高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

政府が、北海道苫小牧で「CCSを実施!!」するとは狂気の沙汰である!!

大地震46

政府が、北海道苫小牧で「CCSを実施!!」するとは狂気の沙汰である!!

北海道で、謎の隆起? 

苫小牧でCCSを実施!!

北海道地震の可能性は?

 北海道で、謎の隆起が見られるようですが、北海道と言えば2012年から苫小牧で、CCSが実施されたようですが、CCSとは何ぞや?

 地中の岩盤に安全に永久に貯蔵できるよう、CO2を地中に圧入する工事です。

 CO2を地中に貯蔵する作業は、シュエルガス同様、地震の原因になります。
 北海道で謎の隆起が見られるようです。

じゅんじのブログから

謎の隆起 陸別の牧草地

高さ3メートル、謎の隆起 陸別の牧草地

 【陸別】町上陸別の牧草地で、高さが最大3メートルほど隆起している箇所が見つかった。沢に沿って長さは約80メートル、幅は広い所で約20メートル。専門家による現地調査はまだ行われておらず、正確な原因はわかっていない。地元の関係者は首をかしげている。

 陸別川沿いの林道を入った山あいの牧草地で、最も近い民家から約5キロ離れている。

  冬期間、人が立ち入ることはほとんどないが、今月上旬、通り掛かった地元の農家が、牧草地が小高く盛り上がっているのを見つけた。

 特に、沢の上流から下流方向にかけて高くなっており、最も高い部分は3メートル以上も地面が上昇しているという。

 海底が謎の隆起、海面10m超の高さに 知床半島の沿岸

 北海道の知床半島で24日、海岸線沿いの海底が隆起し、新たな陸地になっているのを近くの住民らが見つけた。地元は騒ぎになっている。
 現地は知床半島南東側の羅臼町春日町付近で、住民によると24日朝、海岸で昆布拾いをしていた女性が、海岸が若干高いことに気づいた。

昆布拾いを終えて帰宅しようとしたところ、隆起は自分の背丈を超えていたという。

 やはり、今後は北海道にも大きな地震が起きそうな気がするので、念のため、北海道の自衛隊駐屯地一覧を用意しておきましょう。

 地震学者が北海道に地震が来ると言っていないからです。

 東海・南海・首都直下型地震・これらはマスコミや地震学者が騒いでいるので、確実に大丈夫です。

 彼等が来ると言っている時は、地震は来ません!!

 阪神・東日本・熊本地震、すべてが事前に来るという話はありませんでした。

 CCSとは何ぞや?

 CO2を地中に貯蔵する作業です。

 これはシュエルガス同様、地震を引き起こす危険性があると、米国の研究者らが警告しています。

CCSとは? 

 CCSは、発電所や工場などの施設において化石燃料を使用した際に、大気中に放出される二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスを、大量に削減しようとする技術です。

具体的な技術
 ##石炭や石油、ガスなどの化石燃料を使用する大規模な産業プラントから排出されるCO2を回収する
 適切な貯留サイトに輸送する。
 地中の岩盤に安全に永久に貯蔵できるよう、CO2を地中に圧入します。 

 苫小牧で、2012年からCCSの作業が開始されているようです。

CCS情報

 苫小牧での実証試験の決定について実地調査と国の検討会などが行われた結果、全国 115ヶ所の候補地点から絞り込まれ2012年2月に苫小牧が選定され日本初の本格的なCCS実証プロジェクトが開始されました。

 苫小牧が選定された理由としては、CCS実証試験を行うのに必要な環境として、二酸化炭素を貯留するのに適した地層やその地層に関するデータが存在すること、近隣に二酸化炭素の大規模な排出源(工場・発電所など)が存在すること、さらには、スムーズな地盤構造調査の進行などがあげられます。

 米研究者によりますと、「膨大な量の液体を長期間地中に貯留する必要のあるCCSは非現実的であり、地震を引き起こす危険性がある」と警告しています。

二酸化炭素貯留に地震を引き起こすリスク、米研究

 2012年06月22日 19:09 発信地:ワシントンD.C./米国

【6月22日 AFP】二酸化炭素(CO2)排出削減のひとつの方法として挙げられている、

 大気中のCO2を回収して地中に隔離する「二酸化炭素回収・貯留(CCS)」には地震を引き起こす危険性があると、米国の研究者らが警告している。

 いまだ大規模なCCSが試みられていない中、スタンフォード大のチームは、膨大な量の液体を長期間地中に貯留する必要のあるCCSは非現実的であるとし、「大陸内部によくみられる脆性(ぜいせい)岩石に大量のCO2を注入することにより、地震が引き起こされる可能性が高い」と主張した。 

 謎の隆起と、CCSの関係性は分かりませんが、CCSは温暖化詐欺の片棒を担ぐ、極めて危険な作業だと云う事が理解出来ました。

  CCSで人工地震を起こす事も可能ではないでしょうか?

 CCSに要注意です。

 CCSの危険性を警告して人もいます。
 
 警告・苫小牧のCCSは危険性がある!!

 経産省は、このように「CCS」で地震を誘発する事を知りながら実験を実施するその行為は、犯罪そのものでありますが制止する者もいない!!
 これも人工地震の一例です!!

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

年間42万人もの「癌患者」が、死亡しています!!

 「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日~60日で、4ステージが改善します!! 死の淵から、続々と生還しています!!

無料ですからね!! お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります!!

4ステージ 余命2ケ月が60日で回復に向かっています!!

闇に葬られた技術が、50年間して再び火のあたる場所に・・・・。

ロイヤル・レイモンド・ライフ博士が、制作した本物です。

癌化した細胞、病気になった細胞に特定の光と周波数当てることで病気の元になるものが消え正常な細胞に戻ります。

特殊な「光」と「周波数」と「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

関連記事

カテゴリー