン」、「紫ウコン」の3種の事を指す場合が多く、二日酔いや肝臓の強化などに多く用いられるのは「秋ウコン」の事である。

 秋ウコンは正式名称を「鬱金(ウコン)」、肝臓に良いとされる有効成分クルクミンを春ウコンに比して約10倍以上も含有している。

 それに対して春ウコンは正式名称を「姜黄(キョウオウ)」、胃腸に良いとされ抗癌作用もあると言われている精油成分を秋ウコンに比して約6倍程度含んでおり、同じくカルシウムやカリウムなどのミネラル成分も約6倍以上含有している。

以後、このサイトでは”ウコン”と呼称する場合、
肝臓や二日酔いに良く効くと言われる「秋ウコン」の事を指して説明する事とする。

 ウコンとは、ショウガ科ウコン属の多年草の事で、秋ウコン、黄染草(キゾメグサ)とも呼ばれており、日本最大の産地でもある沖縄では鬱金(ウッチン)とも呼ばれている。

 紀元前970年頃には東インド地方で栽培が始まったと考えられており、日本には平安時代には琉球へと伝わり、江戸時代には庶民の生活にまで広く普及している。

 現在ではカレー粉やたくあんの着色料などの食用として用いられるほか、衣服の染料や、生薬などの用途に利用されている。

ウコン(クルクミン)の効能

 ウコンの有効成分であるクルクミンには代表的な効能としてまず真っ先に二日酔いが挙げられる。

 クルクミンには肝臓を強化する働きがあり、アルコールを摂取する約1時間くらい前に服用すればその効能を得る事ができると言われている

 クルクミンには二日酔い以外にも多岐に渡ってその効能があると言われている。

■生活習慣病■
肝疾患、心筋梗塞、心不全、心肥大、腎疾患、糖尿病、動脈硬化、メタボリックシンドロームなど

■癌■
口腔(こうくう)癌、腎臓癌、すい臓癌、大腸癌、乳癌、皮膚癌など

■炎症■
アレルギー、胃潰瘍、炎症性腸炎、潰瘍性大腸炎、関節炎、リウマチなど

■感染症■
マラリアなど

■その他■
鬱(うつ)、筋肉疲労、骨粗しょう症など

クルクミンの性質

 肝臓を強化し、美肌にも効果のあるクルクミンの効能は上記のように多岐に渡るが、その反面、水に溶けにくく、体内への吸収率が非常に悪い事でも知られている。

 クルクミンは豆に含まれているレシチンと一緒に摂ると、その吸収率も上がると言われており、インドではカレー(ウコン)を食べる時に豆と一緒に摂る事が多いと言う。

 また、黒胡椒に含まれているピペリンという成分も同様にクルクミンの吸収率を上げると言われている。

 また、クルクミンは水には溶けないが、脂には溶けると言う脂溶性である事でも知られており、オリーブオイルなどに溶かしてその吸収率を高めたり、赤外線照射によっても吸収率が上がるという特性などを利用して、現在ではクルクミンの吸収率を出来る限り高めるべく研究が進められており、その成果とも言えるサプリメントなどの商品も販売され始めている。

春ウコンや紫ウコンとの違い

 肝臓強化や二日酔いには最も効果があるとされている秋ウコンだが、全てにおいて他のウコンに勝ると言う訳でもない。
それぞれのウコンとの違いについて

■春ウコン■
正式名称を「姜黄(キョウオウ)」と言う。
精油成分やミネラルが豊富に含まれており、秋ウコン同様に肝臓に良いとされている。
他の内臓も含め、総合的に健康を維持したい場合には、この春ウコンが適している。

■紫ウコン■
正式名称を「莪朮(ガジュツ)」と言う。
ピロリ菌除去作用が非常に強い。
腰痛、肩こり、ニキビ・シミなどに効果があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の主な原因であるピロリ菌を除去すると言う効能もある。
ウコンの注意点と副作用

■肝機能障害の方によるウコン大量摂取は危険である。
ウコンには同程度の重さで牛レバーに相当する鉄分が含まれており、C型慢性肝炎や非アルコール性脂肪性肝炎などを患っている方の肝臓にこの鉄分が過剰に蓄積された場合、症状が悪化する事が分かっており、中には死亡したと言う事例も存在している

■「上薬」に位置付けられるウコン
中国では漢方薬や生薬について、「上薬」、「中薬」、「下薬」の3つに大きくランク分けされており、
「上薬」とは、いわゆる不老長寿の薬であると同時に、副作用が無く何年飲み続けても問題が無い物を指している。
 ウコンは中国ではこの「上薬」とされており、他には高麗人参や 霊芝などが位置付けられている。

■適量を守り続けていれば大丈夫
 ウコンの代謝物質は肝臓に負担をかける為、過剰摂取に起因すると思われる肝機能の低下などの副作用も報告されている。
どんな良薬でも過剰摂取はよくないものではあるが、適量を守り続けている限り、このウコンに関して言えば特に副作用を心配する必要はないと思われる。

超能力養成講座

この未曽有の国難を鑑み日本人が、古来より持つ「太古の力」を参加者に開放する!!

参加者全員が、その場で「太古の力」を知り、収得します!!

支配者たちが、最も恐れる「太古の力」が参加者に蘇ります!!

参加者全員の老若男女全員が、アメリカが恐れる「太古の力」を持ちます!!

嘘偽りがあれば、参加料金を全額返金します!!

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日~60日で、4ステージが改善します!! 死の淵から、続々と生還しています!!

無料ですからね!! お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります!!

当事者以外の方のお申し込みは、お断りいたします!!

闇に葬られた技術が、50年目にして再び日のあたる場所に・・・・。

ロイヤル・レイモンド・ライフ博士が、制作した本物の波動発生器です。

世界最先端の波動治療器です!! しかも、低価格です!!

癌化した細胞、病気になった細胞に特定の光と周波数を当てることで病気の元になるものが消え正常な細胞に戻ります。

特殊な「光」と「周波数」と「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

¥2,200,000-

国、都道府県の許認可でお困りの方!!

ハサール・シールをご希望の方いますか?

許認可110番・・・090-1602-1417

関連記事

カテゴリー