高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

薬の副作用で死亡する患者が交通事故死の約20倍!!

薬漬け1

薬の副作用で死亡する患者が交通事故死の約20倍!!

五種類以上の「薬」を飲むのは危険です!!

薬の副作用で死亡する患者が続出!!

薬の副作用が原因で死ぬ人は交通事故死の約20倍!!

 薬害(薬剤や医療用具による障害)の分類に関して1970年代には以下の考え方があったが、現在でも体系的な研究は不足していると指摘する専門家もいる。
1.研究目的(例、治験薬 )
2.治療目的(例、ペニシリン、サリドマイド、アンプル入り風邪薬、血液製剤など) ◦当時、予見できなかった問題や、危険性を過小評価していた副作用

3.既知の副作用 ◦薬剤の副作用のなかで危険なものが見過ごされていて死傷者が多発した場合のほか、重大な薬物相互作用(飲み合わせ)

 このほかにはウイルスや意図しない蛋白質など病原物質の混入などによるものがこれまで知られている。また発売時点では未知の病原体による感染が後に見つかることもある。

 医薬品の開発に際して通常は治験が行われ、その有効性・安全性が検証される。治験では有効性・安全性がまだ充分に確立されていない治験薬(医薬品の候補)をボランティアに投与するため、必要以上に多くの人間に漫然と投与することは倫理的に問題となる。

 そのため、治験では有効性を検証するために最低限必要な患者数を事前に算出し、その限られた患者のみを対象に臨床成績を評価する。

 その一方で、副作用は薬物の効能ほどには頻繁に現れないため、安全性を正確に評価するためには、有効性を評価するのとは比較にならないほど多くの患者数が必要となる。

 そのため、安全性が完全に確認された医薬品のみに製造販売承認を与えるシステムにしてしまうと、それだけ発売が遅れ(1万人に1人の割合で発生する副作用を検出できる治験を実施すると、終わるまでに90年間かかる計算になる。

 また薬物相互作用の組合せは多岐に渡るため、モデル化したモンテカルロシミュレーション法により柔軟で高度な薬物相互作用の予測が行えるソフトウェアーも開発されているが、予測限界があると指摘されている。

 これらのことから、実際には、非臨床試験(動物実験など)および治験のデータの範囲内で有効性・安全性が認められれば製造販売承認が下り、より詳細な安全性情報は市販後調査(第IV相試験)と呼ばれる副作用データの蓄積によって評価されている。

 このように、医薬品が発売される時点では、その薬剤の安全性はいわば仮免許の状態であるため、実際の臨床現場での使用を経て、安全性情報を蓄積してゆくことが非常に重要となる。

 また、安全性の追求と患者の利便性は時に相反するため、患者の利便性を担保しつつ安全性を追求するためには、有害事象を確実に把握できる報告システムと、偶然を超えるレベルで有害事象が生じた場合に警告する体制の構築が必要である。

 例えば、臨床試験で有効性は認められたものの、承認されたなかった使用法、日本医師会は、このようなケースに否定的な見解を示している。

 私たちが病院に行って身体の不調を訴えれば、お医者さんから処方箋(せん)をもらって、調剤薬局で薬を買うことができます。

 また、ドラッグストアや薬局が街には数多くあって、さまざまな薬を簡単に手に入れることができます。

 いずれも、身体の不調を改善したい、症状を止めたいと薬の作用を期待して購入します。

 しかし、薬には必ずプラス(効果)とマイナス(副作用=毒性)があって、マイナスの方が大きく出てしまうケースが多くあります。

 重篤な副作用が出た場合は死に至ります。
 欧米では副作用死に関する調査研究も行なわれており、米国では、年間、推計10万6000人が副作用で死亡(全米医師会報、トロント大学のチームの研究報告)と具体的な数まで出ています。

 世界一、薬を飲むのが好きな国なのに、残念ながら日本ではこのような「副作用死」に関する調査研究はなされていません。そうなると推測するしかありませんが、単純に人口が米国の4割として(米国3・09億人に対し日本1・27億人)、副作用死は米国10万6000人の4割=4万2400人という単純な計算にはならないと思います。

 私は少なく見ても6万〜7万人。

 もしかしたら、10万人を超す可能性もあると見ています。

 平成25年中の日本の交通事故死者数は、4373人ですから、約15倍〜22倍以上という数の方が、薬の副作用で亡くなっている計算になるのです。

 最大の理由は欧米では〝1剤処方〟が基本。多くても2剤であるのに対し、日本では5剤以上の処方が当たり前になっているからです。

 とくに、窓口の自己負担率が1割になる75歳以上の高齢者には10剤以上を処方することもよくあります。

 体力が低下し、本来選択的に薬を処方しないといけない年代の方たちが目を覆いたくなるような〝薬漬け〟にされているのです。

 その結果、多くのおじいちゃん、おばあちゃんが命を落としていることは、容易に察しがつきます。

 アメリカの賢人医師が若いドクター向けに書いた名著『ドクターズルール医師の心得集』(クリフトン・K・ミーダー編、福井次矢訳・南江堂刊)には、医師が持つべき「薬に関する心得」として次のような提言が出てきます。

① 4剤以上飲まされている患者さんは、医学の知識が及ばない危険な状態にある。

② 薬の数が増えれば増えるほど、副作用のリスクは加速度的に増す。

③ 処方を中止しても、患者さんの状態が悪くなるような薬はほとんどない。

④ 可能ならば、薬の処方を全部やめる。それができないなら、できるだけ薬を出さないよう 026 にする。

⑤ 効いているのか疑問に思った薬はたぶん、効かない薬だ。

 この中でとくに興味深いのは①、最初に「4剤以上飲まされている患者さんは医学の知識が及ばない危険な状態にある」と断定していることです。
 もしそうだとしたら、いったいどれだけの日本人が「医学の知識が及ばない状態」にあるのでしょう?

 4剤以上服用している日本人は、おそらく5〜6人に1人はいると思われるので2000万〜2500万人が医学の知識の及ばない状態、言い換えれば、いつ副作用死してもおかしくない状態にあるのです。

 ②の「薬の数が増えれば増えるほど、副作用のリスクは加速度的に増す」ということも、肝に銘じておくべきことです。現在の日本では、10剤以上の併用も珍しいことではなくなっているからです。

 いまだかつて地球上で10種類以上の薬を20年以上も飲み続けると、どうなるのかという実験が行われたことはありません。

 そのため、どんなことになるかわからないまま、壮大なスケールで国民の薬漬けが進行しているのが今の日本の現状なのです。

著書「日本人はなぜ、「薬」を飲みすぎるのか?」から抜粋)

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

年間42万人もの「癌患者」が、死亡しています!!

 「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日~60日で、4ステージが改善します!! 死の淵から、続々と生還しています!!

無料ですからね!! お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります!!

4ステージ 余命2ケ月が60日で回復に向かっています!!

最新細胞復元機・各臓器や、部位にそれそれ違う波動で病巣を崩壊!!

特殊な「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

関連記事

カテゴリー

presented