高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

日本人が、日本列島の街角から消える日!!

統一教会1

日本人が、日本列島の街角から消える日!!

 密入国する外国人が、急増しています!!

 沖縄の4ルート

 鹿児島の1ルート

 福岡の1ルート

 千葉県の1ルート

が、把握できていますが軍や官憲が絡んでいます・・・・。

 年間に1万人の朝鮮人が密入国して、日本人と仮の結婚をして即離婚し「生活保護17万円」を受けて日本人に成りすまして生活します。

 勿論、受け入れする市町村には既に同国人の500人~2,000人が運営している「密入国者受け入れのコロニー」がありますので住宅や、仕事も用意されていますので安心して生活することができます。

 母国にいるよりも、日本に来たほうが「治安」も「生活水準」も良く水を得た魚のように元気になり、組織の一員として組織に忠誠を誓い活動するようです!!

 私も、問題の村を見学に行きましたが何と村の入り口には「見張り小屋」があり、村の中を車で通りましたが常にだれかに監視されているようでしたし、人口が2,690人の村でしたが人をあまり見かけませんでした。

 たまたま農作業をしている人がいましたので話しかけてみましたが、ゼスチャーで耳が悪いという仕草をしますので会話をすることができませんでした・・・・。

 後で思ったのですが、日本語が出来なかったのかもしれません・・・・。

 明治維新以来、刻々と、日本国が外国人たちに侵略されているという事ですが、ようやく

 平成29年に成って「奴らの侵略」に気づく日本人が増えてきましたね・・・・・。

 149年目にして、自国の悲惨な有様に気づいた日本人です・・・・。

 当然、祖国ヲ取り戻すために闘わなければなりません・・・・。

出典世界基督教統一神霊協会 –

「合同結婚式、6500人の行方を捜して」被害者家族が訴え

 日本基督教団統一原理問題連絡会主催の統一協会問題日韓教会フォーラムで、日本側は、韓国で統一協会の合同結婚式に参加した後、行方不明になった日本人女性6500人の捜索を韓国教会に要請した。韓国教会側は教団と団体が協力し、問題解決に積極的に対処していくことに合意した。

 韓国教会百周年記念館で18、19日開催された統一協会問題日韓教会フォーラムで、日本の統一協会被害者家族の会関係者は「合同結婚式のために韓国に出国した日本人女性らと連絡が途絶えた状況」と述べ、韓国教会の積極的な協力を要請した。

 19日参加した日本キリスト教会側と韓国キリスト教会側は、6500人のための相談窓口を開設し、被害者発見時には、日本の教会へ導くこと、さらに今後も徹底した情報交換によって統一協会の対処法を両国キリスト教界が合同で模索することに意見を合わせた。

 また、参加者らは、統一協会の韓国ヨス市浸透問題に関しても、積極的な対応策を模索することにした。日本側は、統一協会のヨス市開発費が日本人被害者から騙し取った資金によって運営されているとして、資金の出処を徹底的に究明して統一協会のヨス市開発を食い止めるため努力することを明らかにした。

 今回のフォーラムでは、日本側から統一原理問題連絡会の日本カトリック教会、日本基督教団、日本聖公会、日本バプテスト同盟、日本福音ルーテル教会、在日大韓基督教会、など6個教団と全国霊感商法被害対策弁護士連絡会、統一協会被害者家族の会などから28名が参加した。

 韓国側からは、大韓イエス長老会統合異端対策委員会、大韓イエス長老会類似キリスト教相談所、韓国基督教統一教対策協議会などから21名が参加した。

 日韓両国のキリスト教の牧会者、弁護士、被害者代表が参加し、合同で統一協会に対する対策を議論したのは今回が初めてである。

統一教会とは

1958年、当時まだ国交のなかった日本での伝道のため、崔奉春(日本名:西川勝)を密入国させ 
 1959年10月に日本統一教会(日本統一協会)を立ち上げ、 
 1964年には東京都知事の認証で宗教法人となった。 

 1960年代初めには立正佼成会の庭野日敬会長(当時)の指示で 
 統一教会(統一協会)の教えを学んでいた立正佼成会の青年部の信者50名ほどが統一教会(統一協会)に転じ、 
 2年後に日本の会長になった久保木修己をはじめ、後に教団幹部となる者が出た。 

 1970年代から文鮮明はアメリカに居を構えて、大規模な講演会を幾たびも開催した。 
 日本から渡米した信者らも伝道と経済活動を活発に行った。 
 自ら創刊した保守系新聞『ワシントン・タイムズ』などのマスメディアで政治的に保守政党である共和党を一貫してバックアップしたほか、レーガン・ブッシュ親子などを支援し、関係を築いてきた。 

