高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

中国から、細菌が飛んできていますぞ!!

大災害6

中国から、細菌が飛んできていますぞ!!

外出時には、ウイルス対応の「マスク」は、必着です!!

 ところで、安倍晋三が「重粒子治療」を受けて病状が改善したと言います!!

 何でも、1,000人待ちの「重粒子治療」を慶応病院の手配で、多くの患者を飛び越えて治療し、病状か大幅に改善したと言います?

・・・・・・・

あれ? 港区の隠れ家で「マリファナ」やってると聞いていたが・・・・ありゃあ嘘かな・・・?・・・?

「総理大臣ともあろうものが、マリファナやるか!!」

と、子飼いのパパラッチに、言ったばかり・・・・・。

このパパラッチのいう事が振るってます!!

「迎賓館を買ってくださいよ!!」

「この部屋が、安倍ちゃんと、AKBの問題の部屋です!!」

と観光客が来ますというのですから・・・・・。

北京から日韓に細菌が飛んで来ている可能性が高い!!

サーチナ のロゴ
サーチナ

中国メディア・参考消息網は8月30日、「中国から来る微細流物に乗って、韓国に細菌が飛んで来ている可能性が高いことが研究で分かった」と韓国メディアが報じたことを伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・参考消息網は8月30日、「中国から来る微細流物に乗って、韓国に細菌が飛んで来ている可能性が高いことが研究で分かった」と韓国メディアが報じたことを伝えた。(イメージ写真…

 中国メディア・参考消息網は8月30日、「中国から来る微細流物に乗って、韓国に細菌が飛んで来ている可能性が高いことが研究で分かった」と韓国メディアが報じたことを伝えた。

 記事は、朝鮮日報の29日付報道を紹介。朝鮮日報は「ソウル大学の研究グループによる論文で、ソウルと北京の大気から見つかった細菌のうち、83%が同じ種類のものであることが明らかになった。

 また、ソウルと長崎の大気から見つかった最近の相似性も、73%に達していた」と伝えている。

 記事によれば、この研究は、ソウル大学と中国の北京大学、日本の長崎大学のそれぞれの建物の屋上で顆粒物を採取して細菌のDNAを取り出し、塩基序列を分析する方法で相似性の比較を行ったという。

 調査したこの3カ所における細菌の相似性は、冬から春にかけての時期が高く、夏には低くなる傾向があるとのことで、研究グループは「この相似性は、冬にシベリアから吹き込む北西の風によって引き起こされるものだ」と考察している。

 なお、「中国の細菌が直接風に乗って日韓両国にやって来るのかどうかについては、さらなる研究が必要だ」との認識を示しているようだ。

 今年4月、韓国政府が「韓国国内で吸入の恐れがある顆粒物は、国外からの影響が最大で86%」との分析を発表し、国内の大気汚染の原因は、事実上中国にあると指摘した。

 しかし、この指摘はほどなくして韓国の専門家から否定されている。一方また先日は、中国から済州島の海域に大量の藻が「侵入」しているとも韓国メディアが報じている。

 研究グループは「さらなる検証が必要」としているが、中国側はどうやら「また新たな言いがかり」をつけられたと受け取ったようである。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

 これは、以前から分かっていたことであり中国がウイグル地区砂漠で行なった「核実験」の放射能が、日韓に飛来して両国民は重大な被爆をしています!!

「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

年間42万人もの「癌患者」が、死亡しています!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日~60日で、4ステージが改善します!!

死の淵から、続々と生還しています!!

ソマチットの病気の原因を洗い流し、細胞をもとに戻す復元力は、「医師会」を震撼させていますので、「ソマチット」を取り扱う者は逐次~消されています・・・・!!

(注)偽物の「ソマチット」を販売している業者がいますので要注意してください!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 

着払いに成ります!!

4ステージ 余命2ケ月が60日で回復に向かっています!!

特殊な「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

関連記事

カテゴリー