高山右近大夫長房の情報配信BLOG

menu

高山右近大夫長房 OFFICIAL BLOG

北朝鮮ミサイルが、発射されるたびに防衛省が焼け太り!!

北朝鮮6

北朝鮮ミサイルが、発射されるたびに防衛省が焼け太り!!

アメリカの掛声ばかり聞いて、踊る踊るは安倍晋三内閣!!

 日本製監視衛星も、大気圏に打ち上げており北朝鮮は一目瞭然のはずが・・・。

 北朝鮮ミサイルが日本上空通過で地政学リスク高まる 8月29日のドル円為替!!

 北朝鮮のミサイルが、発射されるたびに悦に入っているのは「ペンタゴン」と「防衛省」、そして「日米の軍需産業」だな!!

 8月最終週がスタートしている。

 先週はようやく落ち着いてきたトランプ政権だったが、トランプ大統領が政府機関を閉鎖してでも壁を建設すると発言して波紋を広げた。

 状況が大きく変わったのは北朝鮮が弾道ミサイルを発射したタイミングである。

 8月29日5:58(すべて日本時間)に北朝鮮は日本に向けてミサイルは発射した。

 国内ではJアラートが一斉に鳴り始めた。

 6:07ごろには日本上空を通過。

 6:12ごろに襟裳岬の東1180km地点の太平洋上に落下した。

 北海道を横断した。

 日本は直接的な行動や対応を起こせないものの、アメリカの同盟国ということもあり、騒がずにはいられない。

 リスク回避のためにドルが売られ、円が買われることになったのだ。

 

 北朝鮮の事前通告がないと役に立たないミサイル防衛!

 イージス艦出港・PAC3沖縄配備は防衛予算を確保するため?

4ba1f0610e7a04d8c7cc5136223057c5_content

 8月3日午前7時53分頃、北朝鮮は同国南西部の黄海南道の殷栗(ウンリュル)付近から弾道ミサイル2発を発射した。

 1発目は発射直後爆発したが、2発目は北朝鮮上空を横断して日本海に向かい、約1000km飛行して秋田県男鹿半島の沖約250kmの日本の排他的経済水域内に落下した。

 日本政府がこのミサイルの発射を知ったのはそれが落下した後か直前と見られ、ミサイル防衛に当たるはずのイージス艦や、陸上の要地防衛用の「PAC3」ミサイル部隊に「破壊措置命令」は出されなかった。

 

 全国の市町村の防災無線、有線放送などを通じて警報を出すはずの「Jアラート」も役に立たなかった。

 ミサイル防衛には今年度予算を含め1兆5800億円が注ぎ込まれたほか、「Jアラート」にも消防庁が市町村に交付金を出し普及率は100%になっていた。

 防衛省は「北朝鮮から事前の通告がなかった」「移動式発射機から発射されたため兆候がつかめなかった」と釈明する。

 人工衛星の打ち上げと違い、実戦用の弾道ミサイルは当然予告なしに発射されるし、先制攻撃で破壊されないよう自走式発射機に載せるのが一般的だ。

 日本のミサイル防衛は形だけであることを証明する結果となった。

 防衛省は従来その通報を受けて「破壊措置命令」を出しイージス艦を出港させたり、ミサイル防衛用の「パトリオット・PAC3」を防衛省の庭や沖縄の宮古島、石垣島などに展開した。

 現実には、ミサイル防衛に巨費を投じることが国民の安全を守る役に立つ、と宣伝し予算を確保するための行動でしかなかった。

 
「癌患者」の方に限り、「ソマチット100g」の無料配布をいたします!!

「ソマチッド」は、「有機コロイド・ミネラル」という生体の免疫力を増幅する優れものなのです。ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備えて「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。

「血液の浄化」と「細胞の浄化」つまりイオンによる界面活性効果なのです。

「汚れを溶かす力」と「汚れを洗い流す力」が、何よりも優れているのです。 

40日~60日で、4ステージが改善します!!

死の淵から、続々と生還しています!!

ソマチットの病気の原因を洗い流し、細胞をもとに戻す復元力は、「医師会」を震撼させていますので、「ソマチット」を取り扱う者は逐次~消されています・・・・!!

(注)偽物の「ソマチット」を販売している業者がいますので要注意してください!!

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 

着払いに成ります!!

4ステージ 余命2ケ月が60日で回復に向かっています!!

特殊な「波動」が、癌細胞を死滅させます!!

関連記事

カテゴリー

presented