 フランスでは極右政党を率いるジャン=マリー・ル・ペンを資金面からも人材面からも応援。 
 元インドネシア大統領アブドゥルラフマン・ワヒドも教団関連のイベントに参加するなどしている。 
 教団は「国際的な平和活動のために、これらの著名人やいろいろな宗教界の牧師たちとの交流や対話を行なっている」と説明している。 

 しかしリベラル派からの反対も受け、 
 さらに文鮮明が脱税の罪で1年余りの懲役刑を受けた。 
 文鮮明の脱税に関して教会側は宗教弾圧による冤罪であると主張している。 

 日本での選挙の際にも信者を運動員として派遣し、 
 主に保守系候補を積極的に支援することが知られ、1986年の衆・参ダブル選挙では、 
 教団が肩入れした候補150人のうち134人を当選させ、後にその全員が教義セミナーを受講したと勝共連合の機関紙が伝えた。 

 その反面、対立候補に対しては 
 中傷ビラを配るなどのネガティブキャンペーンも行い、 
 過去には街宣車を出動させ大々的に行われたこともある[45]。 

 秘書として議員の元へ送り込まれる者も多く、 
 中には1議員が9人の信者を起用していた例もあり、 
 その数は衆参両院で三桁に上るとの見方もある。 

 在任中の法務大臣であった保岡興治が 
 政策秘書として使う信者(1800双)を 
 秘書官に登用したことが週刊誌で報じられ、国会で追及を受けたこともあり[49]、 

 1992年3月には国会議員による法務大臣への働きかけが奏功し、 
  本来であれば米国で1984年に受けた実刑判決の影響で 
 日本へ入国できない文鮮明が、14年ぶりの来日を果たし各地で説教した[50][46]。 

 また秘書となった信者が自ら選挙に立候補するケースもあり、 
 例えば渡辺美智雄国会議員の元秘書(6000双)で、 
 霊感商法でトーカーと呼ばれる霊能師を担当していた者が衆院選候補に転身し、後に自民党が公認[5]している。 

 また2010年にも市議選への女性信者の出馬が発覚している。 
 勝共連合では 
 「まず秘書として食い込み議員の秘密を握り、次に自ら議員になれ」との指示が下されているという。 

 関連団体や系列企業を介した資金提供も行われ、 
 1987年には数名の議員が霊感商法で知られる企業から多額の政治献金を受けた件が表面化。 
 文鮮明来日の背後でも巨額のカネが動いたとの指摘もある。 

統一教会の正体

 世界基督教統一神霊協会(せかいきりすときょうとういつしんれいきょうかい、英名:Holy Spirit Association for the Unification of World Christianity )は、韓国発祥のキリスト教系新宗教団体である旨自称している団体である。

 しかし一般のキリスト教会は世界基督教統一神霊協会をキリスト教の一教派とは認めていない。教義の核心部分は「救世主である文鮮明とのセックスによって肉体の原罪は清められる」ということである。

 日本では一般に、統一教会または統一協会(いずれも「とういつきょうかい」と読む)の名前で知られる。初期には自ら「統一協会」と名乗っていたが、途中から「統一教会」に変更し、キリスト教会の一派を装っている。

 批判派は、正式名称からしても実体からしても「統一協会」が自然だとしている。世界基督教統一神霊協会はマスコミが略称として「統一協会」と書くと必ず訂正を要求していた。

 1958年、当時まだ国交のなかった日本での伝道のため崔奉春(日本名:西川勝)を密入国させ1959年[6]10月に日本統一教会/日本統一協会を立ち上げ、1964年には東京都知事の認証で宗教法人となった。1960年代初めには立正佼成会の庭野日敬会長(当時)の指示で統一教会/統一協会の教えを学んでいた立正佼成会の青年部の信者50名ほどが統一教会/統一協会に転じ、2年後に日本の会長になった久保木修己をはじめ、後に教団幹部となる者が出た。

 日本において最初に問題になったのは原理研究会であった。大学生の子どもの様子がおかしい、ホームや教会に寝泊まりしながら販売活動や募金活動や布教活動に奔走しており、家に戻れと言っても言うことを聞かず、原理研究会や統一教会/統一協会の批判をすると血走った尋常ではない目で反論して来る、果ては大学を中退し、合同結婚式に参加する。

 これを朝日新聞が1965年7月7日に「親泣かせの原理運動」と報じたのが皮切りである。

 1967年9月には洗脳を受けて家出した子どもの親たちが「原理運動対策全国父母の会」を結成し、教団本部に対し原理運動のために家出する者を「すばらしい」とほめて、家庭を破壊するような指導をやめる学業を続ける者を「罪悪なり」とする大学の原理研内の風潮を改める子女に無理な献金を強要し、無報酬労働をさせないなどの9項目を申し入れたが効果はまるでなかった。

