高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

猛威を振るう福島第一原発の恐怖!!

原発3

猛威を振るう福島第一原発の恐怖!!

人類史上最も毒性の高い物質はα線(ストロンチウム)を出す物質!

首都圏最悪の汚染地帯は、いまだに埼玉だ!!

 放射性物質であるストロンチウムについて、その性質と被爆による危険性については多くの関係者のはなすところです。

 福島原発の事故によってよく聞く放射性物質は、セシウムやヨウ素ですが、ストロンチウムも危険な物質です。

 放射性物質であるストロンチウムがなぜ危険なのか?

 ストロンチウムという物質は、カルシウムととてもよく似た性質を持っているため、もし放射性汚染された食べ物やホコリなどから、人体の中に入れてしまえば、人体はカルシウムとストロンチウムを間違えてしまい、体内に取り込んでしまいます。

 カルシウムは骨を作る物質を言われているので、体内に取り込まれたストロンチウムは、歯や骨に集まっていきますが、骨の中には、赤血球や白血球や血小板などの血液を作り出す大事な器官である骨髄があります。

 ストロンチウムが骨に取り込まれてしまうと、骨の中にある骨髄が、ストロンチウムから放出される放射線に常に攻撃されることになってしまうのです。

 ストロンチウム90の半減期は、約30年と言われているので、極めて長い期間、人体はストロンチウム攻撃され続けしまいます。

 常に放射され続ける放射線は、そこにある細胞を常に攻撃するので、血液を作りだす器官である骨髄を常に攻撃し続け、やがて血液のがんである白血病や骨のがんを発症してしまいます。

 ストロンチウム密度は、セシウムの400分の1でも危険度は300倍もあります!!

 アメリカ政府が発表した日本のストロンチムの汚染地域!!

歯の折損や骨折、白血病がストロンチウムを体内に取り込んだことに起因するものであれば、量が400分の1しかないのに、健康被害が大きい。

しかも、ストロンチウムが壊変してできたイットリウムは、腎臓、すい臓に悪影響を及ぼす。

 放射能を気体の1000倍も濃縮して東京に降下した東電福島第一原発からの粒子状セシウムの危険

 東京電力福島第1原発事故の発生から4日後に東京に降下した放射性セシウムの89%は、ガラス状の微粒子に溶け込んだ状態だった!!

 直接的に除去する方法でなければ環境に存在し続ける。

 この時、放射性セシウムを吸引した多くの都民が「鼻血」を出したはずである!!

今も、東京に降り注ぐセシウム

 東京電力福島第一原発事故後、4年が経過したが、その間、東京都に降り注いだセシウム量は総計で約39兆ベクレルに達することがわかった。

 東京都の測定データによると、月間のセシウム降下量を4年分合わせると、1㎡当たり1万7822ベクレルになる。事故直後の2011年3月にセシウム134、137とも1㎡当たり8000ベクレル以上が降下し、翌月4月も290、280ベクレルと3ケタの濃度を記録した。

 その後は、漸減しているものの、全国の降下量調査では東京都は常に5位以内に入っている。

 この1㎡当たり1万7822ベクレルのセシウム降下量を、東京都の全面積2188㎢に広げると、約39兆ベクレルとなる。

 さらに、この総量を東京都の人口1335万人で割れば、一人当たり292万ベクレルが割り出される。

 事故直後の東京には、半減期の短いヨウ素も、3月は月間1㎡当たり2万9000ベクレル、4月は50ベクレル、5月に3.0ベクレルの降下がそれぞれあった。

 東京でのヨウ素の降下量データの検出は事故後のこの3か月に限定されるが、都全体では63兆ベクレルに上った。

 東京に降り注ぐ放射性物質は、事故後当初は福島県からの飛来したものが大半とみられる。

 だが、その後は、事故後に東京都周辺を含む山林部に降り注いだ雨で汚染された森林の落ち葉や生活廃棄物等が、その後の焼却によって、二次的に空中に再拡散されて降下する形に転じて降下し続けている可能性が高いとされる。

 福島県では東京や他の首都圏の県よりも、桁違いに膨大な放射性物質が降り注ぎ、現在も継続している。

 しかし、東京を含む首都圏においても、4年にわたって、これほど膨大な放射性物質が降り注ぎ、これからも引き続き降下が続くとみられている。

 こうした長期的被爆の人体の健康影響について、国も自治体も、早急に監視と点検を進める必要がある。

トロンチウム性質

酸化ストロンチウムのデンドライト
 常温、常圧で安定な結晶構造は面心立方格子構造 (FCC, α-Sr)。銀白色の金属で、比重は2.63、融点は777 °C、沸点は1382 °C。炎色反応で赤色を呈する。

 空気中では灰白色の酸化物被膜を生じる。

 水とは激しく反応し水酸化ストロンチウムを生成する。

Sr + 2 H2O → Sr(OH)2 + H2

 生理的にはカルシウムに良く似た挙動を示し、骨格に含まれる。

 酸化ストロンチウムのアルミニウムによる還元、および塩化ストロンチウムなどの溶融塩電解により金属単体が製造され、蒸留により精製される。

セシウムのも性質

 ウランの代表的な核分裂生成物として、ストロンチウム90と共にセシウム135、セシウム137が、また原子炉内の反応によってセシウム134が生成される。

 この中でセシウム137は比較的多量に発生しベータ線を出し半減期も約30年と長く、放射性セシウム(放射性同位体)として、核兵器の使用(実験)による死の灰(黒い雨)や原発事故時の「放射能の雨」などの放射性降下物として環境中の存在や残留が問題となる。

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

年間42万人もの「癌患者」が、死亡しています!!

 「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。

ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日~60日で、4ステージが改善します!! 死の淵から、続々と生還しています!!

無料ですからね!! お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 着払いに成ります!!

4ステージ 余命2ケ月が60日で回復に向かっています!!

最新細胞復元機・各臓器や、部位にそれそれ違う波動で病巣を崩壊!!

特殊な「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

関連記事

カテゴリー

presented