高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

ビットコインは、「詐欺」だ!!

コイン9

ビットコインは、「詐欺」だ!!

見よ!!!

ビットコインが、二度目の大暴落!!

ビットコインの崩壊が始まったぞ!!

騙し騙しやってきた「ビットコイン」のブロックチェーンが分裂して、90%~95%も価格が下落する!!

 産経どころか、日経も指摘している!!
さて警察は、どう動くかが楽しみです!!
金融庁が、しっかりしていないので投資詐欺などの組織的な「金融犯罪」が日本列島津々浦々まではびこって被害者が続出しているのだ!!

 投資詐欺の連中が、大挙して「ビットコイン」を取り扱い仲間のハッカーに侵入させて、顧客には被害者のふりをしています!!

 中には、交換所を閉鎖して資金を持ち逃げしたり、殺人事件まで起こっています!!

遂にJPモルガン ・チェースのダイモンCEOはビットコインを「詐欺」だと批判した!!

 ダイモン氏は、ビットコインを魅力に感じるのは詐欺など犯罪者や資金の流れを把握されたくない人物におおむね限定されるだろうと述べ、また政府保証の通貨を使いたくないであろう北朝鮮やベネズエラといった国の人たちにも用途があるとした。

 それでも、ビットコインは「詐欺」で「いずれ破綻するだろう」と述べた。

ビットコインは「詐欺」でいずれ破綻する?

犯罪者の資金洗浄用途?

米金融大手 JPモルガン ・チェースのジェームズ・ダイトコインを「詐欺」だと批判した。

 一方で同氏はビットコインを空売りすることは勧めないとし、極めて投機的な性質を持つため価格は2万ドル(約220万円)まで上昇する可能性があるとも話した。

 その後の別の会合では10万ドルに達するかもしれないと述べ、自分の娘がビットコイン取引で利益を得たことも明かしている。

 それでもダイモン氏は、ビットコインが「詐欺」であり、「いずれ破綻するだろう」と述べた。著名投資家のハワード・マークス氏は最近、ビットコインが「根拠のないはやり物」「詐欺」だと表現したが、ダイモン氏はこれに触れて同調した。

 ダイモン氏は、ビットコインを魅力に感じるのは犯罪者や資金の流れを把握されたくない人物におおむね限定されるだろうと述べた。また政府保証の通貨を使いたくないであろう北朝鮮やベネズエラといった国の人たちにも用途があるとした。

 09月13日 14時18分 DJ-ビットコインは「詐欺」=JPモルガンCEO  米金融大手 JPモルガン ・チェースのジェームズ・ダイモン最高経営責任者(CEO)は、ビットコインは「詐欺」だとする自身の考え方を変えていない。

 同行のトップを長年務めるダイモン氏は12日、英金融大手バークレイズが開催した会合に出席し、改めてビットコインは「詐欺」だと批判した。

 仮想通貨ビットコインを取引するトレーダーがJPモルガンにいるかどうか質問されると、「もしビットコインの取引をするようなトレーダーが社内にいたら、すぐさまクビにする」とし、取引は「われわれのルールに反する」と述べた。

 またビットコインを扱うトレーダーは「まぬけだ」とも述べた。

 一方で同氏はビットコインを空売りすることは勧めないとし、極めて投機的な性質を持つため価格は2万ドル(約220万円)まで上昇する可能性があるとも話した。

 その後の別の会合では10万ドルに達するかもしれないと述べ、自分の娘がビットコイン取引で利益を得たことも明かしている。

 それでもダイモン氏は、ビットコインが「詐欺」であり、「いずれ破綻するだろう」と述べた。

 著名投資家のハワード・マークス氏は最近、ビットコインが「根拠のないはやり物」「詐欺」だと表現したが、ダイモン氏はこれに触れて同調した。

 ビットコインはダイモン氏の発言前は約4200ドルで取引されていたが、発言が広まると約3.5%下落し、4092ドルまで下げた。

 ダイモン氏が公にビットコインを批判するのは今回が初めてではない。ビットコインが330ドルほどで取引されていた2015年11月、同氏はある会合で、「国境を越えて取引される仮想通貨を支持する政府などない」と述べた。

 ビットコインの価格が約400ドルだった2016年1月に開かれた世界経済フォーラム(WEF)では、同通貨は「行き詰まることになる」と語った。

 国が管理しない通貨が存在することを各国政府が認めるわけがないとの主張だった。

 ビットコインはボラティリティ(変動率)が高いほか、過去に「詐欺」など不正な取引に利用された例もある。

 それに加え、ビットコインの価値は取引や支払いで銀行などの仲介業者を省けることにあるため、多くの銀行家は懐疑的だ。

 ダイモン氏は、ビットコインを魅力に感じるのは犯罪者や資金の流れを把握されたくない人物におおむね限定されるだろうと述べた。

 また政府保証の通貨を使いたくないであろう北朝鮮やベネズエラといった国の人たちにも用途があるとした。

ブロックチェーンの導入は進む

 もっとも、ダイモン氏率いるJPモルガンは、ビットコインの基盤となっているブロックチェーン技術については全く違うアプローチを見せている。ビ

 ットコインが613ドルで取引されていた2016年10月、同行はビットコインのライバルである「イーサリアム」を基盤とする「クオラム」と呼ばれるプロジェクトを発表。

 実現すれば、複数の銀行が使えるプラットフォームになる。

 ビットコインの価格が1245ドルだった2017年2月には、銀行や大手IT企業が手を組み、「エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス」を発足させた。

 この連合体はクオラムを足掛かりにして銀行業界にブロックチェーンを導入することを目指している。

 12日の会合でダイモン氏は、ブロックチェーン技術の使用事例なども考慮すると、実働まで数十年を要することもありえると述べた。

 同氏によれば具体的な事例ごとにブロックチェーンのコードを作る必要があり、「既存システムをリファクタリングしなければいけないため、少し時間がかかる」という

 ビットコインは「詐欺」でいずれ破綻する?

 犯罪者の資金洗浄用途?

 米金融大手 JPモルガン ・チェースのジェームズ・ダイモン最高経営責任者(CEO)はビットコインを「詐欺」だと批判した。

 ダイモン氏は、ビットコインを魅力に感じるのは詐欺など犯罪者や資金の流れを把握されたくない人物におおむね限定されるだろうと述べた。

 また政府保証の通貨を使いたくないであろう北朝鮮やベネズエラといった国の人たちにも用途があるとした。

 それでもダイモン氏は、ビットコインが「詐欺」であり、「いずれ破綻するだろう」と述べた。

 著名投資家のハワード・マークス氏は最近、ビットコインが「根拠のないはやり物」、「詐欺」だと表現したが、ダイモン氏はこれに触れて同調した。

「根拠のないはやり物」、「詐欺」である!!

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

年間42万人もの「癌患者」が、死亡しています!!

 「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日~60日で、4ステージが改善します!! 死の淵から、続々と生還しています!!

無料ですからね!! お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります!!

4ステージ 余命2ケ月が60日で回復に向かっています!!

最新細胞復元機・各臓器や、部位にそれそれ違う波動で病巣を崩壊!!

特殊な「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

関連記事

カテゴリー