 1977年6月に早稲田大学で反原理運動が始まり、全国に広がった。

 1980年代からは印鑑、壷、多宝塔、高麗人参濃縮液等の販売の比重が高まり、「マインドコントロールで一般の人を信者とし、霊感商法などで金をだまし取る」と批判を浴びて社会問題化し有名になった。

 言葉も全く通じない初めて会った国籍の違う男女が円満な家庭を築けるはずもなく、韓国人男性が日本人妻の母親を殺害、フィリピン人男性が日本人妻を殺害する事件が起きている他、多くの深刻な家庭問題が生じ、世界中で家庭の崩壊をもたらしている。

 1998年当時で参加者には参加費30万円と感謝献金140万円が義務づけられ、この資金を

 作るため多くの参加者が家族や知人に嘘を言ったり、重労働や違法行為により用意したりしており、過去には資金を用意できなかった信者が強盗事件を起こしている。

 日本人女性と結婚できることを売り物に韓国人男性信者を集めており、日本人女性が渡韓してみると相手の韓国人男性が教団に禁止されているはずの飲酒や喫煙をしていたり、中には愛人や妻子がいたという悲惨なケースもあるという。

 信者が親などに連れ戻された時に夫婦として「人身保護請求」できる権利を得るためとか、外国に入国し長期間滞在するために、夫婦としての生活の実態がないのに便宜的に婚姻届を出させることへの批判もあり、多くの元信者が裁判所に婚姻の無効を求めた申し立てをし、すでに40件以上の「合同結婚式の相手との入籍が無効である」旨の裁判所の判断が確定している。

 2006年より韓国で統一教会/統一協会の合同結婚式に参加した後、行方不明になった日本人女性6,500人の捜索が韓国教会に要請されている。

 日本人女性参加者に関していえば、タイ、インドネシア、フィリピンなどの開発途上国の中の貧困層と結ばれることが多々ある。

 一方で、かつてこの結婚式で話題をよんだ有名芸能人の日本人女性にあてがわれた男性は韓国人の裕福層であったりと、無作為に(メシアの思し召しにより)運命の結婚を決められた、というわけではないことは事実といえよう。

  上記のような国には現地夫と家庭を持って今なお暮らしている日本人女性が数多くおり、またこのような現実はあまり日本では知られていない。

統一教会/統一協会では中絶が認められていないため年子がやたら多く、また子だくさんである傾向がある。

 信者の二世は日本だけで10万人を超えるのではないかと推測されているが、実態は分かっていない。

「神の子」の父母「信仰一世」は熱心な信者であることが多いため、販売活動に明け暮れており育児に時間を割く余裕はなく、ベビーシッター兼家政婦になった信者が子どもの世話をしていた。子どもは乳幼児時代は親に構ってもらえず物心つくと統一教会/統一協会の活動に組み入れられるため、精神的に非常に不安定になり、自殺を繰り返したり、殺人事件を起こして鑑別所に入れられた子どももいた。

 ベビーシッターや家政婦として二世の世話を任せられた信者は、家庭崩壊で子どもが健やかに育っていないのを目の当たりにしてその後例外なく退会したという。
 合同結婚式で結ばれた家庭は、ほぼ全家庭が多額の献金が原因である借金を持っている。そして祝福二世の元信者による「現在、80%以上の家庭が壊れています。」という証言がある。

 日本基督教団統一原理問題連絡会主催の統一協会問題日韓教会フォーラムで、日本側は、韓国で統一協会の合同結婚式に参加した後、行方不明になった日本人女性6500人の捜索を韓国教会に要請した。

 韓国教会側は教団と団体が協力し、問題解決に積極的に対処していくことに合意した。

以上

 今や、統一教会は多くの日本国内の宗教団体を吸収して巨大化しており、日本の各地にコロニーを形成して、朝鮮人密入国を推進して疑似日本人を作り続けています!!

 朝鮮人が支配する市町村が、日本全国に激増しています!!

先日、

「会長さんは、色々な議員さんや有力者と関係がありますが朝鮮人なんですね!!」

「高山という名は、朝鮮ですよね!!」

というので・・・・

 「私は、純粋な日本人ですよ!!」

と、申し述べておきました・・・・!!

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

年間42万人もの「癌患者」が、死亡しています!!

 「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。ソ

 マチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日~60日で、4ステージが改善します!!

死の淵から、続々と生還しています!!

ソマチットの病気の原因を洗い流し、細胞をもとに戻す復元力は、「医師会」を震撼させていますので、「ソマチット」を取り扱う者は逐次~消されています・・・・!!

(注)偽物の「ソマチット」を販売している業者がいますので要注意してください!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 

着払いに成ります!!

4ステージ 余命2ケ月が60日で回復に向かっています!!

特殊な「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

関連記事

カテゴリー